手をつなごう

手をつなごう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
桜桃書房
シリーズ
ヴァリオノベルズ(小説・桜桃書房)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784756705648

あらすじ

サラリーマンの茂光と大学の研究室で助手を務める修平は、四年前に大学の夏合宿で出会って以来、親しい友人関係を続けている。
そんなある日、茂光が友人に大金を貸したことから、二人の関係が崩れ始める。
密かな想いを抱えていた修平は、申し出た手助けを頑なに拒否されて、茂光の前から姿を消してしまう。
修平は一体どこへ?そして茂光は…!?「合鍵」のサイドキャラで贈るセンシティブ・ラブロマンス。

表題作手をつなごう

新田修平・アジア文化研究室助手
上村茂光・アジア部門営業

評価・レビューする

レビュー投稿数1

愛おしさが募っていく

同じ作者さんの「合鍵」のスピンオフで、あちらがすごくよかったのでこちらも読みましたが、こちらがもう輪をかけてよかったです。
「合鍵」は可愛く優しいお話という感じでしたが、こちらは波瀾万丈で、最後までドキドキしました。
「合鍵」のキャラクターも出てきますが、こちら単品でも読めると思います。

3歳差の先輩後輩で、今は社会人の茂光と大学院生の修平。
二人の出会いがとてもロマンチックなんです。ゼミの合宿にOBとして参加した茂光ですが、その時修平とは知り合いでも何でもない。しかし合宿中森の中で道に迷った茂光は、探しにきてくれた後輩の修平と真っ暗闇の中手をつないで歩きます。
その時はお互いの顔も知らず、闇で顔も見えない状態。
朝日が登って顔を見た瞬間、修平は恋に落ちます。

それから4年たっても二人はいい先輩後輩の関係のまま。 
出会ったときから恋を確信していた修平と対象に、「これは恋なんかじゃない」とずっと自分に言い聞かせてきた茂光。
ずっとこのままでいたいと願っても、好きが募ればそうはいかなくなり、修平には海外へ研究にいく話が持ち上がり、茂光は仕事とプライベートでトラブ続きルに巻き込まれ…二人はすれ違うまま、自分の行く道を選ばないといけなくなります。

ずっとこの関係のままでいられないのなら、ここで終わらせるか変わっていくしかないということが切々とかかれていました。
クールで無愛想に見えて、実は激情を抑えた自分を演じているだけの修平と、お人よしでおせっかいであぶなかしい茂光は、二人ともとても愛しく思えるキャラでした。
何をしなくてもいい、ただ傍にいたいだけ、変わりたくないというのに募っていく「好き」があふれそうになる様子が激情的で感動的でした。

最後、茂光から離れ、一人になって、だた好きで好きでたまらなくて、修平が涙を流すシーンにつられそうになりました。
修平が茂光を「先輩、先輩」と呼ぶのもよかった。歳下攻めとしてもすごくツボをついた作品でした。

「合鍵」は出会ってすぐに恋になるお話でしたが、こちらは長年の思いをじっくりあたためる、せつないけど「好き」が極まったときのこの苦しさやせつなさが作品に反映されていて、愛しく思える作品です。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ