情人(イロ)

情人(イロ)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
69
評価数
17件
平均
4.1 / 5
神率
35.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862638533

あらすじ

ヤクザの栗原を刺す仕事を請け負ったアオイは、栗原の返り討ちに合った上、抱かれることで金をもらう『イロ』にされてしまう。ただの玩具、ただのイロ。けれどいつしか二人の間には新しい感情が芽生えて・・・。
描き下ろしも収録!
(出版社より)

表題作情人(イロ)

栗原,面倒見のよいヤクザ
アオイ,鉄砲玉を失敗し栗原に飼われる青年

その他の収録作品

  • スノーマン
  • またいつかここで
  • いろ
  • メールとしゃていと栗原と
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

お耳じゃないやつ。

二十万で人殺しを引き受けたアオイ。標的はヤクザの栗原だった。殺り損なったアオイは栗原の情人(イロ)となる。抱かれる度に恋情が募っていくアオイ。ツンデレな栗原の本心が知りたい…。

シンプルなヤクザものなのですが、栗原が鳳凰を背負ってるんですよ。好きな作家さまの短編などでもヤクザものに遭遇することがあるのですが、いかんせん、お身体がまっちろなことが多い。組員全員が全員刺青を施しているわけじゃないとは思ういますが、あった方が迫力があって萌えてしまう。明らかトーンではなく、作家さまの手描きだと尚更気になってしまいます。

他、同時収録作品二編。「スノーマン」。出稼ぎの開発現場で一緒になった農家の仮谷と施設育ちのヒカル。短期間だが寝食を共にするうち、次第にお互い情が湧いてきて…。父性を求めるヒカルと、それに応えつつ可愛がる仮谷の様子が微笑ましいようでいて、彼の抑えられない欲情がいいですね。(浮気になるのかなぁ。)

「またいつかここで」は狩人・クマノとネノカミ様のお話。産神様に恋した男前と、彼と出逢ったことで本来の役割を再認識するネノカミ様。切ないお話です。

本編はシリアスト続きーンですが、巻末の四コママンガと番外編がチビキャラでかわゆい。琥狗ハヤテ先生を開拓するきっかけになった作品でございます。

0

現代ものが多い1冊

作家買いしている、琥狗ハヤテさん。毎回、ちみっこが楽しみなんです。

『スノーマン』
方言がこんなに萌えるとは!ユキオがヒカルに話しかけるたびにぞくぞくしました(笑)「君がどうにも可愛(めご)くて…」なんて言われたら、もうノックアウトです(笑)

寂しさから解放されたいと、最初から一人でいるヒカル。
娘を故郷に置いて、出稼ぎに来ているユキオ。
一夜だけでも…と身体を重ねる二人。
エッチの後に、お互いが、ユキオの故郷に行こうと考えているのがホノボノとしました。

もちろん、表題作も良かったです。ちみっこマンガも。手下のアドバイスで一生懸命打ったメールに、「具合が悪いのか」と心配された栗原が可笑しかったです。
ファンタジーなお話もあって、いろいろと楽しめました。

4

やくざって…

 どこにでも居そうな青年、アオイは20万円でヤクザの栗原を殺そうとします。それでもヤクザの栗原が負けるわけはなく、アオイはあっという間に彼の情人になるのです。栗原からしたら、ただの玩具のような扱いだったのですが、彼もアオイを訪ねていくということは、意外にまんざらでもなかったのかも(笑)

 まさか、栗原まで情がわいてくるとは思っていなかったので、CP成立が面白かったです。ヤクザの栗原と一般市民のアオイが付き合うことで、警察の八田もでてきますが、二人してアオイのことを取り合っている姿が笑えます。

 「スノーマン」

 工事現場に冬の間だけ出稼ぎに来るおじさんのユキオと、まだ若いヒカルのお話ですみんなから離れての鍋、ユキオの子供へプレゼントを選んだりと、ちょっと親密さがうかがえます。

 一線を越えてしまっても、それでもどこか、「冷たさ」や「切なさ」が残っているのが素敵なお話でした。ユキオが星のおもちゃを頭につけるのも萌えました。

 「またいつかここで」

 山の神であるネノカミと、いつもその神にお供え物をしていく男の話です。アワのにぎりめしをほこらに備えていく続き男ですが、男は最初からネノカミのその姿を見ることも、声を聞くこともできていたというのです。

 ネノカミは山を守るために、その命を代償とします。決してハッピーエンドではないけれど、ちょっとほのぼのします。

 琥狗先生の絵は、タッチが荒いのですが、そのタッチが「働く男」とすごく合っていました!このコミックでは体の場面も多いですが、働く男の逞しさがあふれていました。

1

4コマはいいなぁvv

本編も好きなお話ですが、最後に4コマでのページがあり
その方がラブラブで好きだなぁvv

●情人●
20万でヤクザの殺しを請負ったのはいいが、
逆に捕まって、そのヤクザの情人にされてしまう。
自分を殺そうとした人物なのに、扱いは酷くなく
逆にお互い意識し始めて…

ヤクザの方も自分の仕事に危険がつき物なのは解ってます。
なので自分の元から離れるチャンスをやったのにもかかわらず
結局は情人の方が別れられなくて元鞘。
途中、面倒見のいい刑事も出てきたり4コマではいい味出してます。


●スノーマン●
孤児院で育った子が、冬の出稼ぎで来ている男性に恋するお話。
田舎から出てきてるので勿論方言。
その台詞とキャラがマッチしてなんだかいい感じ。


●またいつかここで●
お得意のファンタジーものですね。
御山には必ず守り神様がいて、その山の小さな社にすむ神様のお話。
村人からも忘れさられるような、小さな社。
だけど1人(狩人)だけ毎日お供えしてくれる。
その狩人となにやらいい雰囲気になりそうな時、村を襲う地滑りが!!
神様はその地滑りを防ぐ為続きに力を使い果たしたのか、そのまま姿は消えてしまいました。

それからは村人達は自分達がちゃんと社を奉っていなかったと後悔し
神様が戻ってくるように毎日お供えしてます。
勿論、あの狩人も…
明日、来年、十年後と、神様に会えることを祈って。

7

硬派→ケモミミのギャップw

描き下ろし。
ケモ耳チビキャラよりも、硬派で大人っぽい二人のその後が読みたかった!!!と思いつつも、栗原のダメダメな絵文字メールには和みww
本編のビターな感じが好きだっただけに、描き下ろしのほのぼの・デレデレっぷりには面くらいましたが、舞台裏の二人は案外こんな感じかもなとまあ納得もできるおまけマンガでしたw

◆本編【情人(イロ)】
ヤクザ栗原×栗原の情人になったアオイ。
根なし草のようだったアオイが、恋を知り、夢中になれる仕事も見つけ、いつの間にか強く人間らしくなっていきます。ラスト、突き放されても自分から栗原に会いに行く健気さはかなりキます!!!栗原もまた、アオイを玩具扱いしつつも内心はメロメロ・デレデレしてるんだろうな~ということが伝わってきて、実はかなりラブラブな二人(*´▽`*)
色々苦労もありそうだけど、すごーーく甘い関係になりそうなラストを思うと、↑に書いたおまけマンガのノリにも納得です。

表情といい筋肉のつき方といい刺青といい、ケモ耳ついてなくても野性味とフェロモンたっぷりで絵的にも大変美味しい作品でした♡
攻め受け二人ともしっかりした身体つきで続き、スーツが似合う似合う♪

そのほか、読切2作品も面白かったです。
◆東北弁のあたたかさが味わい深い【スノーマン】
◆狩人と守り神の交流がほほえましく、ラストは切ない【またいつかここで】
隙あらばケモミミが出てくるあたり、本当にお好きなんだな~とwww
シリアスな世界を描いていても主人公二人の雰囲気は甘く、どこか可愛らしさが感じられるところが魅力の作家さんだと思います。

2

栗は…っ、

栗は嫌って、なんだ?
なんでいきなり栗?
栗ってなんかの隠語?

最近頓に記憶力が低下して、読んでる最中にキャラの名前を覚えていられないことが間々ありまして、、、

冗談はさておいて、琥狗ハヤテさん、初読みでしたが、とっても画力のある劇画の方でした。
メインフィールド水滸伝、伝奇ファンタジー系のお出自らしく、大人の男性がめっさかっこいい。
展開的に、裸の栗原の背中が、結構な頻度で画面に登場するのですが、これが、背中の筋肉と言い、もんもんといい、腰骨といい腿と言い、実に素晴らしい。
絵だけじゃなく、栗原がちゃんと全裸でセックスしているってとこも愛があっていいなぁ。
ストーリーの展開が、一見、早すぎるようにも見えるけど、このキャラの性格なら、この早さは当然の必然でしょう。

おまけのチビキャラ絵の書き下ろしも、絵もお話もとっても可愛くてよかった。


1

情人

ついついウッカリな衝動買いだったんですが当り!
どっちかって言うと、本編よりショート的な4コマに萌えたワタシはもしかして邪道!?
■情人(イロ)
微々たる金のために殺そうとした男。
その男に捕まり、いまやその男の情人になっている。
生活金を渡され、身体を繋ぎ飼われる毎日。
身体をつなぐほどに気持ちも繫がれていく。
悪い男だといわれてもその気持ちはあせることなく・・・?!
ということで、ヤクザなオヤジと~なラブエロものですw
のっけの目隠しプレイに始まり~な色事。
なんだかときめきを隠せません(゚∀゚ )はぁはぁ
巻末の4コマ。
やっぱりこっちのが可愛いのです。
受を何気に愛しすぎたゆえに~な攻と、フライパンもらってうれしそう~な受。その受を見てうれしそうな攻。
途中入ってくる男とのやりとり。なんぞこれww
■またいつかここで
神様と~な話。
エロやなんちゃらは置いといて、いい話だったw
幸せエンドがやっぱりいいな~

3

絶妙な可愛さと男前

どのカップルにも萌えました。そして癒されましたvvv

『情人』
栗原の情人になるまでのやり取りはかなり省略されていて、アオイが誰から栗原殺しを言い渡されたのかも、組の抗争についても細かく触れられていません。
それでかえって、二人の関係(=ヤクザ×その情人)と心の動きに終始注目できました。お互い惹かれ合って、だんだん気持ちを自覚し始めているあの距離感に読むほうもドキドキします。
栗原を愛してしまってからは、アオイも切ない表情が増してきてよく涙目になってます。一人で栗原の事務所(?)へ乗り込んだりして健気・・・。ところが、栗原もずっとアオイへの気持ちを抑えているのが窺えて健気・・・。お似合いじゃん、この二人!
心から結ばれてからは幸せそうなアオイ。赤面が可愛い。

あとがきも萌えました!いいな、同じ墓・・・。いいな、結婚式・・・。

『スノーマン』
ユキオがしゃべるだけで全て言葉攻めに感じるのは方言ゆえ?
いつもヒカル君と呼ぶのに、ヒカルが危機にみまわれたら咄嗟に呼び捨てしちゃってなんとも言えない萌え。
「こんなこといけねって解ってるども 君がどうにも可愛(めご続き)くて・・・っ!」
↑この台詞には男っ子(おのっこ)のヒカルもノックアウトです!私も方言攻めが好きになったかもしれません。

『またいつかここで』
狩人・クマノにおにぎりを供えられ、彼が気になる神様・ネノカミ。姿は見えないはずと思い、クマノの前であれこれしゃべった独り言が実は聞かれていたし姿も見られていた事を知って「わ゛ーーっ」と恥ずかしがるツンデレ神が微笑ましいです。
ネノカミに敬意をはらうクマノにも萌えました。
え、お別れEND!?とヒヤリとしましたが、近いうちに再会できそうな終わり方でホッ。


最後に。
八田さんに幸あれ・・・・・・

4

コミック化待ってました!

読み始めたのが3話からだったので、ふたりの出会いなどが気になっていた作品です。

たった20万で自分を殺しにきたアオイを、金に困っているなら飼ってやろうと言った栗原。
アオイはそんな栗原に「情人」として飼われることに。
ヤりに来ては金を置いて帰る。
アオイは監禁されている、栗原の元におかれているのではなく、アパートを与えられ自由に外出もアルバイトも出来る生活。
それでも逃げないのは、栗原を殺そうとした負い目か、いつの間にか好きになってしまい離れたくないという感情が強いのか?
多分両方かなぁ、と思うのです。
好き勝手酷い扱いをされるのは栗原を殺そうとした自分が受ける当然の報いで、そんな扱いをされても好きになっていく感情は止められず。
こんな関係でもいいから、逢いたい傍にいる時間が欲しい。
突然やってくる栗原のためにビールを用意したり、と栗原を気にかける所も良かったです。
体は犯されても、心までは…と思うに、どんどんと入り込んでくる栗原の存在の大きさに想い悩んだりとアオイの心は相当傾いてる。

栗原は栗原でアオイには見せないけれど、自分の感情に戸惑っている表情が良続きかった。
ガラじゃない、ただの遊びだ情人だと思っていたのに、だんだんと心惹かれて栗原がアオイと過ごす時間の中で感じる感情の揺れの表現が良かったです。
それは口元の歪みだったり、握ったこぶしだったり、苦い表情だったり。

話が進むにつれ、アオイは既に栗原に囚われていて、玩具として扱われることにだんだんと切なく耐えられなくなっていく。
情人ではなくもっと、違う関係になりたい。
自分をもっと見てほしい、愛して欲しい。
でも、情人として扱われている間は自分は今の関係から前に進めない。

栗原はアオイへの感情に自覚を持ち始め、アオイを遠ざけようとする。
けれど、アオイの栗原を想う感情はそんことぐらいでは消えず、いったんは離れるものの栗原かかってきた別れの電話によって気持ちを抑えられなくなり…
気持ちを通じ合わせ、栗原がアオイを掻き寄せ抱きしめるコマがどうしようもなく、萌えました。
栗原の必死そうな表情が、もうもう!

雑誌付録冊子に掲載されていたケモ耳・尻尾4コマ『いろ』がとってもキュート!
ちびキャラが猛烈に可愛い。
本編に漂うのは回りくどい仄かなラブって感じですが、この4コマは本編にはないストレートなラブが溢れ出ています。
本編よりも私的にはこの4コマが再び読めて満足。
描き下ろし『メールとしゃていと栗原』こちらも頭身の低いちびキャラでした。
栗原がとってもアオイを大好きで、メールの絵文字の大切さを再認識。
絵文字のハートを貰うべく、頑張った結果がこれか!ですね。
男の子ですから、こんなもんです。

『スノーマン』
出だしが切ないですが、最後はとってもほんわか暖かな気持ちになれる作品でした。
出稼ぎのヤモメ男と私設育ちの男の子の話。
攻めさんが方言で喋る暖かいキャラで、受けのヒカルを可愛がるシーンが好きだなぁ。

『またいつかここで』
忘れさられようとしていた祠に住むネズミの神様と狩人の話。
イタしてはいませんが、ことらの話の漂う雰囲気が素直に「あーこういう作品好き」と思わせられる。
アンソロジーの『不細工特集』に掲載だったそうで、受けのネズミの神様はソバカスのあるやんちゃぽい顔でした。
普通に可愛いよ!と。

絵柄もあるかもしれませんが、ちゃんと受けがしっかり骨格が『男』しているのが大変良いです。
恒例のちまっとしたキャラのイラスト付き作品紹介もあって満足!

6

耳・尻尾はないけれど、やはり動物を連想してしまうww

琥狗作品にしては珍しく現代モノがフューチャーされた一冊。
カプがどうして相手を好きになるかとか、その過程や具体的な事が描かれていないと、不発に終わったりする作品もあるけれど、自分には、これは、そこまで詳しく描きこまれていなくてもそれで納得でき、この関係が好きだーと思える作品でした。

ヤクザの栗原を狙ってナイフ一本で突っ込んで失敗するアオイ。
その場で捕えられ、はした金で請け負っていたのを見て、金に困っているなら俺が飼ってやると情人生活が始まる-
身体だけの関係で、来てはヤり金を置いて帰る。
でも、そこにほんの些細な優しさが垣間見えて、不器用な大型犬のように見えて見えて仕方がなく、こちら側も何だか可愛らしく愛おしく見えてくる栗原なのです。
痩せてるからもっと喰えと、金をよこし、アオイが襲われそうになればヒーローのように助け、渋い男前なヤクザな感じがツボで好みだったのでした!
もう、栗原から逃れられないと思っているアオイですが、ペットではなく自立しようとするところ、ちゃんとヘタレでない男の子してます!
途中面倒見のいい刑事さんなんかも出てきて、アオイは栗原から逃れようと続き思えばできるのにしない、栗原にたべさせてあげようとレストランでコック見習いをするのも、何気に健気で、、、描き下ろしでアオイはウサギに例えられてますが、ガタイはいいけれどそんな雰囲気は満点でした♪
その描き下ろし、欲のないアオイもかわいらしいが、そのアオイ大好きがにじみ出ている大型ワンコの栗原もかわいかったデスw

色々具体的でなくてもこの雰囲気だけで好きっていうのは、作家さんが好きっていうのもあるかもしれませんが、キャラがもうそれだけで好きっていうのもあるかもしれません。

『スノーマン』
人と親密になると、雪が溶けるように亡くなってしまうのが怖くて、深く交わることができない孤児のヒカルと、現場で同室になって出稼ぎで働きに来ているユキオという子持ちの男のお話。
これは~~方言萌えですww
しかも東北弁で♪♪いやぁ、純朴な感じでなんかいいっすねぇv
ガタイがいいからクマさんみたいなんですが、そんな大男が東北弁で嬉しそうにしゃべるの、エチの時も甘い言葉も・・・萌え萌えしまっすっ!!
しかもこのユキオ、奥さんに先立たれて娘一人叔父の家に残してきているっていう男ヤモメ。
自分的に萌え要素が満載でしたwww

『またいつかここで』
不細工特集に載った作品ですので割愛。
今では村人に忘れ去られた小さな祠の神様と、毎日お供えにくる村の漁師のお話。
ネズミが糸と針を背負ってという、いかにも神様な姿に何か神様好きツボを押されたような作品でした。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ