水上ルイ×やまねあやので贈る、イタリア人建築デザイナーとの運命の恋!

誘惑の部屋に捕らわれて(新装版)

誘惑の部屋に捕らわれて(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
17
評価数
5件
平均
3.6 / 5
神率
40%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044486266

あらすじ

建築を学ぶためにイタリアへ留学した朝香裕介。だが留学先の学校が倒産し途方にくれた裕介は、憧れの建築デザイナー、ディーノの会社へ向かう。貴族でもあるディーノは、実は数年前に運命的な出会いをした男で…!?
(出版社より)

表題作誘惑の部屋に捕らわれて(新装版)

ディーノ
裕介

評価・レビューする

レビュー投稿数3

夢のような

建築デザイナーを志し、高校の三年間、イタリアンレストランのアルバイトに明け暮れ、必死で貯金をして、イタリアに留学した朝香裕介。
ところが、留学先の学校が倒産。
路頭に迷っていた裕介に救いの手を差し伸べていたのは、新進気鋭のデザイナーであるディーノ・カスティリオーネでした。
容姿は、裕介よりも背が高く、体格はとても良いです。
目の色は冷たさを感じさせるサファイアブルーでブルネットヘア。

(サッカー選手で元イタリア代表のパオロ・マルディーニ、GKのジャンルイージ・ブッフォン、ラグビー選手のマウロ・ベルガマスコもそんな容姿しています)

二人は4年前、日本ですれ違っていたのです。

裕介に自分のところで働くといい、と持ち掛け、働き口と部屋を提供。
部屋はなんと、ペントハウス!
夢のようなイタリア生活の開始です。

しかし、そんな裕介を脅かす存在の女性が登場します!

ディーノのフィアンセが登場します。
彼女の名前は、エウジェニア・グラッツィア。
代々貴族の娘で、とってもプライドの高い女性。
裕介を見下します。
展開を見るなり、韓流ドラマに登場するよう続きな悪女っぽさも。
しかし、ディーノは、エウジェニアに婚約を解消したい、と切り出します。
そう、ディーノは自分が同性愛者であることをカミングアウトをしました。

その後、ディーノは裕介に告白。
4年前にすれ違っていたとき、二人は惹かれ合っていました・・・。

語り口は、裕介サイドとディーノサイドで展開していきます。

裕介の一人称は「オレ」
ディーノの一人称は「私」

(2016.7.4 追記)

1

イタリア人建築デザイナーと日本人

建築デザイナーを目指して単身イタリアに留学にきた裕介。
入学するはずの語学学校が倒産していた。
お金も止まる場所も無く途方に暮れているところに出会ったのは、
裕介が建築デザイナーを目指すきっかけになった憧れのデザイナー・ディーノだった。
泣いている裕介を見たディーノは…。という話。
2人は日本で一度出会っていて、それがお互いにとても印象に残っているんですね。
視点がよく切り替わるので、ディーノが最初から裕介を意識しまくってるのが分かります。
天使天使言いまくりなので!
わたしこういうシンデレラストーリー好きなのですがいまいち乗りきれなかったのは、
プロのディーノをうならせるレベルの見取り図を裕介が書いてたりとにかく男にモテまくる裕介についていけなかったからなのかも…。
そんだけモテるなら日本でも相当モテてたんでしょうか。外人受けがいいのかも?
でもストーリーは嫌いじゃないです。

1

神がチャンスをあたえ!

建築デザイナーを目標に、バイトにあけくれ、語学留学のつもりで、イタリアに!着いてビックリ(οдО;)
学校が潰れていた。経営者の持ち逃げを知らされた、ボー然。
途方に暮れた裕介を助けたのは、裕介が、建築デザイナーの目標とする新進気鋭のデザイナー・ディーノだった。

ディーノとは4年前に日本のホテルで出会っていた。
自分の許で働くといい。と言われ、ディーノのペイントハウスに同居。
夢のような生活がはじまる。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ