悪魔さんにお願い

akumasan ni onegai

悪魔さんにお願い
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
4件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥460(税抜)  ¥497(税込)
ISBN
9784044365011

あらすじ

「俺、もうお前とは、なんの関係もないんだろ」
高校入学式の日以来、超美貌の竹井遥の優しさにずっと甘えてきた野沢雅之。
が、ある日、遥に突然唇を奪われ「お前なんか大嫌いだ」と口走ってしまった。
しかし日毎に遥への想いは募るばかり。
そこへ突然、きれーな顔をした悪魔さんが現われて…。
「悪魔さん、僕のお願いをかなえて!」―。

待望のルビー文庫初登場、斑鳩サハラのさわやかラブ・ストーリー。

表題作悪魔さんにお願い

竹井遥(高校生・受のみに優しく美形・カリスマ)
野沢雅之(高校生・可愛い系・よく食べる)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

BL初心者にオススメ

初めて買ったBLです。
局部を見られるシーンでうわっエロい!と吃驚しながら読みました。
今、ちるちるのH度分類見たら「標準的」でしたが……。
私はこの手の地味で健気なちょっとだけ可愛い受けが好きだったはずなのに、何時からケツ毛が生えたマッチョなおっさん受けにもハアハアするようになったんでしょう……?
思えば遠くに来たものです。

復刊ドットコムで続編希望の投票が行われています。
気になった方は是非見てみて下さい。

0

すべては、あの交通事故の日から…。

エロ度:★☆☆☆☆
好み度:★★★★★(MAX)


『絶交されて清々してる。これ以上まとわりつかれるのは迷惑だ。』


入学式後のクラスの初顔合わせで、偶々前後の席だった事をきっかけに仲良くなった二人。
だが、遥は背も高く、顔も綺麗で、おまけに優しい性格で、人気もある。
故に、二人が一緒にいる姿を見ると「野沢は竹井君のお荷物」と言われる事も…。

そんなある日。
部活が終わり、二人で一緒に帰っていると、そこに居眠り運転のトラックがつっこんできた。
雅之の体がストッパーになったおかげで、幸い軽いかすり傷ですんだ遥だが、
雅之の方は、生きている事が不思議なくらいな大怪我で、足には後遺症と、酷い傷跡が残った。
遥は、事故の後、毎日雅之の見舞いに来て、退院後も優しくしてくれた。

2年に進級してからも仲が良かった二人。
だが、とある事をきっかけに、雅之にキスをした遥。
突然の事で驚いた雅之は、思わず
「おまえなんか友達じゃない!おまえなんか大嫌いだ!」
っと叫んでしまう。
以後、遥は態度を急変し、雅之に対して冷たくなってしまう遥。

遥に距離を続きおかれ、自分がいかに遥に依存していたかを自覚する雅之。
でも、気づいてからでは遅くて…。


友達に薦められ、私が初めて読んだBL小説。
悪魔さんにお願いシリーズ第一弾。
「今まで読んだBLの中で、一番好きな攻は?」っと聞かれたら、間違いなく「竹井遥くんです!」っと答えちゃうくらい、遥くんが大好きです。

最初の方は、雅之を本当に猫可愛がりする「優しい遥」
でも、雅之に嫌い宣言をされた後からは、途端に冷たくなってしまうんですが、
冷たい間も、雅之の事を心配したりしてくれる姿には、思わずキュンとしちゃいます…(惚)

途中、雅之が、輪姦されそうになるのですが、
その時の遥と雅之のやり取りも、かなり萌です!
普通、受が「助けて~」っと叫んだ後、攻がジャストタイミングで王子様のように颯爽と現れるのが定石だと思うのですが、この小説は違います!
その後の、雅之の葛藤も、遥の心情も、本当に素敵☆

二人の恋愛模様を描く小説なのでH度は高くありませんが、その分中身重視☆
受は普通に可愛く、攻はカッコいい(綺麗)系なので、
BL初心者でも読めると思いますし、おススメの一冊です。

1

ねこたま

レビュー変更可能となりましたので、変更しました★
評価変更できてよかった~★

ねこたま

評価を「神」にしようと思ったのに、間違えて「萌」にしちゃいました…(汗)
編集ってできないんでしょうか?(涙)

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ