恋してよベイビィ

koishiteyo baby

恋してよベイビィ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796401616

あらすじ

「好きです。俺とつき合って下さい」
「セ、センセ、何やってんスか!?」
人生初、男子に告られた!…と思ったら、男子学生に変装した物理の上野先生だった!! お試し期間として、なぜか毎日会う事になったんだけど、先生、俺に尽くしすぎ。手作り弁当とか、先生だって忙しいのに。そんなに無理させるつもりなんてないからと、「もう会わない!」と言ってしまうが、先生の健気アタックはエスカレートして…!?
シリーズ作『好きなんだベイビィ』のウザイケメン×真面目メガネくんも登場!

収録作品:恋してよベイビィ/好きなんだベイビィ/そんなところも憎めない
(出版社より)

表題作恋してよベイビィ

教え子の高校生 豊津真実
物理の高校教師 上野凛

同時収録作品好きなんだベイビィ

イタリア帰りの帰国子女 汐ノ宮鳴海
母子家庭の特待生 柏原麻弥

同時収録作品そんなところも憎めない

引きこもりのゲームクリエイター 東寺誠 (高3)
世話焼きタイプ 三山木竜輔(高3)

その他の収録作品

  • 恋してよベイビィ その後
  • あとがき(カバー下)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

甘い絵だから分かりにくいですが結構怖い健気ですよ。

ねねこさんの漫画の主人公は
「あー、ねねこさんだなぁ・・・」
という感じの特徴がはっきりあることがおおいんですけど、この中にある恋してよベイビィは典型的だと思います。

片方が異常なほどの愛情をどどっと押し付け、それに最初は非常に迷惑なのにほだされるというより押し流されてしまう感じ。
お試し期間でいいから、お弁当作るから。先生では気が引けるだろうから男生徒で告白するから。女の子の方がよければ女の子になるから!とガンガン豊津君に迫る上野先生は健気、というよりはむしろ強引だと思います。
ねねこさんの甘い顔の絵柄で無かったら結構怖い人になってもおかしくないかも。

カップリングの「好きなんだベイビィ」は続編。
やっと自分のすきを認識したのに感覚が友達に戻ってしまった?とやきもきする理由が実は自分たちで言い出した「清い交際やりましょう」という足かせだったという。
その結果結ばれたシーンが下品過ぎず隠しすぎずのすらっとしたエロさが萌えつつ滾る。攻めはいつの間にか脱い出ることが多いBLで、服を脱ぐ途中の攻めの絵は久々に見た気がする。

1

DENPA系先生

先生!こんなんでいいんですか~~!!
こんな先生いたらいいと思うけど、それでも先生なんですか~~!!
な、とっても積極的な妖精ちゃん先生襲い受けです(爆!)
でも、ちゃんと教師をしてる時は見た目厳し目でキリっとした人みたいなんですよね。それが・・・
生徒が好きになったからって、男子高生の格好して告白ぅ~~!?
毎日お弁当作って、生徒が好きといえば、医者のコスプレ、女子高生のコスプレ、毎日チョコレート、、、
健気はいいんだけど、そこまで一途になる先生に頭が下がりました。
そりゃ、生徒も降参しますわなwww

『好きなんだベイビィ』は昨年秋に出た作品の続編。
前作ではおつきあいするまでで終わりでしたから、今回はいよいよ!?
真面目で特待生の麻耶ちゃんがいよいよ自覚して、鳴海じゃないと、鳴海ならそうなってもいいと思えるようになったんだから、すごい成長よね。
前作の時は、同時収録のアラブ受けに萌えが持って行かれちゃいましたが、今回は成長した二人の分だけ、面白かったデス。
鳴海は確かイタリア帰りの結構なプレイボーイだったと思うから、そっちも強そうってか、テクニシャン?
続き
でも、そういう風に見えるのに、麻耶ちゃんがその気になるまでよく我慢したよな、って思います。
裏を返せば、それだけスキだったって、大事にしたいって思ってたってことよね。

『そんなところも憎めない』
高校生にして天才ゲームクリエーターとして活躍している同級生で幼馴染のマコに流されてしまうのが悩みの竜。
天然で一見受けそうなマコが攻めというのがツボ。
作者さん的には、リバ可能カプだそうです。
ってか、そういう設定ならリバしてくれ~~~!!
と、リバ好きは思うのですよ♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ