高永ひなこが贈る、大人気シリーズ第2巻がついに登場!

きみが恋に溺れる 2

きみが恋に溺れる 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×26
  • 萌19
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
20
得点
141
評価数
38件
平均
3.7 / 5
神率
31.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048543255

あらすじ

呉服屋・藤ノ屋に勤める陣内和史の上司は、社長令息であり店長の主藤礼一郎。最初は礼一郎に反発していた陣内だが、色々とあって今は恋人同士だ。そんなある日、礼一郎に対し陣内の先輩である鬼島がちょっかいを出してくる。
鬼島に全く警戒をしようとしない礼一郎に苛立ちを覚える陣内。
その上、礼一郎に見合いの話があることを知り・・・?
不器用な大人たちに訪れる恋の危機の行方は?
描き下ろし漫画も収録!
出版社より

表題作きみが恋に溺れる 2

呉服店店員 陣内和史(ふつうのおじさん)
社長令息の店長 主藤礼一郎(天然ぼっちゃん)

その他の収録作品

  • きみが恋に溺れる-epilogue-

評価・レビューする

レビュー投稿数20

礼一郎にうっとり・・・

ドラマCDがとても気に入ったのがきっかけで、原作を読んだ作品です。

ドラマCDを聴いていた時点でも礼一郎が気に入っていたのですが、漫画を読んでますます大好きになりました。
育ちの良い上品なド天然、真面目、ストイックキャラ、最高です!!!
1巻で無理矢理心身ともにこじあけられてしまった礼一郎・・・(その様もとても素敵で好みのシチュエーションで萌えました!!!)
尋常じゃないぐらいの色気が加わりまして、礼一郎さんをうっとり眺めてしまいます。

0

礼一郎も頑張ってます

『きみ恋シリーズ』の第2弾です。『きみが恋に堕ちる』で、春の片思いの相手で司の兄だった礼一郎が主人公の、ちょっと不器用なラブストーリーの2巻になります。

前巻で恋人同士になった陣内と礼一郎。
相変わらず、礼一郎に近づく全ての人に目を光らせる陣内がおかしいです。
そして、最大のライバルが登場するのです。それは、本店勤務で陣内の教育係だった鬼島です。何かというと礼一郎にチョッカイをかける鬼島に、気が気じゃない陣内。嫉妬ゆえに礼一郎に冷たく当たってしまうこともしばしばです。

そんな中、鬼島が好きなのは陣内だと、驚愕の事実を知るのです。想定外の事実に慌てふためく陣内が笑えます。
そして、意外にも、陣内を奪われまいと行動する礼一郎に萌えます。少しずつ陣内に溺れてきてる礼一郎がたまりません。

1

恋人らしくなってきた2人

前巻で想いを伝えあった2人。今回は2人が恋人らしくなったなぁ~と感じる作品でした。
1巻ではまだ礼一郎が何を考えているのが分かりにくいこともあって、礼一郎は陣内を好きだと自覚しているのか不安な所があったんですが(それだけ天然ちゃんなんですw)、今回はしっかり恋愛しています。^^
陣内の好きっぷりがハンパないですねぇ~。礼一郎が天然ちゃんということだけあって、彼を心配しすぎて「大丈夫かぁ~?」とこちらが心配になるほどです(笑)。
でも人の心の機微に関してはほんとに鈍感な礼一郎を分かっているからこそなんですよね。礼一郎には陣内くらい心配してくれる恋人で丁度いいと思います(笑)。
今回は新キャラも登場して、お話を盛り上げてくれてます。この鬼島がまたクセモノなんですが、なかなか魅力的で憎めない。
今後の展開も楽しみです。

1

同じ感想

1巻ではまらなかったため
続きを読むことをためらいましたが2巻同時に購入してしまったので読みました

二人はますます好きな気持ちが大きくなり、まさに溺れているのでしょうけれど

やはり、1巻で感じた気持ちがかわることなく、職場に気持ちを持ち込む所も嫌ですし

親友と連絡がとれないと
悩む姿もどうなのかと

いちいちイライラしました
人気シリーズだとは認識しています

全く私にははまるところがなかった

鬼島さんのキャラは好きです


うーん残念

0

無自覚に成長する

溺れてしまう第2巻。
誰が溺れるって、確実に私でしょう(笑)

めでたくお付き合いする事になった陣内と礼一郎。
でも陣内は言葉も態度もストレートだから、自分から求めてくれない礼一郎に不満を覚えます。
自分から求めて拒否される事はないけれど、受け入れてはくれるけど、欲がどんどん増えちゃうんですね。
好きだから仕方ない、至極普通の事だと思います。
そしてお店の展示会の為、本社から駆り出されてきた鬼島は陣内の先輩。
鬼島は礼一郎にどんどん近付いて、礼一郎に気があると見せかけ実は陣内が本命で――と。

いやー、やっぱり高永さんの画はとても綺麗で魅力的ですね。
それに見せ方がとても惹きつけるというか、「おぉ!」と思う事もしばしば。
物珍しい設定や展開ではナイにしても、それを感じさせないのは高永さんの魅力なのでしょうか。
まんまと術中に嵌る自分が居ます。

前回に比べ、礼一郎がしっかりと陣内への思いを自覚していきますね。
口数はそんなに多くないにしても、実はちょっとした所で本音を伝えたり、陣内が驚くような行動を見せたりもします。
陣内にとって、それは礼一郎の本心と続きギャップを見ているんじゃないかな、と。
好きだから付き合ってる、というのは頭で理解していても、しっかりそれを表現してくれない礼一郎に不満があった訳だから、それを感じられる瞬間って、実は陣内相当乙女になってるんじゃないかと思う(笑)

最後の方での、礼一郎と鬼島のやり取りが妙に好きです。
「諦めて下さい」「嫌です」
「…困ります」「困って下さい♡」
そしてソレにギュンとなる陣内(笑)
礼一郎が陣内に、鬼島と仕事でも2人きりになって欲しくない、なんて言いながらキスするシーンも最高に悶えたのですが、それと同じくらい好きですねー。
だって礼一郎が、陣内以外の人の前で強く気持ちを押し付けた貴重なシーンだと思ったので。
こうして、陣内の影響をフルに受け、礼一郎は成長していくのでしょうか。

高永さんだからこそきっととっても魅力的に動き回るキャラクター達は本当に素敵。
ラスト次巻。
綺麗な終わりを考えつつ、終わって欲しくない勿体ない、なんて、連載が当に終わった今でも思える作品なんて凄いです。

3

穢れ無き受けの自己主張?

飄々として表へ出るタイプではない社長令息の礼一郎。
その礼一郎を恋人にもつ陣内は、かわいそうですよね~。
現実にも、こういう男性っていますからねぇw
本当に相手を好きなのか!?と思わせるような人。

そんな飄々とした礼一郎が、ライバル出現で
ついに陣内への意志表示?自己主張?をしだす!
それを見た陣内はホクホクでしたね。
解ります。解ります。
だってやっぱり人って少しくらいは嫉妬して欲しいものですからね~。
しかも普段言わない礼一郎のようなタイプなら尚更w

陣内が“アツイ”タイプだから、礼一郎とのギャップがまた
面白さになってる作品です。

もっともっともっと鬼島にひっかきまわして欲しかったな~。
そこがちょっと残念で、物足りなかった・・・かな(笑)
  

1

陣内がなんか好き

やっぱりこの主役二人のキャラが大好き、面白かったです。一巻のほうが面白かったかなァとも思いましたが。
当て馬が登場して焼きもちやいてお互いにアタフタして、でも最後はお互いの気持ちを確認しあって更にラブラブに…みたいなお話。
正直、筋だてとしては私の好みではないんですが(出来上がったカップルの続編で、分かりやすい当て馬が登場してゴチャゴチャして大円団というお話ってあんまり好きじゃないもんで)、ほどよく配合されたユーモアが私好みでツボでした。ニヤニヤしたりキューンと切なくなったりしながら読みました。

高永ひなこさんは絵が丁寧でキレイですよね。
細かい部分まできちんとスクリーントーンを貼ってるの、すごいなぁ綺麗だなぁと思ってシゲシゲと眺めてしまう。

しかし陣内可愛いなー。
こういう普通さって、実に魅力的で貴重だなと思います。もっともっと天然礼一郎に振り回されて欲しいw

2

当て馬

当て馬のキャラが出てきて、一冊目よりも面白くなったような気がしました。
受けが、ちょっとボケボケなので、いつまでもボケてるわけにはいかない状況は面白いです。続きも楽しみです。

1

ラブラブじゃないか!

はあー進展しましたねえ。この2人。
一巻では強引な陣内に押し切られたような…流された感が強かった礼一郎。そんな彼がどんどん陣内にのめり込んでいってるのが解る一冊でした(笑)まさにタイトル通りvv 

天然炸裂の礼一郎の可愛さは相変わらずですが、この巻ではそれだけじゃない 人間らしい一面も見せてくれます。これがまたカワイイんだ!
新たな男 鬼島 が登場し、また一波乱。礼一郎にちょっかいを出す鬼島に 気が気じゃない陣内に対し、礼一郎は相変わらずのおニブさん(笑)でも、実は 鬼島はうろたえる陣内の姿が見たくて…?!

普段は落ち着いた大人の良い男なのに、礼一郎のことになると目の色が変わっちゃう陣内。本人は必死なだけに…見てると可愛い。今回は相手が、敵わないと思ってる鬼島だから尚更なんだろうな。こりゃからかいたくもなるよねー!

真実を知った礼一郎の反応にも驚き。
「鬼島さんとキスしてたくせにっ!」と怒りをぶつける礼一郎が素直すぎる…!!

雨降って地固まり、更に絆が深まっちゃったような2人に対し、鬼島がちょっと気の毒だったなー。礼一郎の家の問題とか新たな火種が出てきそう続きな予感。鬼島にも救いはあるのか?この2人はラブラブでいて欲しいんだけど鬼島にもなんとか救いがあればいいなと…(涙)
でも終始ラブラブな2人にお腹いっぱいです。なんてバカップルなんだと(笑)痴話喧嘩って愛がある証拠ですよね?

描き卸しの 甘えた礼一郎に私もノックアウトされました(爆)礼一郎…ホント恐ろしい子…!
大人の男のふとした愛らしさ を引き出すのが上手い作家さん。良い男揃いだけど、皆それぞれ違った可愛さに悶えてしまう…。さすがです。次巻も待ち遠しい♪

2

礼一郎がかわいいとしか言いようがない。

とにかく礼一郎がかわいかったです。
何アレ。

超天然な礼一郎は自分の感情もよくわからない感じで。
ただなんか釈然としない感じがあって。
陣内に指摘されるまでわからないとかかわいすぎ。
礼一郎がそんなふうに自覚がないというか、ほかの人とズレた部分があったりで、恋愛もしたことないし、そりゃ陣内も愛されてるかと不安になるわけですが。
信じてもらうためにと陣内の要求に応えた礼一郎にまたクラリ。
なんか、ホント、もうこの巻に関しては「礼一郎、かわいい」しか出てこない気がします。
自覚ないけど、礼一郎って結構、陣内にベタ惚れだよなー。

今回、あて馬?で登場した鬼島とのやりとりもCDで聞いてみたいなぁ…。
どうしよう…CD、買う?

1

世界観が好き(^-^)

1巻よりエロ度は上がってます。でも生々しくはなく、とても綺麗に描かれています。表紙は本当に耽美…(´Д`)


礼一郎が確実に陣内に溺れていってます。少しずつ少しずつ変化していく礼一郎の心の動きが、丁寧に描かれているので素晴らしい。

普段は無表情な礼一郎ですが、陣内と二人きりの時や、ベッドの中ではとても色っぽい。特にキスシーンは「神」としてもいいくらいです。こんな綺麗に描かれてあるキスシーンはなかなか見ないです。

陣内の方は、本当に礼一郎のことが好きだというのが伝わってきます。ハマってますねぇ。でも彼はちゃんとした大人の男性だなと思います。
ちゃんと相手のことを好きだと伝えて、不安になればきちんと言葉で確かめて、身体も繋げて。大人の恋愛だなぁと思います。二人の関係を真剣に考えているのがわかります。
こうしてみると、陣内はスゴくいい男です。礼一郎が羨ましい…


2巻で登場した鬼島や、礼一郎のお見合いなど問題は多々ありますが、早く3巻が出ることを祈って(>_<)

世界観が素敵な作品でした。

1

また会えたことにびっくり

1巻でで出来上がっちゃった礼一郎と陣内。なので、まさか続きが読めるとは思ってませんでした。
がっ!!!
ジリジリ、ハラハラ、ドキドキ、きゅん。いや~ん、いろんな萌えを、超天然の礼一郎がくれました。超がつく天然だからこその展開が待っていて、なかなか自分の感情を表に出せなかったけれど、最後には可愛いわがまままで言っちゃって。
礼一郎にとって初めての恋愛なんでしょうけど、その恋愛を通して恋愛面だけでなく、人間としても成長していってるんじゃないでしょうか。

今回は二人のお邪魔虫、陣内の職場の先輩・鬼島登場!
その上、社長令息のお決まりの『お見合い』が待っています。あの礼一郎にお見合い話が浮上し、それを伝えられない間に、回り回って陣内に伝わり……。

という展開が待っていますが、お互いがお互いに秘密にしていることを、ちゃんと自分の口から説明したことで、二人の絆も深くなり、また礼一郎からの嬉しい言葉や態度を見せてもらったことで、陣内も安心出来て余裕も生まれた感じ?
でも、基本バカップルです。が、そのまんまバカップルでいて欲しいです。

2

鬼島GJ!w

なんだかんだ言いつつもラブラブな2人を引っ掻き回す陣内の先輩・鬼島の登場です。

こういう飄々として余裕綽々で何考えてるかわからないヤツって
やたらかっこ良かったりしますが
鬼島も例外ではなくかなりかっこいいですw
だから、陣内が焦りまくるのも無理ないんでしょうが。。。

え?そうだったの??という展開にびっくりしたのは
陣内だけではなく読者も同じだったのでは?

結果、礼一郎からの天然全開だからこその赤面セリフも聞けたりして
結果的に鬼島の存在が、陣内と礼一郎の仲をさらに強固なものにしたことは
言うまでもありませんがw

礼一郎も、前作よりも随分成長してましたし
陣内はさらに礼一郎にメロメロになってるっぽいし
このままバカップル振りに磨きをかけてほしいものですw

そして、是非鬼島さん救済のお話も作ってあげて欲しい。。。w

2

独占欲

前半は攻~のやきもちや独占欲。
そして後半・・・な流れが面白かった。
礼一朗さんの目に表情がなさ過ぎるのがちょっと難かなとも思うんですが、後半の独占欲むんむん。子供みたいなわがまま~のネタにはやられましたヽ(゚∀゚)ノ ??!
困った顔がなんとも言えずキュートvv

そして思わぬ伏兵は、なんと言っても鬼島さんでしょ!!!
ありがちな恋のライバル出現。
礼一朗を狙っていると思いきや・・・な流れが素敵。
個人的に、鬼島さんみたいなタイプ好きなんですよね。
さぁ、今後がますます楽しみになってきたぞ♪
あれ?これ、まだまだ続く・・・・よね?

3

1巻はあまり好きじゃなかったけど

なんでか1巻は私好きじゃなかったんですよね。
礼一郎が好きになれなかったから。何考えてるかわかんなかったし。
「落ちる」のほうでもライバル役だったんで、かなり邪魔な存在だったし(笑)

今回はよかったですvvラブラブで、こんなラブラブな話だったっけ?!って思いました。
天然坊ちゃん、あんなに可愛いとは…!!
そして、陣内の礼一郎大好きっぷりがまたすごい。
10歳近く年上のくせに、なんだこのかわゆさは!!溺愛しすぎ!
礼一郎の和服はかなりの萌え~ですね。あれはその呉服屋のウリですね。
あれ目当てで客やって来ますわー

今回は陣内の先輩・鬼島が現れます。
そして鬼島が礼一郎に対して猛プッシュ!!
まぁラブラブな二人にとってはそれは逆に二人を燃え上がらすようなモンですよね~
ニヤニヤニヤニヤ
かーなーり良かったです!二人のラブっぷりが!
そして鬼島さん!そーきましたか!!と。これはこれでかなり萌えました。
まさか、そう考えてなかったので。

皆さんおっしゃられてますが、鬼島、かなりいいキャラです。
個人的には「暴君」の磯貝みたいな飄々としたイメージでし続きた。
めちゃくちゃかっこいいです!!
ふたりの起爆剤にもなるし、もしも彼とくっついちゃってもそれはそれでいいかーと思えちゃうくらい、好きです。

今回は礼一郎→陣内の気持ちが見られてそれがとってもよかった!!
ラブラブで甘々で最高でした♪

4

礼一郎の気持ちの変化がよかった。

まさか続くとは思ってなかった「溺れる」です。
前回より恋に溺れている礼一郎さんが可愛かったです。

今回は新キャラの鬼島さんも加わってちょっとした三角関係になりました。
陣内は礼一郎が感情を見せない分、本当に自分のことが好きなのか?という不安を抱えていました。
礼一郎は感情が表に出ない分、本当に人形みたいなので確かに分かる不安です。。。

そこにドSの鬼島さんが本店の方から仕事で登場。
どうやら鬼島は礼一郎を狙っているようで・・・。
陣内はずっと礼一郎が流されないかという不安を募らせます。
そんな陣内の気持ちを知らず、鬼島に気をつけろと言われる度、礼一郎は自分は陣内に信用されていないのだと思います。。。
違うんだよー(泣

一方礼一郎も何か隠している素振りがありましたが、ソレよりも先に実は鬼島が狙っていたのは礼一郎ではなく、陣・内!と発覚。
不意打ちキッスまで!まさかの出来事に陣内も声が出なかったみたいですね(汗
礼一郎はそれを影から見てしまって・・・
なのにその事を陣内が自分に話してくれないからと落ち込んでいる礼一郎はちょっと可哀想でした。
が、そん続きな礼一郎もお見合いの事を陣内に黙っていて・・・

お互いが隠し事をするという事で、二人の絆が深まった?
どうしても分かりにくい礼一郎の気持ちを陣内が知る事で、陣内に余裕が生まれていました。
最後はちゃんと収まるところに収まってよかったー!

「溺れる」はまだ続くようですね!きっと次にも鬼島さんは出てくるハズ!
と言うか、出てきて欲しいです。

2

天然ぼんやりぼっちゃんたちに敵現る!

「きみ恋」シリーズ、続いてたんですね~。
某アニメショップで見つけたとき嬉しくなっちゃって、すぐに購入しました!

前巻で恋人同士となった陣内と礼一郎に、今回は二人の仲をひっかきまわす陣内の先輩・鬼島が登場したり、礼一郎に見合い話が持ち込まれたりと、彼らの仲を揺るがす危機が絶えないです。
陣内は、礼一郎の立場的な外側的な問題や礼一郎自身の天然ぼんやりっぷりに悩んだり葛藤しています。
あと、鬼島に迫られて激しく動揺してたり!(個人的には、最初に迫られてる時の陣内の表情が何気に好きだったりw)
そんな陣内の内面的・外面的な動きがすごくよく描かれていて、のめりこんで読んでしまいました!
一方礼一郎は、相変わらず浮世離れしてる上にとんでもない天然ぼんやりっぷりを発揮してます。
でも、ものすごく素直な性格をしてるから、物事ははっきり言えるんですよね(言わなくていい時にも言ってますがw
そういうところが、今回もものすごくかわいいですv
それにしても、高永先生って感情を表にうまくだせない(だせていない)キャラを描くのが本当にじょうずですよね~。
めっちゃ萌えますvv
今回初登続き場の鬼島は、本当にいいキャラしすぎです!!
まだここでは終わらなさそうな感じなので、今後にちょっと期待してみたりw

今回もぐぐぐっと引き込まれるお話でした~!
まだ続くようなので、今後に大いに期待です♪

2

三角関係に発展!?

最初は弟カップルのお話(きみが恋に堕ちる)だったのに、お兄ちゃんカップルが下克上?続きが出ちゃって、さらに続くようです。
確かに私もお兄ちゃんカップルの方が大好きですが。

相変わらず天然の礼一郎に、もう少し積極的に求めてほしいと思っている陣内。
間違いなくラブラブな二人の間に本店の鬼島がやってきて・・・

あらすじを書いちゃうと面白さが半減しそうなので、何を書いたらいいでしょう?
陣内が一人でグルグルワタワタしてますよ、ってこととか、
礼一郎もけっこう男らしいですよ、ってこととか、
鬼島がやけにいい男ですよってこととかかなぁ。
それから、可愛い嫉妬でしょうか。

前作ほどの感動はありませんが、やっぱり礼一郎の着流しは色っぽいし、この先の展開も気になります。

2

きみ恋シリーズ★待ってましたぁ!!

このマンガを買うのに本屋さんを5件探し回りました..(汗)
高永ひなこファンの私は大満足の内容デス(m^ω^m)

きみ恋シリーズは、「君が恋に堕ちる」と「君が恋に溺れる」のエピソードがリンクしてるのでぜひ先に「~堕ちる」を読んで見てください☆

今回は陣内の先輩である鬼島さんがちょっかい出してくるんですが、この男に萌えきゅんデス!!
今までにないヘアスタイルだし、とにかくカッコイイ~★
いつか鬼島さんをメインにしてほしいなぁ...なんて思ってマス!!

礼一郎のエロシーンがすごくカワイイし、天然ぷりも相変わらず。
陣内の嫉妬のイライラ顔もウケます!!
最後の方の礼一朗と鬼島さんのやり取りはかなり萌えポイント高めですよ★

・・・しつこいですが、ホント鬼島さんステキ♪
いや~探し回ってよかったデス!!

2

天然ぼんやりお坊ちゃまのその後

高永ひなこさんの作品で一番好きな「きみが恋に溺れる」の続刊が出るとは!コミックス派の私は、6月の新刊コミックスチェックをしていて初めてそれを知り、嬉しい悲鳴をあげておりました。

前巻「きみが恋に溺れる」では、呉服店に勤める陣内とそこの新支店長としてやってきた社長令息礼一郎との出会いと結ばれる迄が描かれていました。超・天然で人間関係を上手く作れないニブニブお坊ちゃんの礼一郎が、その後陣内と上手くやっていけるのか、1巻を読まれた方は心配になったのではないでしょうか!?そんな2人の心配通りの(!)その後が描かれているのが、この2巻なのです~~

恋人同士となった2人の前に現れた新キャラ鬼島は、研修生の頃の陣内を教育した陣内より2つ上の先輩です。その容姿と業績で、女子がほっとかないというモテキャラ!前巻では大人風を吹かせていた陣内も、この先輩の前では可愛く見えてしまう~。そんな第三者が入って来たら、そりゃあカップルの間にも不穏な空気が流れようってもんです。
あいかわらず自分に向けられる好意に無頓着な礼一郎さんと、彼から「求められている」感が得られず余裕の無い陣内。そこに攻めを超える続き(?)攻めキャラ鬼島先輩が絡んで来て、陣内、礼一郎ともに、余裕が無くなっていきます。陣内は勿論、いつも半目で無表情な礼一郎さんも表情や態度がどんどん変わって来るのが見所です。

前巻は、相手がぽやんとした礼一郎だけに陣内とくっつくまでに紆余曲折があり、Hは少なめなお話だったのですが、今回は結構多いです(シリーズ比)。礼一郎さんの可愛い表情とか、可愛いワガママが堪能出来てモエモエしちゃいましたが、鬼島先輩との決着は着かないまま次巻に続くようです!
次は、陣内のカッコいいところが見たいなーと思いつつ、この2人の幸せな結末を待ちたいと思います♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ