僕らのムーンライト夜曲―新・聖ミラン学園物語 2

僕らのムーンライト夜曲―新・聖ミラン学園物語 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥429(税抜)  ¥463(税込)
ISBN
9784094206197

あらすじ

四月末の新潟。季節はずれの雪の降る日。ジュリアンはピアノコンクール出場の為、その地を訪れた。しかし優勝間違いなしといわれた彼は演奏に失敗。それは、五ヶ月前の悪夢のような出来事が原因していたのだ。

表題作僕らのムーンライト夜曲―新・聖ミラン学園物語 2

ヘタレ御曹司・東大寺優
天然天才ピアニスト・早瀬ジュリアン歩

その他の収録作品

  • 少年夏日記

評価・レビューする

レビュー投稿数1

健気すぎてきゅんきゅん!

今回は、前作の第7巻「僕らのコンチェルト誕生」の続編にあたります。

望まない政略結婚を拒否し、東大寺家の家長である祖父に婚約破棄を申し出た優。
優の相手がジュリアンだと突きとめた祖父が、ジュリアンに頭を下げて
優の将来のため、別れてくれ、といってきました。
ピアニストとしての将来と引き換えに、優の思いを断ち切るしかなかったジュリアンは
一夜のうちに、祖父の手によって連れ去られ、学園からは退学、
寮からも退去させられて行方不明になってしまいます。
その後、いろいろ事件はあったのですが、
めでたくジュリアンは元の学園に帰ってこれました。
ここまでが、前作です。

ところが、今回、無事だと思っていたジュリアンは、
過酷な軋轢の中で精神が悲鳴を上げていました。
やっと戻ってこれても、ジュリアンは、もうピアノが弾けなくなっていました。
白い色を見ると、まったく指が動かなくなっていたのです。

コンクールの舞台でも、どこでも、
夢の中のように、いつもぼんやりとしているジュリアン。

ピアノのレッスンの打ち切られ、アルバイトで無理をして演奏をした帰り道続き
ついに精神の糸が切れて、階段を頭から身を躍らせてしまいます。
そして、それを知った優は…!

またもや2人に襲い掛かる過酷な運命。
どうやってジュリアンはこのトラウマを克服できるのか…。

ジュリアンの同室の下級生、天河朱雀とのやり取りが
重いストーリーの楽しいスパイスになっています。
男の子のジュリアンを堪能できる1冊です。

巻末に、同じ著者による別作品「少年」シリーズの主人公とのコラボ作品が収録されています。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ