堕ちた太陽

堕ちた太陽
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775517567

あらすじ

どこに行ってもチヤホヤされる出来すぎの義兄・寛、その聖人君子的振るまいに隠された素顔は、魔性ドS。一方、義兄との“器の違い”を自覚する卑屈な義弟・瑰は、非道な言動をしながらも実はドMの甘ったれブラコン。同じ隊で戦地へ送り込まれたふたりを待ち受ける運命は──!? 濃い執着で結ばれた義兄弟を中心に、一癖も二癖もありそうな男たちが織り成す笑撃ピュアラブ!!! 見逃せない描き下ろし番外編は、ズバリ「初恋」v

表題作堕ちた太陽

義弟 槐/元従者 岡崎務/ゲリラ グァン/敵指揮官
帝国軍連隊長 藤見寛/副隊長 藤見槐

その他の収録作品

  • 番外~二つの太陽~
  • 番外~初恋~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

素直になればいい?

九州男児さんの作品、いつもバカだなーって素直に笑っていいものか、ひょっとして何か訴えたいものがあるんだろうか?と裏を探ってみたり、単純に腹の底から笑えない複雑さを醸し出すんですが、今回も実に気持ちは複雑。
多分シリアスよりはギャグなんだと思いますが、いつも紙一重だからな~w

というのも、多分太平洋戦争期の満州あたりの大陸でのお話。
やけにリアルに民族や戦争の本質というものに触れていて、それを男色という部分やキャラクターでお笑いにして茶化しているんだけど、背景が背景だけにこれこそ複雑・・・
日本帝国軍の菜っ葉服は萌えないんですよーーー(涙)
まだ大竹直子さんの「美」みたいなものが備われば萌えに転換するのですが、泥臭い菜っ葉服・・・

誰からも愛される中隊隊長の寛と、それを妬む副隊長の槐。
しかし、槐は実は義兄である寛が本当は好きなんだけどという密かな愛を抱いていて。
でも、何かと優秀な兄と比較され虐げられてきたことから素直になれず、寛に意地悪をしようとするが、隊長を愛する部下たちによってことごとく邪魔されて・・・という禁断の兄弟愛も含みながら。
実は寛はしたたかで続き策略家な面を持ち、槐に対してもという、兄弟して愛と憎しみが背中合わせの感情をもっていて、、という簡単そうで複雑な関係がある。
そこに、地元民のゲリラや解放軍の指揮官が絡みながら、何だか戦争の無意味さを解いているような内容にも・・・・?
寛という、誰をも虜にする愛される男によって皆が救われるというお話でいい?

もし単純にギャグを愉しむものだとしたら、さほど面白くなくて、いつもの九州男児さんのお決まりのボケ展開なんです。
色々深く考えなくていいのかな?
普通のBLのドラマ展開だって、こういう展開があるのだから、そこにギャグ要素が入って、円団をお笑い的オチにしたという捉え方でもいいような気がするし・・・
つい、色々考えてしまう九州男児作品はクセモノなのです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ