やるときゃやるぜ!(新装版)

やるときゃやるぜ!(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥950(税抜)  ¥1,026(税込)
ISBN
9784862636683

あらすじ

★岩本薫フェア★
書き下ろしペーパー付き!
シリーズ第一弾「発情」カップルの「蜜情(2011年10/19発売)」後日談「仰げば尊し」を封入いたします☆
★★★★★

男にモテまくる超絶美貌な容姿の兄・秋良と、ガタイはいいのにヘタレな俺、弟の和真。俺の人生は、自由気ままでワガママな女王さま・秋良に振り回されっぱなし。でも、今、目の前で起きているこれはどうしても見すごせない――秋良が男とやっちゃうなんて!! 本当の兄弟じゃないけれど、だからこそ、秋良は誰にも渡したくない! 幻のデビューノベル、全面改稿&加筆でラブ度アップv新装版として登場! 二人のその後、書き下ろし付きv
出版社より

表題作やるときゃやるぜ!(新装版)

美大生・橘和真
理系大学院生・橘秋良

その他の収録作品

  • やるときゃやるぜ!2
  • やるときゃやるぜ!3
  • 切ないのはおまえだけじゃない

評価・レビューする

レビュー投稿数3

うーん。

 なんか、思ってたのと140度くらい違いました。近親相姦好きなので買ったのですが、なんか違った……。まあ……義理の兄弟……。実じゃないんかい……と。あれ? ちるちるのキーワードに『ガチ兄弟』ってありませんか? ご情報ですね。惑わされた~。
 義兄弟にはあまり萌えないんです。実兄弟じゃないと滾りません。その部分に落胆しながら読んだので、結果楽しめなかった。読んでる時の感情が始終「無」でした。ところどころ「没」もありましたけど。

【男にモテまくる超絶美貌な容姿の兄・秋良と、ガタイはいいのにヘタレな俺、弟の和真。俺の人生は、自由気ままでワガママな女王さま・秋良に振り回されっぱなし。】という紹介文に惹かれたのもあったので、ここまであらすじと違う作品もあるのか、と。
【秋良が男とやっちゃうなんて!!】←ここも「?」

 後半は早く終わらないかなと目を滑らせながら読む始末。

0

オラオラ女王様受けとヘタレわんこ攻め

岩本さんのファーストノベルスの新装なんですね、テンポがよくってスルスル一気に読めて、兄弟ものですが後感もよくてあっさりと読めたデス。

1話目が、兄と弟がくっつくまで
2話目が、貢がれ兄のしたたかな話
3話目が、兄の真実と弟の空回り

兄ちゃんがすごい曲者です!
超美系なのに、すごく怖いというか厳しい人で、しかも老若男女問わずとりこにする魔性(?)の兄ちゃんですよ。
その貢がれ振りといったら半端じゃないです。
しかも確信犯で、金持ちでくれるっていうんならっていうんで全く何の見返りもなしに手に入れるのですから、そこらの売れっ子ホストよりすごいかも。
一方弟といえば、兄ちゃんに頭が上がらず、ガタイもいいのに実はすごいヘタレで、いわゆるいい人?
その弟が、兄ちゃんが好きなばっかりに空回りして、振りまわされてオタオタして、無駄足をたくさん踏んで、兄ちゃんにたくさん殴られて、、
兄弟ものだけど、暗くならないのはこの二人全く血が繋がってないからかもしれないですね。
何と言っても女王様は甘いのは抱かれている間だけで終われば張り手をくらわす、身の変わりの早さですから・・・弟続きかわいそう・・・
その彼らの脇を固める人物達が、天使のような亮ちゃんに、金持ちボンボンの森脇、兄ちゃん命の貢ぎ中年教授、教授の娘で腐女子の梨花。
彼らが各話に絡んできて、この兄弟がくっついて、近づいていくんですよね。
3話目に出てくる、兄ちゃんの本当の父親っていうのも曲者くさいキャラになってて、また兄ちゃんへの貢ぐ君が増えるのかしら?みたいになってるし。
愉快なお話でした。

書き下ろしのお話では女王様の兄ちゃんが素直な面を見せて、初めてのアマアマです。
今度からはオレが守るからね、っていい弟じゃぁないですか。

0

兄弟ものと見せかけ

一浪して美大に入った和真は、3つ上の兄・秋良をここ1年ほど避け続けています。
受験前に両親から、本当は兄は養子だったんだと告げられたから。
小さな頃から、兄らしいこともしてもらえず、俺様な兄の尻ぬぐいに奔走していた和真。
なのに、どうしても気になってしまう秋良。

同じ大学の先輩が当て馬で登場しますが、その当て馬にもちゃんと彼氏が出来るし、このふたりが引っかき回してくれたお陰で、和真と秋良はハッピーエンドになるんですが。
1つめの話は、ふたりが恋人になるまで。
2つめの話は、貢がれ体質の秋良のエピソード。
3つめの話は、秋良の実の父親が出てきて、後を継いで欲しいとか言う話になっちゃんです。
そして最後は、秋良視点で、「あ~、こんな事を思っていたのね」というお話。

和真は和真で、自分の気持ちにめちゃくちゃ鈍感で、なんで秋良のことが気になって仕方がないのかってことに気が付かない。
先輩に秋良が襲われるかもしれないという段になって、好きなんだ!って遅いよ。

でも一旦好きだって自覚しちゃうと、年下ながら頑張って秋良を守ろうと奔走するし。
まぁ、役に立ってないよ続きと言えなくもない活躍しかしてないけど、秋良はそんな和真に癒されてるってところもあって。
自分だけ血の繋がりがなくて、しかも両親を裏切って和真を恋人にしたと引け目に思っていて。
俺様なのに~。笑

テンポが良くて、サクサクと読み終えることが出来ました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ