陽だまりに吹く風

hidamari ni fuku kaze

陽だまりに吹く風
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
7
評価数
4件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784861342806

あらすじ

中ノ澤高校一年の千堂一真は、身体は小さいのにその妙な存在感のせいで、中学校時代は超硬派なヤンキーだったらしい、と密かに噂されている。だがそんな一真に、入学するなり大型犬のように懐いたのが『校内一のタラシ』神奈木辰巳だった。いくら邪険にしてもメゲない神奈木に、いつの間にか『何もかもがド派手すぎる傍迷惑なペット』な感覚になってしまった一真だったが――。
出版社より

表題作陽だまりに吹く風

神奈木辰巳 高1
千堂一真 高1

評価・レビューする

レビュー投稿数3

程々に良いと思うんだけど・・・。

吉原さん独特のしつこい書き方に慣れているせいか、私はそこまで読みにくいとは感じませんでした。
吉原さんらしいな~と感じる程度。
じっくりした作風は私は嫌いではないです。

吉原さんを初めて読む&重たい系は苦手な方には良いのではないでしょうか?
同じような学園物で『子供の領分シリーズ』『くされ縁の法則シリーズ』がありますが、こちらは長くなりすぎていますので手が出しにくそうです。
他の学園物はかなり古くなりますのでオススメしにくいです^^;

受けの子が超絶美形ではなく見た目が可愛くない三白眼少年だったのは、ちょっと面白いなと感じました。
(最近、見た目が可愛くないけど性格良し!の受けがマイブームなのでw)
進展の具合は吉原さんの学園物にしては速いような気がします。
この巻ではHはありませんでしたが次巻では・・・でしたので。
もしかして早めに完結しちゃう算段なのかな?
あるいはお得意のじらしプレイを止められるつもりなのかしら?(笑)

それにしても、これはこれで良いのですが他のシリーズをもうちょっと進展させて欲しいです~><

3

飼い主と犬。

 表紙の一真に惹かれて購入。しかしちょっと読みにくかったです。
 最初の部分で、受験期の心情が書かれているところがあったのですが、どこがだれのことを書いているのかがよくわからなかった。名前を書いてほしいよ~。
 辰巳は、タラシというよりもー、なんだろ、周りがほっておかないタイプ。一真にだけはデレ。
 流れとして、一真が辰巳に懐かれて狼狽している姿が多く、恋に進展するのはまだかなって感じです。続編もあるので、それに期待、でしょうか。
すでに続編も購入したので、これから読みたいと思います。

0

・・・うーん

なんか読んだことあるなーと思いました。
アンソロジー「真冬のメモリーズ」に掲載された「DOUBLE TONE」という作品でした。

吉原さんの新装版って続編を加えてよりも、ただ単に話を長く引き伸ばして発売されることの方が多いですよね。
これは一応話が前へ進んでるのかな?
でもごめんなさい、最後まで読めませんでした。

吉原さんは年々文章がくどくなって、読みにくくなってきてるように思います。
BL要素が薄かったり、物語が遅々として進まなかったり。

吉原さんの魅力が発揮されるのは「鬼畜系」だと思うんですよ。
明るい学園ものより鬼畜をきわめてくれと言いたい。


ところで、私的にはむっちゃ古いけど「闇の迷路」という作品が好きだったので、こっちの書き直しを希望。
これと「ナルシスト」以外はちゃんと文庫化されましたよね?
何で?
これ人気がなかったの??

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ