リアル1/2

リアル1/2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
57
評価数
17件
平均
3.4 / 5
神率
17.6%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877752170

あらすじ

兄の手を借りてしか自分を慰めることが出来ない陸。
午睡の夢うつつの中、くり返される兄弟の淫蕩な遊戯に
自家中毒気味な兄・潮。
第三の男、谷口の出現でリアルとアンリアルの境界が曖昧な、
甘く閉ざされた世界に崩壊の足音が…。
出版社より

表題作リアル1/2

市川潮:弟を汚す反動で谷口に抱かれ、均衡を保つ兄。
市川陸:自分の手で自涜出来ない弟。夢の中では淫乱。

その他の収録作品

  • 降りておいで【表題作シリーズ】
  • 先輩のみやげ【表題作シリーズ】
  • 目かくし手【表題作シリーズ】
  • 泣きたいのは誰のせい【表題作シリーズ】
  • 本命は何処に【表題作シリーズ】
  • 前菜【表題作シリーズ番外編】
  • 藪の中

評価・レビューする

レビュー投稿数10

しゅみじゃなかった

「坂の上の魔法使い」シリーズがよかったので一気に燃え上がったコンプリート病。
明治さんの古い作品は読んでいなかったので、ネットで中古書を探してまとめ買い。
したのはいいんだけど、、、

うーん、、、
読み終わってからしばらく考えていたけど、
やっぱり、
「しゅみじゃない」
かな。

読んでも、理解できなかった。

最初の「降りておいで」はまあいいんだけど、谷口先輩がなぁ
谷口が登場してから後の展開が、私の趣味が理解を拒むのよ。
どのみち中学生はアウトだから、この作品はこのまま埋もれちゃうんんだろうなぁ。

1

この三人はどうなってしまうんだろう。

☆を一つ減らそうかどうしようか悩むところ。
夢遊病(?)の弟と記憶がない間に関係を持っている兄の話。
兄は弟が好きで、弟は兄が好きだけれど上手くいかない。
兄には、そのやり切れない想いの解消先として男のセフレがいる。
このセフレが別の同時収録の話から察するにとても駄目な人なので、更に兄が可哀想。
この三人はどうなってしまうんだろう。
ちゃんと決着はつくのだろうか。「キモチの行方」みたいな終わりだったら嫌だなあ。

話は都合良過ぎる夢遊病?二重人格だけれど好きな話なのですが、セフレがあまり好きになれない所為か何となくもやもや。
でも、冒頭の「そのまま降りておいで」のシーンがとても美しかったので、☆はこのままで。

ドキドキしつつ、二巻を読みます!

あ、兄が弟には攻め、セフレには受けなので攻めが受けだったりするのが地雷な方はご注意!

0

家庭不和と潔癖症と夢現と近親相姦

明治カナ子さんの初期作品は近親相姦物が多いです。
こちらの作品もそれらの特徴が盛り込まれた内容になっていました。

兄のシオ(攻め)が眠りに落ちた弟(受け)とHをするという話でした。
弟の陸は家庭不和から精神的な異常をきたし、潔癖症で、しかも眠ると二重人格になります。
普段は裸足で室内を歩けない、家族以外の人間に触られるのが駄目、いやらしい話などが苦手、などの潔癖症状があります。ところが眠りに入ると別人格が現れ、兄とのセックスを求める淫乱な性格に変わって、兄を誘います。

漫画らしい設定ではありますが、
兄のシオが、眠って二重人格になっている弟に施すHが、ある種のカタルシス―押さえつけられた欲望を解放させるような意味を持っている点が興味深かったです。
単なる近親相姦ではないな、と。

そして兄のシオは弟や家庭に対するフラストレーションを開放するために、谷口さん(攻め)とHしちゃってます。リバってわけではないですが、兄のシオもまた受け側になる設定だったりします。

弟の陸が潔癖症になったのは、母親が自分の不貞を棚に上げ、子供には厳しく、あるいは突き放すような態度続きで接しているゆえに、こうなったんだろうな、というのが読み取れました。
というわけで非常にダークで重い内容でありますが、興味を持たれましたらご一読されてみてくださいまし。

2

潔癖とエロと

潔癖で厳しい母親の影響で、己自身も潔癖性な陸。
陸は潔癖性だけれど読んでいる限りでは素直で歪みは無い様に見える、しかしその内面はやはり鬱屈した何かが澱んでいて特に性的に特化した歪みは睡眠中に兄の潮の元へと訪れて抱かれる事で、おそらくは発散されている、多分。
そんな己自身の歪みに気付かないある意味、邪気の無い陸とそんな陸をどう思ってなのか受け止め、たまに気紛れに突き放したりするけれど決してその手を離す事は無い兄。
潔癖とエロ、それはエロで無くても良いのかもしれないのだけれど陸が思春期の少年というのも含めてやはりエロに繋がるのかもしれないと思う。
潮の感情が読み手に託される所もこの作品の魅力。
ちなみに潮は陸相手には攻ですが、先輩に対しては受。
エロ度はS度が高め。
エロいんだけど、エロでもって表現するストーリー部分が大きいという決してエロだけではないそんな作品。
この兄弟の話はもう一冊「うつしみの手」へと続きます。

1

精神的な

ぺらぺら~とめくりまして、「おwエロ」と思って購入したんですが、なかなかにハードコアなお話でしたね。
精神的にι´Д`)ノ
ただ、個人的には可愛い部分もあり、面白かったと思います。
萌えのツボはところせましにあると思うww
潔癖症で兄に依存している弟。その弟にはもうひとつの顔がある。
本体が眠った後目を覚ますもうひとつの人格。もうひとつの人格は潔癖な弟の裏に隠れた汚されたいと思う精神。
兄は、その弟に・・・・・。
しかし、その兄もまたほかの男に・・・という堂々巡り名お話。
なんだかんだで兄弟まるく収まらないところが精神的にも収まらないところなんだろうな~という感想。
結局のところ、ここで終わってしまうとちょっとアレなので、続編を読んでから感想を書いたほうがいいのかもしれません。
☆萌えツボ☆
救われないので、個人的にヒットな場面をいくつか。
弟、結構精神的にこわれてきてるかな~なんて思うんですが、この支離滅裂というか、ちょっと壊れた感じがかわいいんです。兄ちゃん兄ちゃんとすりよってくる感じもいい。何気に、精神ちがうのに、兄に恋人(男)がいると思い込み、ヤキモチ続きを焼く姿がかわいい。
エロエロエッチな姿もツボです。小さい穴に・・ハァハァ・・・・
しかし、本当に正気に戻ったときに何も違和感が無いのかが不思議。
痔ネタが何気に好きです。
お兄ちゃん。まさかネコシーンもみせていただけるとは思ってなかった。
妙にエロくてトキメキ増しましでした(*゚▽゚)ゥママw
こんなにエロ描写或る作家さんだったんだな~と改めて感じた作品です

2

怖いです

潔癖症の陸は兄の手でしか精を放てない。
しかもそれは寝ている時で本人に自覚と意識はない。
兄の潮はそれを二重人格というが、夢遊病でもあるようだ。
暗く、深く、そして何より痛い!
そこに愛情は間違いなくあるのだろうが、潮の友人(?)谷口の存在もあり、狭間にある潮の立場が悲しい。
潮と陸の家族の事とか、兄弟の先行きはこの次の「うつしみの手」で明らかになり、それぞれの展開もされていくので、次の完結を読まないと、ただ痛いだけの本になってしまうと思う。
それにしても、潮の友人谷口、本当に悪い奴なんですよ。

明治さんのマンガ、本当にイタイです。
(何度痛いと書いたことか・・・)

1

エロと兄弟

 苦手な兄弟ものです。
 苦手なのに読めてしまうのは、弟が夢うつつの状態でエッチしているのと、ラブというよりは兄弟愛の要素を強く感じるからでしょうか。

 全編ほぼエロなのに、病的な母の教育により潔癖症の弟と、潔癖症気味の兄という設定に、少しの切なさ。ただのエロ作品と思って読む事なかれ……という感じです。
 いや……、かなりエロいですけどね。

 これ一冊だけ読んでもあんまり意味がないので(エロとしては楽しめますが)、続きの「うつしみの手」も読んだ方がいいです。

1

これはBLなのかしら?

巷にある「兄弟ものBL」は完全に「男」として受けや攻めを見ているけれど
この話の中には確実に「兄弟愛」としての要素も含まれていると思う。
谷口は完全な「破壊者」という無駄な愛情のない割り切ったキャラクターとして
存在しているので読んでいていっそ気持ちがよい。


陸や潮の感情が大きく動くのは「うつしみの手」なのでもし買うときは
2冊一緒に購入することをお勧めします!
むしろこの巻だけだと消化不良でくすぶりそうになります(笑)

1

エロ

兄と弟の、近親相姦なドエロストーリーでした。
近親相姦なのに、それに対する忌避感は感じなかった(いつもなら微妙に感じてる)。それは、作中人物に、そこに対する葛藤がないせいだろうと思った。
兄は弟を愛し、弟は兄を慕う。
でも弟は潔癖症で(母親のせいなのだ)、一度眠ったあと起き出して、「これは夢だ」と暗示をかけてからしか兄とセックスできない。
兄は弟を慈しんでいるが、「夢」のなかでしか抱けないことで餓えている。

細くて繊細な絵で描かれる、ショタな近親相姦──どう評価していいか悩むんですが、エロエロエンターテイメントの裏側に、家族の崩壊と再生とさらなる崩壊の物語を潜ませていて、上手いなァと思いました。
ぶっちゃけエロシーンよりも、そちらを優先させた物語が読みたかった。個人的にエロシーンはちょびっとのほうが萌えるもんで。

2

反動の淫猥

潔癖症の余りに夢遊状態になると淫猥になってしまう弟と
その欲を鎮める兄。
そして、兄弟の欲を鎮めるという名目で二人の体を貪る男。
下手に描いたならそれこそ陰惨さしか漂わない物語ですが、
兄弟それぞれの葛藤を描き足した事によって、物語に別の
色合いが加わり深みが増しています。

エロくて可愛くて、そして清潔で少し痛いです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ