年下の流儀 1

toshishita no ryuugi

年下的作风

年下の流儀 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
67
評価数
18件
平均
3.7 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784199604270

あらすじ

大学進学を機に上京した、6歳年下の義弟の敦士と、同居することになったモデルの友介。
ところが、昔はブラコンで可愛かった敦士は、しばらく会わないうちに無愛想で尊大な男
になっていた!!
学生バスケの人気選手となった敦士は、身長も高くて超イケメン。それに目をつけられ、スポーツメーカーのCMに友介と一緒に出演することになってしまい!?
将来有望な男前の弟に、コンプレックスを刺激されまくりの友介だけど…。
大学生の弟×モデルの兄の、タイトロープLOVEライフ

表題作年下の流儀 1

弟・敦士 18歳 大学生バスケ選手
兄・友介 24歳 モデル

評価・レビューする

レビュー投稿数9

てんこ盛り通り越して

モデル、バスケット、眼鏡スタイリスト、タブリエエプロン…などなど大好きなものがたくさん出てくる漫画なので、最初から鼻息荒くなってました。
そして、血が繋がってない兄弟の禁断ものときたら、これはもうてんこ盛り通り越して、こぼれいくらが出てきた感じ。
とりあえず一巻では兄の気持ちがはっきりした所までなので、これを眼鏡スタイリストに打ち明けたことが吉と出るか凶と出るか。
三巻で完結するらしいので、息を整えて臨みたいと思います。

0

一つ屋根の下で・・・

円屋先生の作品は「恋愛プリズム」ではまりました。
絵の綺麗さと、キャラクターの面白さにとても魅かれたからです。

今作も絵が先ずとても綺麗で、そして全3巻ということもあり、なかなか読みごたえのある作品でしたし、登場人物たちのキャラ設定もとても面白かったです。
話数が少ないとどうしても駆け足になってしまいますが、今回は話数もしっかりあるので、お話自体じっくり楽しめました。

久しぶりに一つ屋根の下に住むことになった義兄弟。
義兄は特に何も意識していないのですが、義弟の方が義兄を好きで・・・
しかも今回は2人きりの生活になるので、義弟的にはドキドキ感やきわどさも倍増な訳です。
すぐそばに据え膳・・・があるのに我慢しなければならない・・・と苦悩し、耐える姿に私はとても萌えます。
まあ、そうは言っても、とても若い盛りの義弟君・・・
耐えられなくなって、義兄が寝ている間にこっそりキスしてお触りしたり、勢い余ってキスした上に、とっさにわけのわからない言い訳をしたり、その流れから練習と称してちょっとHな事をしたり・・・と、ちょいちょい暴走はします。

そうこうしている内に、続き義兄の方も義弟を意識しだしてしまい、悶々としだすわけです。
お互い確かめ合っていないだけで、実は十分両想いなのですが、まだあと2巻あるので、そう簡単にはいかない予感です。

個人的には義兄がバイトしているカフェのオーナーのキャラクターと色気がとても好みでした。


0

コンプレックスを刺激する弟

ガチ兄弟モノかと思ったら義理の兄弟なんですね。
兄弟モノは、ちゃんと「兄」をしている歳上となついている弟…という組み合わせも好きですが、こういう「しばらく離れていたら身長を越されていた」という生意気な弟が攻めなものも大好きです。
とうか、このお兄さんの威厳のなさときたら…。

別にヘタレているわけじゃないですが、見ていてひたすら可愛い!って感じです。弟にどんどん流されていって、見ていて「これでいいのか?」という気分になりました。弟の、一見こちらを疎んでいるようで内心で兄が大好きっていう所も可愛いです。

1巻目で既にお互い好意があるので、この先どうなっていくか楽しみです。
円屋さんの本は初めて読みましたが、イラストも綺麗で好みでした。

0

すれ違いがどこまで高じる?

円屋さんはその美しい絵に魅了されて読み始めた作家さんなんですが、今回も美しい絵です^^
主人公達はモデルとスポーツマンという、華やかな雰囲気で円屋さんの絵の感じとよく合っています。

義理の兄弟モノで、読者にはもうこの二人はお互い想っていることが分かる描写なんですが、当の本人たちは全く気づいてなくて・・・というか、敦士が変に誤魔化すから友介の誤解を生んで、それがどんどん絡まっていく感じです。
誤解を解くどころか、更に複雑に絡み合って、これはいつ解けるんだろう・・・ってところで1巻は終っています。
主人公以外にも、攻め、受け両方側に気になる存在のキャラが数名登場しています。
それぞれ魅力的で個性的な人々で、これからどうなっていくのか楽しみです。

1

義兄弟 年下攻めの予感♪

連れ子同士の再婚で義兄弟の
弟大学生 敦士 18歳  × 兄モデル 友介 24歳

友介は、自分にべったりと懐いていた敦士が可愛かったはずなのに
成長するにつれ背もバスケも何もかも越され兄としてのプライドがなくなっていく。
また周囲からも何かと敦士と比べられることがコンプレックスなって
大好きなバスケも止め大学を期に上京して敦士から逃げた。

敦士は、兄が自慢で友介がする事に何でも興味を持ち、友介が最初にやっていた
バスケも追い付きたくて友介に認めてもらいたくてのめり込み
雑誌等にも取り上げられるぐらい有名選手になる。


大学生になる敦士が上京することになり友介と同居することになる。
敦士は、友介の事“兄”としてじゃなく男(恋愛対象)として
意識していたので何かと友介に探りいれて試すような行動したり
友介に親しくしてくる人にわかりやすい嫉妬したり
寝込み襲っちゃってチューしたりしますが、
全くそんな敦士の気持ちに友介は気付かず(笑)

友介は、敦士に男が好きになったから試してみたい、
こんなこと友介にしか頼めないと言われ断れずっていうか
続きの人に試されるのは嫌だと思って
キスさせたり乳繰り合ったりしてしまう(〃∇〃 ) 
これって敦士のこと好きって事じゃないの?!

二人で居る時の雰囲気や他人には見せない表情をするから
はたから見たらあからさまに両想いの二人なのにお互いの気持ちには
気付かないまま・・・・・

おうぅ~~もう中々じれったい展開で進んでいきますが、
友介が敦士の事好きだと自覚したっやっとしたよ!!
しかし
その相談を持ちかけた伊東は友介を狙っているっぽい・・・

続きが気になるよ~次巻が待ち遠しいっ~~~♪

1

もう両思いでいいじゃん!

雑誌に載ってた時から気になってた作品です。敦士×友介。義理の兄弟で年下攻め。敦士はバスケの選手で世間から注目されてます。留学していたアメリカから帰ってきました。それで友介と4年間暮らすことに。

敦士はずっと友介のことを想っているんですが、友介には年下扱いばかりされてます。敦士はふてぶてしいですが、大人っぽく見せようとしてるところなんかはカワイイ。友介は敦士にちょっと劣等感を抱いてます。モデルとしてもバスケの選手としてもイマイチぱっとしない友介。

二人とも抜群のスタイルとルックスで、特に友介の裸はエロいです。敦士によると、痩せてるけどほどよく弾力があるそうです。友介が寝てる間にキスとか身体弄ったりする敦士はズルイやつです。さっさと襲え!

友介も友介の方で敦士のこと意識してます。っていうかもう両思いでしょ?この二人。なのになんで2巻まで延ばすの?めちゃめちゃ焦れったい。でもまぁまだ友介のことを想ってる男もいるみたいで、脇役の活躍に期待。三角関係って好き。敦士はまだ未成年だから、大人の男が友介に近づくとめっちゃ警戒します。そこが面白い。

雑誌の方で続いてるみたいですが続き、果たして2巻が出るのはいつなんだ…?もう忘れてるかも…。とにかく2巻では二人のラブラブHをお願いします。1巻はお触り程度でした~(´Д`)

1

兄弟王道もの

親の再婚で兄弟として育った二人のお話。
成長するにつれ、兄の方が弟にコンプレックスを抱くようになっていたのですが、弟の大学進学を機に同居することになり・・・

自分なりの自信を持ってやってきたモデルという仕事を、弟もやることになり複雑な心境になる兄・友介。

弟・敦士といえば、身体も態度も大きくて取り付く島が無い状態で、ちょっと打ち解けたように見えたときには、兄に男相手の恋の相談をしてしまうというもどかしさ。

読者から見れば、どう考えたって敦士は長年友介に恋しているんだとわかるのですが、それが友介には通じないまま友介の方が敦士に恋愛感情を抱くようになり・・・

おじゃま虫的存在のスタイリストの伊東さんがこのあとどう絡んでくるのでしょうか?
ハッピーエンドになるのでしょうが、次巻はどんな展開に?
また、オーナーは優しいおじさんとして、脇役で終わるのでしょうか?
それとも・・・

王道の中にひねりを期待したいところです。

2

脇キャラに萌えました・・

やっぱり・・・(1)って書いてあったから・・もしかして・・なんて思ってたんですが・・
完結しないんですね~・・・続くのは嬉しいけど・・円屋さんって年に1冊ペースでしょ~
ちょっと1年は辛いですね~・・最低でも、半年に1冊は出して欲しい・・・


今回は兄弟ラブですね~・・続きがあるという事で、まだ、物語はそんなに進んでない感じですね~
お互いが好き同士って傍からみてたら・・分かるのに・・本人達だけ・・気付いてない・・

モデルということで・・とっても綺麗ですね~何時もにも増して輝いてます!!受けが髪が長いのがちょっと・・
私的には・・ツボではないのですが・・美形ぞろい・・この兄弟ももちろん美形なんですが・・・
脇役の2人・・オーナーと伊東さんは私のツボですね~特にオーナーがいい!!
あの顎ひげ・・・敦士も顎ひげ生やして出てきますが・・まだまだ子供ですね~・・あの大人の色気にはまだまだ・・

最初は敦士のみ必要だと言ったカメラマンも最後には友介に魅了されてましたね~きっとこの先どんどんそういう人が、出て来そうですね~

敦士は友介が大好き続きで・・追いつこうと必死です。なんせ6歳も離れてますから・・そこがまた可愛いんです~
対して友介は・・最初は自分の気持ちに気づかず・・結構友介に劣等感?みたいな物を感じてる~・・
バスケにしても・・今回のモデルの仕事は特にそうです・・自分はオマケだから、敦士を引き立てる為に・・
それに徹しようとして・・裏目にでてます・・

敦士が自分の好きな人を語るとき・・とってもいい表情してましたね~・・もう愛があふれてる~って感じで・・
そんな敦士を見て・・・だんだん自分の気持ちに気づいていく友介なんですが・・
お兄ちゃんブレーキがかかりますね~・・しかも身代わりだと思ってるし・・

そこで、策士の伊東はどう動く?・・って感じで終わった・・

今回は毎度毎度の円屋さんの「素敵な心に響く言葉」がなかった気がして・・私的には物足りない・・
もしかして・・私にだけ?伝わらなかったのかしら?・・もい一回読んで確かめてみよう!!
ってのが私の残された課題ですね~・・
円屋さんの「心に響く言葉」が大好きで・・この方の本を読むときはそりゃもう、真剣に読むんですよ~
前回の「太陽の貴公子」は泣いてしまいましたから・・・・

2巻も出ると事ですし・・次期待します!!

2

ジレジレ感がたまりませんなぁ~

待ってたよ、第1巻!!

攻・敦士 18歳 大学生バスケ選手
受・友介 24歳 モデル

義理の兄弟です。
年下攻ですっ!

両親の再婚で兄弟になった2人。
バスケをする兄を見て自分もはじめた弟・敦士は、今や学生バスケ会の人気者。
弟が自分を追い越してどんどんと実力をつけてゆくのを見ていて、バスケをやめてしまった兄・友介はモデルをしています。

大学進学を機に同居することになった弟が上京してきて久しぶりの対面をしたら、予想以上に成長していてびっくり。
自分の後を追いかけてきていた子犬が、いつの間にか大型犬になって現れました。

その大型犬は、昔も今もお兄ちゃん大好きなブラコン。
が、実は弟はずっと兄のことを好きだったのですよ。

という、義理の兄弟モノで年下攻めのテンプレみたいな設定ですが、定番はやはり面白い。
傍目には両思いなのに、当人達の感情だけがすれ違ってて、ジレジレなところがたまりませんっ!

キスとおさわり(しかも上半身だけ)しかしてないのに、妙にエロいですよ、この兄弟。

2巻が楽しみですが…どれくらい待つんでしょうねぇ?
続き者の私も随分待たされてジレジレしそうです(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ