黒衣の公爵 -美しき暗殺者-

黒衣の公爵 -美しき暗殺者-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
  
作画
 
媒体
小説
出版社
学習研究社
シリーズ
もえぎDX(学習研究社)
発売日
価格
¥1,000(税抜)  ¥1,080(税込)
ISBN
9784054044500

あらすじ

隣国との和平交渉にのぞむ美貌の王子・シオン。別名は「黒衣の公爵」……彼を愛した者は、みな死んでいった。不吉な運命を抱くシオンと敵国の王・天人を描いた人気シリーズが、珠黎皐夕のコミックほか、書き下ろしを収録した特別版となって登場!

表題作黒衣の公爵 -美しき暗殺者-

南紅大国の国王 嵩原天人
北青王国の第五王子 シオン

その他の収録作品

  • コミック 「黒衣の公爵」珠黎皐夕
  • コミック 「タウとマウのぽよぽよ日記」刈谷晶
  • コミック 「海犬のユーウツ」さいきょーきかく(Y)
  • コミック 「ヘブン的日常茶飯事」ユキマル
  • 紫の帝王
  • 緑の新王
  • 真紅の兄弟
  • シリーズあらすじ「黒衣の公爵」
  • シリーズあらすじ「紅の大王」
  • シリーズあらすじ「白銀の麗人」
  • シリーズあらすじ「青銅の愛人」
  • キャラクター紹介
  • コメント
  • ポスター&カラーイラスト 珠黎皐夕

評価・レビューする

レビュー投稿数3

とりあえず

イラストに惹かれて、本編シリーズは未読だけれど、試し読み感覚で購入。

最近は普通にBLばかり読んでいたのですっかり忘れていたけど、元々私って、SFやハイファンタジー読みだったんだと、今更のように思い出した。

まあ、BLも一種のファンタジーではあるのですが、、、

この細密でゴージャスなイラストが、ファンタジー感をいやが上にも盛り上げる。
ドレスアップした絵で興奮するのって、久しぶり。
トリニティプラッド以来かな。

世界設定はファンタジー系SFだけど、さすがに剛さんの作品だけあって、ストーリーもラブも期待できそう。
早速、シリーズ買い揃えます。

1

『黒衣の公爵』シリーズのファンブック

シリーズ4作品はすでに読破していたので
1作目とタイトルと同じこの本がどういう内容なのか
新しいものがどの程度入っているのか
気になりつつも結局購入しました。

結果。シリーズのファンブック的な本ですね。
まず綴じ込みページに2、3作目、次のページに4作目のカラー絵があります。
当然従来の表紙よりも大きめサイズで
珠黎皐夕さんの美麗イラストを充分堪能出来ます。
そして次に、珠黎先生による『黒衣の公爵』のコミカライズ。
これに関しては、ページ数が限られていたためか
原作を知っているものにはちょっと物足りなかったかも。。。
もっとたっぷり珠黎さんの絵を楽しみたかったです。

次に、シリーズの登場人物の相関図と
各作品のあらすじが実際に使われていたイラストとともに載せられています。
てか、あらすじと言うより「いいとこ取り」って感じなので
未読の人はこれを読んで是非本編も手にとって欲しいですね~。

そして、この本の一番のオススメポイントが
剛しいらさん書き下ろしのSS3作品です。
『真紅の兄弟』は、南紅大国の王・天人の弟・論人のお話。
『紫の帝王』続きは、北青王国の新国王で、天人の正妃・シオンの異母兄・レナードのお話。
『緑の新王』は、西緑神国の国王だと名乗る男・アスマが登場します。
この中で良かったのは『紫の帝王』
『紫』じゃなくて『エロの帝王』と呼びたいほど下半身に節操のないレナードの
士官学校時代のお話が中心に描かれているのですが
誰とでも寝る、という彼の真意や
いままでのシリーズでは明かされなかった真実がわかって
ちょっとだけレナードに対する印象が変わりました。
まあ、変わっている人、という認識は相変わらずですがw
シリーズ既読の方には
あのレナードの両脇に常に付き従っている屈強な男2人が何者なのか
この作品で明らかになります。

他に、アンソロジー的な4コマ漫画が3人の漫画家によって描かれていて
こちらは本編とは打って変わってギャグです。
何気ない日常が描かれていて微笑ましかったです。

このシリーズが好きな人にとっては買いの1冊だと思います。
強いて言えば
仁とアンディのSSとかもあったらよかったかな、というのと
珠黎さんの漫画がもっとページ数が多ければ良かったのに、ってことかな。

上質なSFファンタジーBLを楽しむきっかけの本になると思いますよ!

5

菊乃

>茶鬼さま

コメントありがとうございます!
本編未読の方がどう感じるか気になってましたが
逆に導入編としての役割を果たしてるみたいで嬉しいです。
レナードは本編では完全に脇だったので
この「紫の帝王」でスポットを浴びて嬉しかったです。
本編もぜひ楽しんでくださいね!

茶鬼

菊乃さま、こんにちは
早速に本編4冊をそろえてぼちぼちと読み始めています。
先にこちらの本を見たので、とても解りやすく入りやすかったです。
マンガでサクサクっと端折りながらもこれで予習ができたので、1巻目はとてもスムーズに頭に入っていきます。
やはり、レナードがとっても気になりました!
確かにファンブックみたいですね。
とても楽しめたので、全巻読み終わったら、もう一度これを見直して更に楽しもうと思っています。

既読の方も未読の方もワクワクしちゃう一冊♪

丁度この「黒衣の公爵」シリーズを読もうとしていた矢先のこのスペシャル版。
本編を先に読むか、これを先に見るか、迷ったあげく、この美麗イラストマンガに惹かれて先読みです!!
大丈夫、自分は本編シリーズ未読ですがこれからを期待させてくれるようなおいしいところどりの構成。
マンガも上手い具合にはしょって、美麗なイラストに胸撃ち抜かれます!
登場人物の紹介や、各シリーズのあらすじが珠黎さんのイラストと共に描かれてとても親切。
何よりショートマンガが3名の作家さんによって楽しくキャラをデフォルメした形で作られていて、本編読んでない自分でも楽しかった♪
そして、剛しいらさんの描き下ろしショートストーリー。

『真紅の兄弟』
高原天人の弟のトラブルをお兄ちゃんが口出しする話。
ホモ兄弟万歳!?

『紫の帝王』
天人の正妃となったシオンの兄で北青王国の王となったレナードの士官学校時代。
側近のミハエル・ガブリエル兄弟との出逢いがあり、3P展開が、、、ハァハァ、、です。

『緑の新王』
突然現れた今までにない国の王アスマ・イザナギ。
彼は竜を使って国を起こしたと、天人続きに取引を申し出るが・・・
まるで浦島太郎と日本書紀が合体したような設定が微笑ましい!

この書き下ろしストーリーは全編どれを通しても天人とシオンのラブラブバカップルぶりが拝めて、熱い熱い!!
ますます、早く本編を読みたくなってしまいます。
こういうありえないファンタジーSF設定というは、夢があって何でも許せるアリアリが大好き☆
既読の方にはきっと、もっとシリーズが楽しめる、そして未読の方はこれからの期待を、両方が得られる良い特集モノだったと思います。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ