恋愛に似た季節

恋愛に似た季節
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥838(税抜)  
ISBN
9784883023127

あらすじ

二十代の若さで写真雑誌の編集長を務める雛乃紫のもとに、長い間交流のなかった従兄弟・北条朝日が突然転がり込んでくる。
子供の頃女の子と間違われて一度、そしてその後高校時代にあらためてもう一度プロポーズされて、『一芸に秀で、家の一軒でも持てる甲斐性がなければ“結婚”などできない』と答えて気まずい別れをして以来、久しぶりに会う朝日に紫は戸惑うが、当の朝日はそんなことなどすっかり忘れたような様子で…。

表題作恋愛に似た季節

受様にプロボーズした従兄弟で写真家・北条朝日
不規則な生活をしている写真雑誌の編集長・雛乃紫

評価・レビューする

レビュー投稿数1

言葉の裏を察して欲しい

1冊丸ごと表題作です。
紫(受け)の目線でストーリーは進んで行きます。

紫と朝日は従兄弟。年下の和雅を入れて、3兄弟のように仲は良い。
紫は朝日に、子供の頃と高校生のときで、二度プロポーズされたことがある。断って気まずい別れをしてから会っていなかった二人であったが、紫がフォト雑誌の編集長として忙しくする中、突然朝日と同居をする羽目になり…という話です。

紫は、朝日の「嫁になれ」には「男だから嫁にはなれない」、「恋人になろう。一緒に人生を歩もう」には「仕事を持ち家を買えるくらいの人間でないとプロポーズを口にする資格はない」と断ります。
紫は嫌いと言っていないにも関わらず、朝日はそれから姿を消し、紫は嫌われたと誤解して逃げたのかとガッカリするのですが…実は、朝日は紫に認められるよう仕事をして家を買う手はずをしていたという展開です。
紫の言葉の裏、「嫁にはなれないけど好き」は分からなかったけれど、「資格を得てプロポーズして」は分かったという朝日でした。

紫は冷静かつ真っ当な男で、仕事を引き受けるから身体をよこせという誘惑を躊躇なく蹴散らす態度など、読んでいて好感が持続きてます。ただ、感情がゆさぶられるというまでには至らず、淡々とした印象を受けました。

紫も朝日も和雅もそれなりの社会人であり、強烈なインパクトのある人物でないので、地味なイメージになるかもしれません。ただ、朝日が写真家ということもあり、二人が出会った実家の桜など、美しい光景が目に浮かぶようでした。

従兄弟の和雅にも画家の彼氏がいるそうで、彼らのスピンオフを探してみましたが発見できませんでした。残念。

幼馴染の再会モノ、ぐうたらそうで実は有能な攻め、真面目な編集長受け、一途な恋、がお好きな方にお勧めです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ