地獄めぐり 下

jigokumeguri

地獄めぐり 下
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
96
評価数
23件
平均
4.2 / 5
神率
47.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344818866

あらすじ

役所に勤務し、週三日地獄へ出向している緒野瀧群は、地獄に通ううちに閻魔王と惹かれ合い、いつしか体の関係をもつようになる。しかし、閻魔が緒野の想い人であった恩師に、地獄行きの判決を下したことで、その関係に亀裂が走り――!?

表題作地獄めぐり 下

閻魔(二代目閻魔)
緒野瀧群(地獄で働いて1年になる人間)

その他の収録作品

  • 地獄めぐり
  • 考えめぐり
  • 花色めぐり
  • 泰山府君王のプチ講座!
  • めぐりめぐる
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

巡り会い

【2代目閻魔様×公務員/初代閻魔様×明王】の2CP

大いにネタバレを含みます。
■地獄めぐり/考えめぐり■
閻魔(2代目・人間の時の名前は寿)✕緒野 瀧群(公務員・地獄担当)

役所に勤務し、週三日地獄へ出向している瀧群は、地獄に通ううちに閻魔王と惹かれ合い、いつしか体の関係を持つようになる。
しかし、閻魔が瀧群の想い人であった恩師に、地獄行きの判決を下したことで、その関係に亀裂が走り?!

やっばい、これすっごい切ない。
まさか二人がそんな縁だったなんて…。
正直ここまで繋がってると思ってなかったからびっくりしました。
でも…だからこそ、閻魔(寿)の閉ざされた心は瀧群にしか開けないんだって思わされました。

寿が人間の輪廻に戻る…赤ちゃんとして新たな人生を歩むとこから始まると思っていただけに「そこに戻るんだ」と感じました。
でもそれは不満から思ったんじゃなく、心にすとんと落ちてくる感じ。
記憶はなくても瀧群のいる現世で巡り合ったことに明るい未来を期待(*´▽`*)

ってか、まめちゃん可愛い((o(。・ω・。)o))

■花色めぐり■
鸞(続き初代閻魔)×烏枢沙摩明王

天道と地獄道で分たれた鸞と烏枢。
数百年後、人手不足の地獄に交代制で手伝いをすることになった烏枢。
そこには昔と変わらない鸞がいたが、自分の知らない一面に寂しさも覚える。
担当交代前に思い出を作りたいと願ったが…その代償は想定よりも重くて…。

数年後に寿と瀧群が巡り会えたのは、やっぱ烏枢さまが小細工してくれてたからなのか…感謝です。

寿が地獄に来たばかりの頃や、牛頭馬頭の2人の誕生とかも描かれています。
表題作で人間として奉公していた頃よりも寿が幼く感じられるのが切ない…母親があんなんだったばかりに幼くして家計支えてたから…(´・ω・`)

■めぐりめぐる■
脇坂 治鶴(寿の生まれ変わり 23歳)×緒野 瀧群(公務員・地獄担当 28歳)

表題作の書き下ろし。
再会後の話。

寿を思い出す青年に戸惑う瀧群、自分ごしに誰かを見ているって気付きながらも瀧群に近付く治鶴。(ってか思いっきり寿って何回も呼ばれてるし)

鶴の小道具やばい!
表題作ですれ違い発生時に瀧群が寿の元に置いてきた鶴。
千羽折ったんだと思ってたんですが、出会ってからの日数分だったんですね。
これ、捨て子だった治鶴のもとに置いたのって…やっぱ烏枢さまなのかな…。
もう間違いなく治鶴=寿だって瀧群の中で繋がった時がもう…。・゚(´pωq`)゚・。

幸せになって下さい。

0

また来たよ…

大波が…ダメだ、やっぱりやられてしまうんだな…
まぁ、私がこの作品で扱われているテーマが好きなので余計なのかもしれません。
文学や物語のテーマとしてはとてもロマンがあって、壮大なテーマです。
ストーリーについては一切説明しないつもりです。読まれる方に、何も知らない状態でたくさん驚いてほしいから。
好きな作品ほどネタバレはしたくないんです(笑)。
この作品、ドラマCDも合わせて大好きなんですが、実は他のお気に入り作品と比べるとそれ程回数は読んでないんですよね。
なぜか?…それは必ず感情が大きく揺さぶられてしまうから。
小さなピースが一つ一つ繋がって、最後に全部埋められてしまう様は秀逸だと思います。
お話を並べる順番に至るまで素晴らしい。

3

上巻とは打って変わって切なさ全開です

思い描いていた続きとは異なり、急速に引き込まれ、何故タイトルが「地獄めぐり」なのかじわじわと染み込んできます。

細々とした設定に苦戦した上巻がきちんと活かされ、二人の役割の重さにやりきれなくなりました。

閻魔が知っていて目を背けた罪悪感に、何もかもを放棄してしまった事を知った滝群。
本来の輪の中で幸せになるべき人が幸せになれる為にと、心の寄り添った二人のとる道に潔さを感じます。

そして離された手が再び繋がれる。
おとぎ話のような奇跡にほっとするラストでした。

他「花色めぐり」
本編で背中をおした烏枢さまと初代閻魔王となる鸞とのお話。
閻魔が拾われた経緯、2人の道しるべとなった理由が描かれ、そしてこれからの地獄がささやかに幸せに色づいて穏やかに心が満たされます。

書き下ろし「めぐりめぐる」でほっとした奇跡の続きが読めて、滝群の葛藤を打ち消す優しい逸話に心置きなく本を閉じることが出来ました。

2

何度でもめぐる魂の奇跡

ついに、閻魔の過去が語られます。
人の子であった閻魔がなぜ鬼となり、閻魔となったのか。
彼の魂がなぜこの地獄でこのような形で罪の贖いをすることになったのか。

400年前のこと、閻魔は子供の頃にある罪を犯しました。
その頃閻魔は「寿」と言う名でした。
仲の良い友達・伽世という子がいたのですが、その子は自分の母親によって殺されたのでした。
母親は伽世を誘拐して、身代金を要求し、男と一緒になろうとしていたのです。
それを知った寿は、母親を殺して、自分も自害をしたのでした。
伽世に申し訳ないと思いながら、罪を犯したのでした。

寿の魂は地獄に流れつき、一代目閻魔に拾われます。
そして一代目閻魔の思うところあって、寿の魂は地獄で二代目閻魔となるべく育てられるのでした。

そんな閻魔の過去を知った瀧群は、鬼に人の心は分からない!と暴言を吐いたことを後悔します。
本当は閻魔本人こそ人の心を理解し、苦しみの中で生きてきた人。
瀧群は自分のつまらないプライドで閻魔を傷つけたことを後悔し、
自分の本当の気持ちを伝えようと、閻魔に会いに行きます。

しかし閻魔は瀧群を続き拒絶します。
それでもめげずに瀧群は自分の気持ちを伝えます。

頑なな閻魔に烏枢から「瀧群の過去を見ろ」と言われます。
そして閻魔が見た過去とは。
瀧群が、自分の母親が殺してしまったあの「伽世」だったことを知るのです。

二人の魂はまた地獄で再会したのですが、閻魔は罪滅ぼしをすることができたのか。
そしてその後二人はどうなったのか…。
魂の不思議な巡り合わせに、感動しました。

ところで脇キャラもけっこう充実したお話でして、
今回も阿傍吽傍にきゅんときました!
そして鸞×烏枢カプもなかなかに良いお話でした♪
シリアスよりなお話ですが、優しくほのぼのとした面もある作品でした。

3

泣きました

良かったです。
涙が出ました。
シリアスな物語なのですが
最後にはハッピー?で
終わっていて満足のいく作品でした!


私は転生系統のお話は
苦手なのですが
この作品は好きです!


同時掲載の『花色めぐり』も
感動しました!
なんかいろいろ深いので
説明しがたいのですが…

愛ですね\(^O^)/

読んで良かったです!

3

地獄に仏

だめだ・・・私こーいう話に弱くて(;へ:)

閻魔がなぜ人間から鬼になったのかが語られます。
阿傍と吽傍の生い立ちもわかりました。

地獄と人間界の時間の流れは違うので
地獄に生きる閻魔と人間界に生きる瀧群が
結ばれるために必要なことは『輪』に戻るということでした。

輪廻転生がつまり『地獄めぐり』という意味だったのではないでしょうか?

記憶をなくし、肉体をなくしても、たぐりよせてしまう縁というロマンv

人間界でも天界でも地獄でも、鬼はいるし仏はいる。
どこもかしこも人間臭くていとおしかったv
自分では制御できない感情のブレがない世界こそほんとの地獄なのかもしれない。
そういった意味では、この『地獄めぐり』は、けっして地獄ではありませんでした。

輪に戻った寿が、伽世が待っていると立つシーン。
え?ここに戻ったんだ!!!と、びっくりした。
子供である寿が、伽世のいない世をあのあと何年生きたんでしょうね?
鬼として何百年も生きてきた経験があれば、あっという間だったのかな?
でも、さみしいよね。

そして烏枢のお話も、よかったなv
次は続き阿傍と吽傍のお話が読みたい。

表紙も綺麗だし、中も綺麗だし、カバーをはずしたところにも描きおろしがv
楽しかったv

お話もいーんだけど、きっちりエロいのが自分好みでしたv
すっばらしい!

4

甘く、切なく、数百年の時が過ぎ、そして・・・生まれ変わる(ノ I `。)

役所勤めの緒野瀧群は、上司の退職に伴い地獄での職務を任され、
閻魔の手伝いをすることになる。
そして瀧群は、その閻魔に口説かれ惹かれ体の関係をもつようになる・・・
というこの何とも言えない斬新なストーリー設定と
表紙見てフェロモンがぷんぷんっしてそうな閻魔に妄想が一気に膨らみ
もう迷わず購入決定しました♪

上巻は 閻魔の過去の過ち等々気になるストーリーのさわりばかりで
続きが気になる感じです。
そして、下巻で
瀧群の抱える後悔も閻魔の過去もそして瀧群の前世も
すべて解き明かされるわけですが・・・
何かほんともうただただねぇ~二人の過去が思いが
胸がギュギーーーンと
なちゃうぐらい切ない展開目白押しだし
閻魔が人間になったら~の瀧群と未来の約束するシーンとか。。。・゜・(/Д`)・゜・。

描き下ろしの「めぐりめぐる」~閻魔が瀧群の為に人間に戻ってからのお話。
人間に戻った閻魔は、瀧群の事を覚えていない。
けれど、二人は偶然出会い自然に惹かれて付き合い始めます。
が、瀧群は閻魔の事が忘れられずなかなか関係は進展しません。
そして、ちょっとしたき続きっかけで寝てしまうのですが
その後の睦言でその青年が鶴の折り紙の話しをします。
その話しで、
瀧群が今目の前に居るのは“閻魔”なんだと自分が愛した”あの閻魔”なんだと
確信しこの目の前に居る青年を素直に愛しても良いのだと思う
シーンはほんともうっっ涙腺崩壊(T_T)。

このお話読んで前世、生まれ変わりを信じようかと・・・
いやっ信じたいっっ!!って思いました。

カバー下も忘れずにチェック!!
吽傍と阿傍のイチャイチャが可愛い(*T▽T*)
ほかのサブキャラ達もとても魅力的です♪

是非、上下巻セットで一気読みすることをお勧め♪
CDも出てるのか~あぁぁぁぁぁ買ってしまいそう(´ε` ●)

3

下巻から入った身ですが。。。

全然大丈夫!!
とっても面白かったです∑d(´∀`d)

とにかく絵がキレイです!!

あと話も、濃くて
結局愛し合う二人は
最後には繋がるんだなと
感動してしまう作品です。

ただ、個人的にどうしても
閻魔には思い出してほしかったです。。
でもそれも試練で、萌えます。

レビューになってませんが、
とにかくこの熱い気持ちは
記しておきます。

3

完結

ようやく出ました完結編!
地獄に勤める人間の緒野と地獄の閻魔。
お話は、昔人間だった閻魔の話からです。
失ってしまった大事なもの。自らの手で絶った大事だと思っていたもの。
すべてを悔いて自ら失った命。
数百年たった今でもそれは閻魔の胸の中で渦巻いて・・・。

正直なところ、何かがもうひとつ・・・と思わせる場面が多々ありました。
ココが~と詳しくいえないのがあれなんですけど。
とはいえ、感動のラストに向けて、ボロボロ泣かせていただきました。
久しぶりにさわやかな涙を流してしまった(ノД`)・゜・。
過去、現在。そして真実。
運命の選択からの~な話。
これも良かった。結局相手の記憶は残っていない。
残っていないので、過去どうの~はないんですが、リンクしたアイテムやもろもろな。泣かせてくれました。エロエロもあって悪くない。
転生。これも、生まれ変わるのかと思えば~な展開は予想外でした。
けどあれですね、この方法だと、ホンモノの閻魔は最後まで想って死んだのかとおもうと妙に切ない。

■考えめぐり
まさかまかのサブキャラのお話。
昔の閻魔と~なお話。
続き魔の顔に似合わない犬っプリがなんともいえませんでしたw
みんな幸せであれば私は幸せですw

5

メインの2人もいいですが、やっぱりどうしても阿傍と吽傍が気になって仕方ありませんッ!!!!!

遂に下巻です。
閻魔の過去が出て来ましたね。
周りからどんなふうに言われていたって自分にとっては大切な大切な母親。
けれど、同じくらい、いやそれ以上に大切な相手を奪われて。
その行為が裏切り以外の何ものでもないことに傷ついて彼は地獄に堕ちてしまったのでしょう。
そうして閉ざしていた心はやがて瀧群と出会うことによって少しずつ解れていくのだけれど。
その相手が何故瀧群だったかということにもやっぱり深い意味があって。
閻魔と瀧群。
お互いがお互いを思いやって自分の気持ちよりも相手の苦しみからの解放を願う姿がせつなくて。
勇気を持って踏み出すのは結局は自分しかいなくて。
そうして、前に進めるのも1人じゃなくて2人だから。
互いに過去に囚われていた者が未来を想い、信じられるようになれてよかったです。

「花色めぐり」
上巻のカラー口絵で瀧群と一緒にいるのは誰だろう?と思っていたのですが烏枢だったのですね。
お相手は鸞。
この子、図体は大きいのになんかバカみたいでかわいいですv
主に烏枢が好き過ぎる故なのでしょうが。
胸毛もあるしアゴヒゲもあるし後は頭さえあれば続きステキなオヤジになれるはずなのに(…)
いや、でもこんな鸞だからこそ烏枢だって惹かれるものがあったのだと思うのですが。
ちょっぴり誘い受だったのには驚きましたが。
立場が立場なだけに、2人のことは問題が大きくなってしまって。
けれど、やっぱり最後に残るのは相手を想う気持ちで。
それが本物であればどんな世界だって認めざるを得ないのでしょう。
チビ阿吽がかわいかったですv
そして、何気に泰ちゃんもイイキャラしてて好きvv

「めぐりめぐる」
自分の気持ちが果たしてどこから起因するものなのか。
そうであったらいいな、と思うからそう見えるのか。
本当にそうだから、そう感じるのか。
揺れる気持ちはあるけれど、真実への鍵はちゃんとそこにあって。
いくつものヒントがやがて巡り会わせてくれる。

そして、今回も阿傍吽傍にやられました。
っていうか、前回よりも確実にイチャイチャ度が上がってませんか?
なんかこの2人はラブラブというよりもイチャイチャという感じ。
で、どっちかっていうとキャピキャピ(笑)
カバー下がまさにキャピキャピで。
で、結局、どっちがどっちなんだい!?と思わずにいられない。
いや、どっちがどっちでもいいので描いて!というのが本音ですが。
特典ポスカのお話もかわいかったですが、個人的には2人でチェリーくわえてるカットがすごく好きですvv

5

輪廻の運命の先で

めっちゃよかったです!
本当に素敵なお伽話に出合えました!!

前回すれ違ってしまった閻魔と瀧群。
今回は冒頭から閻魔の過去編です。
閻魔はもともとは人間で、罪を犯して鬼となりました。
その閻魔の重すぎる過去と心の傷と罪を知った瀧群は、自分が閻魔に向けて言った言葉を悔います。
それほどに、閻魔が抱えているものは大きかったのです。
そして閻魔を過去から救いだせるのは瀧群しかいない、と烏枢は言います。
烏枢は閻魔が鬼になった時から、ずっと閻魔を見守っていたんですね。
瀧群と閻魔が再会し、扉越しに話をするシーンはすごく切ないです。
お互いがお互いを大切に思っているのに、お互い踏み込めないラインがあって
そのラインを表すかのように、二人の前には大きな扉が立っていました。
烏枢に後押しされ、過去と向き合った閻魔は、ようやく今の瀧村とも向き合うことができました。
そして思いが通じ合った二人ですが、今度は閻魔が輪廻転生し、人間に戻ることに。
一度別れ、閻魔は記憶を失うことになるのですが…

もうここからの流れが神です。
閻魔と瀧群の関係の真実が判明したときから、こ続きの作品の壮大さに驚きました。
まさかここまでの話だとは。
人を信じられない閻魔様が、一人の男によって愛を知り、人を信じることができるようになる――という話だと思っていたのですが
それのさらにさらに上をいきましたね。読みが甘かったです。
本編のクライマックスから描き下ろしにかけては、もう涙なしでは読めません。
こんな素敵な愛の奇跡を信じてみたくなるものです。

また本編にもちらっと出てきた、烏枢と元閻魔・鸞(らん)の話も収録。
今でこそ悟りきったような烏枢ですが、彼もこんな純愛をしていたんですね。
切なくってあたたかくって、素敵な恋物語でした。
閻魔の本名にも注目ですよ♪

閻魔×瀧群、鸞×烏枢カプも素敵だったのですが、最後に気になるのは吽傍+阿傍。
特典イラストカードの「秘密めぐり」やカバー裏から察するに、二人はデキているのは間違いないと思うんですが
一体どっちが受で攻…?!
そしてどんなプレイをしているのか激しく気になる!!
この二人の話、是非読みたいです~!!

本当に素晴らしい作品で、まさかこの作品がデビュー作だとは思えません!!
まだ読まれていない方は上巻からまとめて読まれることをオススメします!!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ