彼を待つくちびる

kare wo matsu kuchibiru

彼を待つくちびる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
36
評価数
8件
平均
4.5 / 5
神率
62.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎コミックス漫画文庫(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥724(税抜)  ¥782(税込)
ISBN
9784344820098

あらすじ

著者代表作の「八木×小谷シリーズ」完結巻。10年後のふたりの描き下ろし漫画や、商業誌未発表作品を大量収録!!

表題作彼を待つくちびる

会社社長 八木 28歳
図書館司書 小谷 28歳

同時収録作品恋人になる前に

久藤
塔本

同時収録作品あいたい人

市井
園田

同時収録作品もしもぼくがきれいなら

佐々江城
森田慎也

その他の収録作品

  • Age 28 Ⅰ~Ⅲ
  • もしも君が許すなら
  • もしもぼくがひとりなら
  • SOLE STAMP
  • クリスマスの夜
  • 先生の先輩
  • お正月
  • 彼らのいた教室
  • バレンタイン・デイ

評価・レビューする

レビュー投稿数4

10年後の二人

梅太郎さんの作品で一番好きなシリーズです。もう何度読んだか分からないぐらい読んでいますが、毎回泣けます。今回は、八木たちの完結編と、脇役カップルたちのお話です。

高校生の時は、不安定さが感じられた二人。10年後では、何があっても動じないような、お互いへの深い愛情が感じられます。小谷を好きなライバルが現れても全く動揺しない八木と、八木のやることを受け入れる小谷。ただ小谷と一緒にいることを決めているだけだと言う八木にキュンとなります。

八木が事故にあって意識のない時も、一生懸命に八木を信じる小谷の姿に涙が出ます。意識を戻した八木の第一声が「キスしてくれ」には、どれだけ好きなんだと微笑ましくなります。この二人は、もう何があっても離れないんだろうな~と思える最後に、胸が温かくなります。

他のカップルのお話も、切なくて萌えます。特にシンと城のお話が好きです。

絵が不安定な時もあるけど、お話は感動できること間違いなしなので、おススメしたいシリーズです。

4

脇キャラスキーな私はシンが一番好きv

完全版の最終巻。
この巻はスピンオフ的な感じになってます。

まず、小谷に恋する城の物語。
出会いから10年経っても八木と小谷の関係は続いていて。
海外を飛び回る八木と図書館司書の小谷では頻繁に会えるわけではないけれど、お互いのことを大切に想っているのは明白で。
何も知らなかった城はノンケだと思っていた小谷に片想い。
結果として見せつけられることになるんだけども。

そして、そこから城とシンの物語へ。
シン視点で語られることの多いこの物語が実は一番好きだったりします。
というか、シンが好きなんですよね。
最初は美容室で店員と客として出会って、その後偶然ナンパされて。
それから城に片想いしている相手がいるのを知った上でセフレとして付き合っていくうちに惹かれて。
けれど、自分の気持ちを伝えるつもりなんてなくて。
見守るふりで隣にいて。
気付かれそうになると嘘で誤魔化して。
悟られないように悟られないように。
そんなシンがせつなくて非常に好きなんですよね。
特に好きなのは片想いのツラさを語る城にどれだけ想いが深いか知って涙するシーン。
彼氏がいると嘘を続きつくシーン。
迎えに来た城を振り切ろうとするシーン。
どれもせつなくて。
城視点で語られる物語もあるのだが、これからはきっと城が甘やかしてくれることでしょう。
まだまだシンは甘え方を知らないような気もしますが。
クリスマスのお話もかわいかったですv

後半には描き下ろしの八木と小谷の物語も入ってます。
ありふれたといえばありふれた事故ネタですが。
やっぱりこういうお話は好きです。
互いを堂々と想うところも。

ほかには、市井の話だったり、久藤と塔本の話だったり。

八木もかなり好きなんですが、やっぱりシンが一番好きかなぁ。

4

ほ~っとため息が出るほど満足です。

八木と小谷のその後をもっと見たかった気もしますが…。

図書館バイト君カップルのお話は、小谷も出てきますがそれはそれとして、別のお話として楽しみました。
受けがとても健気で可愛くて、攻めのバイト君も小谷にちょっかい出してたときは「このイガグリ頭!」と思っていましたが、このお話ではとても男前で素敵でした♪
想いが通じたときもちょっとじ~んとしましたが、私はお友達が「歯ブラシ取りにおいで」と言ってくれたことに、思わずほろっと涙が出ました。
前を向く勇気って本当に尊くて、ちょっと踏み出せば今まで手に出来なかった沢山のものに触れられるんだと感じられた素敵な瞬間だったと思いました。

で!!!
待ってたっ!!!
八木の仲間カプ♪
本編を通しで見ても名前なんてほんの数回しか出てこなかったこの2人を、それでも私は待ってた♪
2巻で小谷が「主語が逆」だと言った時の2人の反応がものっすごくツボで(なんてまあマニアックな…と自分でも思いますが)、いつか見たいと思っていました!

工藤が…、あの細目の工藤が……、目を開けたらこんなに男前だったとはっ!!!!!
ぎゅ~ってしてたら見続きえるとか、可愛いから☆

なんとなく、友情が愛情に変わって、その延長で…ってのはあるんですが、流れじゃなくてきちんと言葉で「俺ら寝ないか」と宣言するところに、新たな萌えを感じました!
友達で居られなくなると怖がる相手に、お互い今までの彼女とか遊び方も知ってるから「俺たちそういうの慣れてるし、寝たくらいじゃ変わらない」って口説き方が、「あぁ…本当に今まで親友だったんだな…」って感じてほほえましかったです。

サイドストーリー満載で、とても贅沢な一冊でした。

が、八木と小谷の2人に関しては、絵がちょっと残念でした。
絵柄が変わられたのか、10年の月日を反映させたらあんな感じになりましたってことなのかは分からないのですが…。
お顔がしゅっとしちゃうのは分かるから、高校の頃のような可愛さを求めちゃいけないとは思うんですが、出来れば小谷の凛とした美しさは面影だけでも残して欲しかったです。
普通の人だった…。
っていうか、笑顔がうそ臭い…。
年齢を重ねても、あのキラッキラの笑顔で居て欲しかったよ~><

けど、2人の関係はすごく好きでした。
頼ったり縋ったりする関係ではないし、いつもべったり一緒に居るわけでもないのに、心はものすごく傍に居るようで、本当に信頼しあっていて。
いつまでもラブラブなのが嬉しかったです。

3

八木×小谷 堂々完結

八木×小谷シリーズ(文庫版)の完結編。
コミックス未収録の同人誌掲載作品、描き下ろし、ショートストーリーを含む全15話。かなり豪華な内容となってます。

BLコミックス読み始めの頃に出会ったこのシリーズ、私のBL人生の原点と言って良いほど。10年前に読んでいた作品の10年後のお話を今、このタイミングで読めるなんて、とても贅沢な感じ。ヤンチャだった八木が父親の後を継いで社長になり、か弱いカワイコちゃんだった小谷が凛とした美人に成長した姿をみるのは、感慨深いものがあります。

ただ、主人公二人のお話自体は少なめだったのが残念。今巻は二人を取り巻く人々に焦点を当てたサイドストーリー的なお話が多かったような気がします。この作家さんは切ない系の代表格だと思ってはいても、もう少し八木と小谷の甘々ラブっぷりを見たかった。なんせ最後なので!! しかし、二人の揺るぎない絆が感じられる今巻。既刊シリーズを読んだ方には必見ですよ。

文庫化にあたり前二作「彼の触れたくちびる」と、「彼の制服~」はなんとか購入を踏みとどまってたが、描き下ろし目当てに購入してしまいそう。コミックス持ってるのに・・・続き

独特な雰囲気があるこの作家さん、10年以上前の作品という事もあり絵が古かったり、安定していない部分は多少ありますが、そんな事が気にならないほど素晴らしいお話だと思います。梅太郎さん好きでシリーズ未読の方もこの機会にぜひ。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ