過去形では語れぬ伝説。嶽野クンシリーズ

水が氷になるとき(小学館文庫)

水が氷になるとき(小学館文庫)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
15
評価数
3件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
小学館
シリーズ
小学館文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784091913623

あらすじ

嶽野義人(たけのよしひと)のクラスの小谷(こたに)が凍てつく沼で遺体で見つかった。小谷が唯一、心を開いた相手が嶽野であり、失踪直前にも会っていた…。やがて嶽野の口から語られた真実とは!?

表題作水が氷になるとき(小学館文庫)

嶽野義人(高校生・大学生・准教授)
高校の同級生・アナウンサーなど

評価・レビューする

レビュー投稿数1

読んでおくべき1冊

プチフラワーに掲載された5作、JUNE掲載の1作のあわせて6作の嶽野クンシリーズをまとめて収録した文庫版。

これはとにかく読んでおくべき1冊だと思います。
あまり細かく説明はしません、すみません。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ