これからの夏

これからの夏
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784592870753

あらすじ

夏休み、友人の代理で急遽海の家のバイトが決まった佐原和真。地図を片手にたどり着いた「ブルーハワイ」には、茶髪にピアスの強面兄ちゃん・織田とその息子の小学生・佳樹が待ち構えていた。織田の風貌と過酷な労働条件に本気で辞退を考えた内気な和真も、佳樹とはすぐに打ち解けるが織田とはどうも…。オーシャンビューロマンス書き下ろし。

表題作これからの夏

織田 海の家経営
和真 大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

面白かった

今まで読んだ桜木さんの小説のなかでは、『解放の扉』の次に好きな小説になりました。
自己主張のできないおとなしい主人公が主役で、「う…まさかまたマイナス思考たっぷりの受けに、イケメンの攻めが惚れる、昔の少女漫画みたいな展開かしら…」と思ってがっくりしたんだけど(←苦手な展開なんです)、この主人公の受けが、いざというときに意外なほどのオトコマエっぷりを見せてくれて、胸がスカッとしましたw
いわゆる『子はかすがいモノ』です。子供が可愛い。子供の使い方が上手い。
攻めはシングルファーザーで、海の家を経営してます。そこにバイトに行ったのが受け。
受けは最初に子供と仲良くなる。おとなしい受けは、明るく元気な攻めとは引いてしか付き合えない。怖いしウマも合わないのだ。
でも、子供への教育方針で思わず口論してしまったことから、わだかまりが少しずつ溶けていく。
お互いの欠点を埋め合えるようなイイ関係が結べそうなカップルで、めっちゃ好感持ちました。
ラスト、もう少し二人の関係の未来図についてをフォローする描写が欲しかったかなァ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ