玉の輿でいこう!

玉の輿でいこう!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784086012966

あらすじ

男性モデルにしては身長が足りず、女装することで人気が出始めた桜野ヒカリ。カリスマ編集長の新雑誌に売り込もうと、大手出版社のパーティーに出かけたが、そこで出会った男に弱みを握られて…!?あさぎり夕のBLシンデレラストーリー!

表題作玉の輿でいこう!

鹿島東吾・28歳・経理部
桜野ヒカリ・19歳・ギャル雑誌モデル

評価・レビューする

レビュー投稿数1

やっぱり合わないのかなー

帯『男だって、玉の輿にのりたい!?』

お好きな方には申し訳ないんですが元々あさぎりさん作品とは相性が良くないんですよね。
これは挿絵が街子さんだったのとほぼワンコインお値段って事で購入。
いっそこれ位馬鹿馬鹿しそうな方がおもろいかなーと思ったんですが、うーーん、やっぱ駄目でした。

ヒカリ[受]は男ですが顔が綺麗で身長も低いので、仕事として女装してモデルをやってます。
元恋人となんだかんだあって自分も玉の輿を目指す!って決心してパーティに参加。
しかしお目当ての相手では無く、手違いで結果的に別の男、鹿島[攻]と一夜を共にする事になっちゃいます。
鹿島は普段は至極真っ当な男なんですが、酔っぱらうとエロスイッチ入っちゃうんですね、この設定は結構おもしろかった。
割とサクサク読んでて、お、今回はイケるかな?って思ってたとこで、鹿島にモデルの仕事を紹介してもらいに行くのに重要な仕事だけに気合い入れて女装するのはいいんですが、仕上げにケモ耳を付けた所でぽかーんとなっちゃって、……あ、やっぱ駄目だーこの時点で理解不能、ついていけないってなっちゃいました。
何故こんな重要な時続きにケモ耳なのかーーホント、謎。
色物モデルじゃないんでしょ?普通にモデル採用目指してるんでしょ?なのに何故ケモ耳付けるのかー!!
まあおそらくこれが作者さんの萌えなんだろうなって位しか理由が見付からない。
いや、ケモ耳が出てくるのはいいんですがケースバイケースだろうと。
それかもっとサクラがとことん突き抜けた天然なアホっ子なんだったら分かるんだけど。

そういうのって一度気になっちゃうともうなし崩し萎えモードに入ってしまい以降もう戻りませんでした。
サクラが鹿島の姉に怒るのもなんか何でそんなに怒るの?って感じだし、友達への送金とかまあ色々首傾げる方向の展開が続いて、う~ん。
やっぱあさぎりさん作品とは相性悪い気がします。
根本的な好みの問題だと思うのでこの点数は他人から見たら辛めかも。
街子さんの挿絵は可愛かったんですけどね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ