氷麗宮の虜

氷麗宮の虜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784774722306

あらすじ

アラブ周遊の旅で友人と熱砂の国・ターリクを訪れた将真は、砂漠での昼食の帰り道で強盗に襲われてしまう。そこを助けてくれたのは、ナーイフという隻眼の男。手厚く面倒を見てくれ、気を許した将真だったが彼らの内輪の話を耳にしてしまい、衝撃を受ける。どうやらナーイフは盗賊団の首領であるらしい。逃げ出そうと暴れる将真は手足を縛られベッドに拘束されてしまうが!?
出版社より

表題作氷麗宮の虜

盗賊団首領ナーイフ
旅行客の芝原将真

評価・レビューする

レビュー投稿数1

アラブ物なのに、甘いシリーズ第二弾

隻眼の盗賊団の首領・ナーイフ×アラブに旅行中の芝原将真
包帯での拘束、失禁あり(描写軽め)、今回も気持ち有のHで、痛いのが苦手な方も安心です。

アラブ旅行中の将真が奴隷商にさらわれそうになった所を、盗賊団の首領・ナーイフに助けられて。
助けられはしたけれども、どこか怪しい集団で、逃げようとする将真はナーイフに拘束されて……という話。

包帯で拘束という美味しいシチュエーションですが、今回も鬼畜感はゼロでした。
お世話係に自分より懐いていると思った時のナーイフの嫉妬が可愛かったです。
大事な時にちゃんとナーイフはかけつけてくれて、今回は王道展開でした。
ちょっとスリル有で、アラブ物で甘い話です。

個人的な嗜好では、もうちょっと鬼畜成分が欲しかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ