男子迷路

男子迷路
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×27
  • 萌11
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

194

レビュー数
11
得点
106
評価数
27件
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
作品演出・監督
阿部信行
脚本
外原祥子
原画・イラスト
阿仁谷ユイジ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
リブレ、特定書店予約特典・トークCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

ちょい悪バーテンダー、鬼モテ・スタイリスト、遊び人の大学職員、マジメ塾講師、小悪魔高校生など…恋におちたあらゆる男子たちが、それぞれの恋愛事情で翻弄。
ポップでエロティックで純情で切ない…BLレボリューション阿仁谷ユイジが贈る恋愛男子キャラクターリレー・オムニバス。
豪華キャストでドラマCD化!!

表題作 線の上でトモダチ

児玉中 → 羽多野渉

星野心 → 立花慎之介

大貫まさみ → 安元洋貴

楚川達人 → 野島裕史

伴内肯一 → 鈴木達央

猿谷人志 → 梶裕貴

大山のぶや → 岸尾だいすけ

伴内要一 → 鳥海浩輔

その他キャラ
大貫ようこ[松岡由貴]

評価・レビューする

レビュー投稿数11

野島兄がエロすぎる。

まず、声優さんがとても豪華です!好きな声優さんがお一人でも出演されているということでしたら、有無を言わずに聞いて欲しいです。

また、、オムニバス形式ですが、ブツリと切れることなく作品一つ一つが繋がりをもっていたので、原作未読でも全体的に楽しむことができました。

オネエ役の鳥海さんの面白さも去ることながら、フランス語で喘いでいた野島さんにはやられました///これはエロい。色気が溢れ出ている。野島さんに耳元で「ぐちゃぐちゃにして?」と囁かれたときは悶絶しました。

総合的には4つとも良かったです。オススメです♩

1

理想的なオムニバス作品

原作既読です。豪華な声優陣をはじめ、理想的な音声化作品で大満足です。横に繋がっていく原作の世界観を壊さず、短いけれど聴き応えのあるドラマになっています。ちゃんと笑える作品に仕上がっているのもすごいなぁと思います。

どのキャストもピッタリで好演していますが、MVPはハイテンションなBを演じた鳥海さん!また、岸尾さんのブリ声って苦手なこともあるのですが、このドラは可愛く素直で攻っぽさもあり、素晴らしいです。BLCDには珍しい、女の子キャラのモノローグも良かったです。

彼らの気になる「その後」が掲載された「完全な飼育」もぜひ音声化を…!と思うのですが、今となっては難しそうですネ。

0

豪華声優そして慎様。

前から気になってはいましたが、
さまざまなカプ(?)が楽しめるみたいなんで聴いてみました。
原作未読です。
皆さん仰ってますけど、やはり児玉×心カプが!最☆高!!
慎様あぁぁぁぁ//←なんて可愛いのっ。羽多野さんもィィ☆☆
あと、野島兄。あの方は本当に偉大な方だ…。←
可愛すぎます。可愛すぎるよ。
ウサギ狩り、からすっかり野島兄のトリコになったった。←
安元さんとだし。←
最初にもちょこっと書きましたが、
これは何組かのあまあまカプが頂けるのでねー。お得な感じ??
また、きっしー☆のぎゃんかわヴォイスは賛否両論(?)あるっぽいんですが、
私は大好きです♡可愛い。
鳥さんもいい味出してたしー♡笑

1

なんだかんだで初ユイジ作品

でございました。

原作未読です。4つの短編が収録されています。それぞれのCPが特質する部分があって楽しめました。

今週は個人的に慎ちゃん強化週間ですので「線の上でトモダチ」がお気に入りになりました。これまた個人的な話ですが『攻←受』な片思いものが大好きなんですが、ここまで受が攻を大大大大好きぃいい!!みたいなのは初めてだったので一瞬どうかと思いましたがこれはこれで可愛くってこういうのもいいなと思いました。
児玉は心のアプローチをはっきり拒否しながらも結局甘やかして赦しちゃってて…心をなだめる羽多野さんの演技グッジョブでした。
そして何より慎ちゃんの演技にきゅーんってなりました。くそかわいいわ!!そしてエロいエロい。普段からお声が色っぽいというのにこれはもう反則ですよ!!ギャップもよかったですね。ようこと2人の時はちょっとクールな感じなのに児玉というときは積極的に煽って行っちゃうのがたまらなかったです。

4つを通して素晴らしかったです。キャスティングも、演技も文句なしです。

2

勿論お得!だけども…

素晴らしいキャスト陣です!!
「わぁ!」って思わず目がハートマークになるくらいのw

オムニバスなので、当然一話一話メインが変わってきてしまいます。
ですので「……もっと聴きたいのになぁ」という
ちょっと消化不良感が残ってしまいました…。
原作のコミックスはあんまりそんな気にならなかったんですが。不思議。

思いがけず羽多野さんの児玉に持っていかれました!!
年下攻めイメージ定着しまくりでしたが(勝手に)
同年代でも全然イケる!!つか妙な色気!!
キス音がエッチでムラムラ~w
立花さんの、泣きながら「嫌いになんないで」にきゅん…。

安元さん…意外過ぎました…。
失礼承知で言わせていただきますが、
全然まさみたんじゃなーい!!
悪い男、って事でのキャスティング???
でも私には違ってて、「OH,NO!!」でした…(←?)
とは言いながら、最後のセリフ「死んじゃうもん」は良かったw
一方の野島兄さん!!私にとってのMVP----!!!
(贔屓目と言われればそれまでですが;)
色っぽすぎてどうしてくれよう!!!
はぁぁぁぁ、やっぱり啼かせたくな続きってしまうんですよ…。
…そういえばこちら、『ウサギ狩り』のカプでしたねぇ…。

鈴木さん、相変わらず演技派ですね。
梶くんは若人役がお似合いすぎ!!

意外にも(そうでもないのかな?)
鳥海さんと鈴木さんのお声の感じが似ていて、
双子設定なのでナイスキャスティング!とここはとても思いました♪
しかし鳥海さんのはじけっぷりに、つい感動してしまうw
岸尾さんは可愛すぎたなぁ……。
役どころの所為なのは勿論わかるんですけども…。
可愛らしすぎるお声、ちょっと苦手なもので;;
岸尾さんの地声は好きです!!

「きゃあ♡」と「…うーん」があったりしたので
なんとなく萌、です。

トークCDは、仲が良さげなだいさくさんと鳥さんが可愛かった。
でも、そんなに内容として面白かったか?と聞かれたら…どうかなw
長時間の収録でお疲れで妙なテンションが微笑ましい。
これでお酒入ったらどうなるの??と興味がわいてしまいました☆

1

個性のある4組のカップル

原作既読です。
それぞれのカップルを個性的に声優さん皆が演じられていて、楽しい一枚でした。

原作では一話目の心x児玉カップルが好きだったのですが、ドラマCDでもこのカップルに一番萌えました。
このカップルは攻めと受けがはっきりとは描かれてないのですが、なんとなく受け印象の波多野さんが聴けてよかった。男前系の声なんですけどね。

あとは岸尾さんかな。ちょっと可愛すぎるんですけど・・・。
少年と大人の変換期の男の子の感じがとても出てました。原作の絵のイメージにもよく合ってたと思います。

1

おもろい~!

原作の面白さがドラマCD化で上手く表現出来るのかなーと危惧してたんですが、これが見事に面白かった!
キャストがドンぴしゃで、それぞれ上手いってのもあるんですが会話のテンポやモノローグのトーンが聞いてて気持ちイイ~!
所々クスッと声出して笑っちゃいました。
少しずつ登場人物がリンクしてるオムニバスで、その人物関係は説明するとややこしくなるんですが聞いてみればスッと頭に入りますので分かりやすい。
自分は平気なんですが、1話目は女の子の登場シーン多くてほぼメイン2人男子と女の子との3人の話なので苦手な方はそこは要注意かも。
でもオムニバスの1話だけなので気にする程じゃないと思います。
しっかしここまでブリ声の岸尾さんは久々に聞きましたよ、やりすぎな位のブリブリ声なんですがそこが良い!
しかもこんな可愛い声でバリタチとか、ちんこデカイとかおもろいよ!
脚本良し、演出良し、演技良しと実にバランス良い作品。
キャストも豪華だし色んな話楽しめるしおもろいしですんごいお得感ありました。
原作未読でも十分楽しめる内容だと思います(でも原作もおもろいよ!)

1

悩める男子たちのぐるぐる恋模様

阿仁谷ユイジ スキ~・達央攻めスキ~なので買いしましたが
やっぱり面白かった~♪
1トラック(1ストーリー)10分前後でそんなに長くは無いんですが
話しはきっちりまとまっているし、カップル毎にちゃんとえちシーンも
しっかりあるので短さを感じなかったです。
中×心・ドラ×要一は2トラック使っているので内容もミッシリ。
作品の世界観そのままのCDになっていると思います。
BGMも邪魔にならず、でも存在感があってよかったです。

「心」を演じている立花慎之介さん。…なんてエロぃ声出すんですか///
そして羽多野渉さん?かな?声優さんにはまだ疎くてどっちが出してたか
分からないんですが、キス声(音?)が満載で大満足でしたw

原作を先に読んでいるので、大山のぶや(ドラ)が攻めだと知ってたんですが、岸尾だいすけさんの「俺…バリタチだよ?」「えへへ。もう…でちゃった」には死ぬかとっ!同じ台詞でも文章と音声ではこんなにも違って見える(聞こえる?)んですね…

それと、私的にはフリートークが素晴らしかったです。
私は作品の中にいつまでもどっぷり漬かっていたいタイプなので続き
今までフリートークが付いてるCDを買っても聞いてなかったんです。
聞けなかった と言うか…。

でもフリトだけで20分もあるし、大山のぶやを演じていた岸尾だいすけ
さんの声がすっごく可愛かったので「素はどんな声なんだろう」と
ドキドキしながら初めて「フリートーク」を聞いたんですが…
ふつーに男の人の声でビックリしました(当たり前;)
BLCDを聞くた度に、声優さんってホントすごい。
っていつも思ってますが、改めて…やっぱり声優さんってスゴイ!
演じているときはあんな可愛らしい声だったのに、素はやっぱり
大人の男の人なのね!

鳥海浩輔さんとの掛け合いも、ほのぼのまったりしてて楽しかったです。
「もしかしてあそこの?」「いや違~う」って「あそこ」で通じてしまう
2人の仲の良さがすっごく気になり…
フリトって…面白いですねw

これキッカケでフリトの楽しさを知ったので、そういう意味でも
「神」を付けさせて頂きました。

1

うわー、面白かった

同じ世界のなかに存在するいろんなカップルのお話。
豪華キャストによる四つの恋、短いのに一つ一つが個性的で、スゲー面白かったです。
短編特有の物足りなさ感がまったくなかったし。
これ、原作が素晴らしいんだろうなァと思いました。場面の切り取り方やセリフのチョイスが秀逸なんだよね。
原作未読ですが、読んでみたくなりました。読みます。

声優陣は実力派ばかりでみなさま素晴らしかったんですが、このCDのなかで一番良かったのは、サガンさんと同じく野島裕史さん。
ああもう…野島さんの美人受けってなんでこんなに素晴らしいんだ…!
濡れ場の喘ぎ声の麗しさ、正座して数回リピして拝聴いたしました。ごちそうさまです。

ストーリー的には、『ラブリーモンキーベイベー』が好きでした。
受け(梶さん)のお馬鹿っぷりがタマランです。

あと岸尾さん!
最年少(だよね?)のキュートな見た目の役で、最初のブリブリ声に吹きそうになりました。でも違和感なくできるのがスゲェ。
なのにバリタチで巨チン!ええ、まんまとギャップ萌えいたしました。

とにかく大満足のCDでした。

2

どれも素敵だが、裕史さんが大賞vv

『線の上でトモダチ』『LOVEのトートロジー』(心×中編)
心は中のことが好き。
振られても振られても好き。
中は…。

最初はキャストから中×心かと思ったんですけどね、心×中でした。
とはいっても、最後まではないんですけども。
それよりも前段階というかなんというか。
心が中をオカズに中の前で1人でやってるくらいです(中公認で)
あ、キスはあります。
中がちょっとズルいのかな?
なので、くっつかない。
傍目から見ればくっついてるも同然なんだけども。
中はこのまま、平行線をずっと保つつもりなのかなぁ…。
立花くんがちょっと騒々しい感じのキャラです。
で、1人えちの時はなかなか色っぽい声とか出す。
ので、受かなーと思ったんですけどね。
攻めたいらしいです。
だからと言って、羽多野くんも決して受声なわけではなくて。
なので、結局、最終的に中×心でもいいのかなって思わなくもないんですけども。
ま、こういう中みたいな子が攻められるってのも好きなシチュではるのですが。
「~トートロジー」の方は語り手が中の元カノで2人の友達でもあるようこになるのですが。
続き第3者から見た2人の関係といった感じでしょうか。

『悪い男』(まさみ×楚川編)
まさみの理想は相手に「ヒドイ男」と言われるほどに相手をメロメロにして手酷く扱うこと。
今回も楚川にそう言わせようとするのだが…。

ぎゃー、裕史さん素敵ッッvvvvv
裕史さん演じる楚川は世界を股にかけるメイクアップアーティスト。
しかも、周りからは「ビッチ」とか言われちゃったりしてて。
なので色気ムンムン、フェロモンどっさり☆
まさみはそんな楚川にさえ「ヒドイ男」と言われたいと思うんだが。
ここでまた裕史さんの素敵炸裂。
楚川が泣いた!
ビッチと呼ばれる人だって本気になることだってあるわけで。
それでも、素直になれなくて布団にもぐって顔見せなかったりするんですよ。
で、それを無理矢理顔出させたら泣いてた!みたいな。
もう、この楚川モロ好みな気がしてなりませんvv
そんな楚川にはさすがのまさみもたじたじ。
というか、結局は惚れたもん負けみたいな。
あと、楚川がベッドの中で気持ちいい時とかフランス語で喘いだり(?)するのですがちょっと笑えます。
なんかグジュグジュいってるところがあって、意味もその音に近いものだったのには驚き。
その意味を聞かれまさみの耳元で囁く楚川がまた素敵なんですがー!!

『ラブリーモンキーベイベー』(肯一×猿谷編)
(あらすじ)
ある日、肯一は猿谷に別れを告げらる。
猿谷は新しい恋人を守ろうとするのだが…。
(感想)
西遊記をモチーフにしたお話。
一生懸命暴れ回っても掌の上だったね、みたいな。
音楽もそれに合わせて中華風。
語り手は肯一でたっつん(鈴木さん)が淡々と語ってくれるんだが、なかなか腹黒そうというか計算高い感じが出てました。
結構好きです。
そして、猿谷の梶くんはキャンキャン吠えてるんだけども、最後に残る真実になんか可愛げを感じます。
肯一が手離せないのもわかるような。

『夢か現か狂戦士』『恋フォルダ、上書き保存。』(ドラ×要一編)
肯一にあしらわれたドラは偶然、肯一を見つけ恨み事をぶつける。
ところがそれは肯一と双子の要一で。

まさかの岸尾さん攻!(笑)
いや、ま、これは可愛い系の攻なのでありっちゃーありなのですが。
とにかくドラは可愛かった。
イラッとするくらい可愛かった(笑)
なんで「ドラ」ってあだ名なんだろうって思ってたけど、本名見て納得。
一方の要一は昼間は大学職員、夜は女装しちゃうオカマ。
もう、鳥ちゃん(鳥海さん)のオカマがステキすぎる!
ガッツリ3枚目のオカマでほかの話でも登場してはギャーギャー騒いでます。
それでいて、最終的にドラに手解きという段になると色っぽい声も満載なんだ。
1つの作品でこれだけ振り幅のある役も珍しいんじゃないだろうか。
でも素敵なんだーvv

特典フリトCDは鳥ちゃんと岸尾さんのみでした。
一応、この2人がメインになるのかな?
この2人なので、というかだいさくなので?内容的にはゆるかったです。

実はそれほどこのCD期待してなかったんですよね。
ただ好きキャストが結構出てたので買っといてもいいかなーくらいで。
けれど、聞いてみたら意外と面白かった。
それぞれにお話はあるけどそれとなく繋がってて。

個人的に今回の1番はやっぱ裕史さん。
フェロモンにやられた上に、涙でグッと持ってかれた。
鳥ちゃんも色っぽかったしー。
どのお話もそれぞれに印象的で素敵。
続きがあるなら見てみたいのは心×中かな。

2

多分お得、きっとお得。

原作が、登場キャラがちょっとずつリンクしながら続くオムニバスなので、この1枚物のCDの中に、実に4.5カップル(4.75位かも)のお話がつまっています。
そのそれぞれに、それなりに、関係性を語る部分と、ちゃんとエチなシーンがしっかり盛り込まれているので、実際の収録時間以上に、たっぷり満腹な感じです。

心&中組:一応このカップルは、心が一方的に中を好きで…って言う設定なので、実は作中では身体的な受け攻めは、まだはっきり決定していません。
好きの度合いで言うと、やっぱり心の攻めなのかな?
でも、この二人の1.5人エッチシーン、慎ちゃんの泣き喘ぎがめっちゃえろい。
声が出るのを押さえるためだけって言いながらの、羽多野さんのがっつきキスブレスもおいしい。

そんな感じで、最初のトラックから、かなり飛ばしてます。
これに続く他のカップルだと、キャラの設定年齢も上がるので、ラブの捻くれ具合もアップしますが、どうしようもない位、お互いメロメロなバカップルなのは共通なので、デレデレ楽しい。

予約特典のトークCDは、あんなに登場キャラがいたのに鳥海さんと岸尾さんのお二人だけで約続き20分弱。
一応、鳥海さん演じるBこと要一だけが全編にわたって登場するし、このカップルのお話が最後なので、鳥海さんに敬意を表しつつ、最後まで残っていた二人でって事なのかな。
昔なじみのお二人で、長時間収録で疲れたねって、まったりおしゃべりしてました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ