いけ好かない男

ikesukanai otoko

いけ好かない男
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×214
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
127
評価数
33件
平均
3.9 / 5
神率
24.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344823945

あらすじ

可愛い弟を手ひどく振った男・仁科に、自分の美貌を使って復讐しようと近づく蓮だが、全て見破られたあげく激しいキスをされて…。
(出版社より)

表題作いけ好かない男

大手化学品メーカー研究所研究部勤務・仁科櫂24歳
同研究所研分析センター勤務・春口蓮27歳ブラコン

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

hard to say I love you

サドっ気たっぷりの攻と靡かないと思っていてもめろめろにされてる受、なかなか素直になれないふたりですが、もう傍から見てるとすでにあまあまモード全開な楽しい作品でした。

ゲイの亮太は合コンに参加してそこで高校の時に好きだった同級生に再会して好きだと告白してすぐ玉砕。その男は兄 蓮の同僚でもあった。
蓮は弟の為に同僚の仁科を口説き落として復讐をしようとするが…

弟の復讐をしようとして反対に手玉にとられてしまう蓮。でも仁科もまた蓮に惹かれていって、ノンケ同士のふたりがお互いを認め合うまでの物語り。

仁科を落とそうと色仕掛けをしてもすぐにバレて反対にキスだけでめろめろにされちゃうお兄ちゃん蓮はかわいいです。それから落としてみろと挑発されても連敗続き、そしていつの間にやらな展開です。
で、仁科もいつの間にやらで、蓮の弟を振った男なのにその弟亮太に協力してもらったり、蓮は蓮で弟の想い人なのにと悩んだり、そのすったもんだが楽しいです。

最終的には涼太にも恋人が出来たみたいで、お兄ちゃん達もすれ違いがまるっと片付いてハッピーエンド♪

読んでいて、後の展開や結末も見えすぎ続きるほど見えちゃいますが、小気味いいほどの流れなので満足度高いです。

2

結局食べられるw

可愛いゲイの弟の為に、弟をふった男に復讐すべく頑張る兄の話でしたw
弟は歳に似合わず可愛い感じで、それをかなりのブラコンぶりを発揮する受け様でもある兄ですが、
弟をふった相手をぎゃふんと言わせるために
お色気作戦で自分を好きにさせる・・・という凄い計画だったのですが
結局、受け様は自分でどつぼにはまり
受け様が攻め様の事を好きになってしまうというw

受け様も実際、お色気作戦が失敗に終わったとがっかりしていました
成功したらしくて攻め様も・・・

お互いがなんだか頑固なためにすれ違ってばかりでしたが
結局はめでたしめでたしだったんです(;´Д`)

受け様の弟は可愛いとばかりと思っていましたが
その世界ではけっこうオイタしてたみたいですw

0

お兄ちゃんの

性的経験値はいかほど?

まさかのドーテーくん?
自分の美しさは、ある程度認識しているのよね?

なかなか、おちゃめなラブコメで、楽しいのは間違いないです。
ただ、これはコミックで読みたい感じだったな。
涼太の愛らしさや、蓮の美人さ、仁科の格好良さ、
外見を言葉でいっぱい説明しているけど、今ひとつ伝わってこないというか、
お話の主題その物が、自分でも訳もわからず恋に落ちて右往左往するって所で、その右往左往の渦中にいる蓮の混乱ぶりを楽しむお話だから、これはこれでいいんだとも思うんだけど、
でも、絵だったら一発でわかるし、マンガだったら雰囲気で流してもいいところが、小説だとちょっと物足りなさにつながるような気がしたの。
あと、子守のエピソードって、いる?

0

正統派ラブコメBL

これぞBL!という感じの王道リーマンBLでした。よかった!!

松雪さん作品は実はこれが初読みだったのですが、読みやすい文章で、Hシーンは終盤に2回ですがすごくそそる描写でエロくてw、楽しめました!
キスシーンの描かれ方が印象的で色っぽかった。

受はちょっと鈍感でツンデレなブラコン。攻は俺様でゴーインな美男子!!
可愛い弟を振った仕返しに惚れさせて振ってやろう!という作戦を立てた時点でもう・・先が読めてニヤニヤしちゃいましたww
展開がなんとなく読めるところも安心安定の王道な感じでよかったw
ああ。かわいらしい!
軽く読めて胸キュン気分を楽しめる正統派ラブコメです!

0

可愛いな

これは可愛い(*´Д`*)なんてアホの子なのw
松雪さんの本ということで、読みたいと思って買ってはいたのですが
保存しすぎました。でも熟して食べごろ。ぷりんぷりん。

超絶ブラコンな兄(受)が、あの可愛い弟が振られただと!?
どんな奴だ!?なに!?え!?くそぅ!復讐してやる!!!
それも、ノンケだという相手にこれまたノンケな自分が色仕掛けをかけたうえで惚れさせて振ってやる。一大イベントの幕開けなのであります。
始まってそうそうに策略もバレ、手玉に取られている姿が・・
やんごとなく可愛いのであります。なんというかへっぽこw
意地悪でこ憎たらしい攻相手に奮闘する受と~なお話なわけです。
弟には触手は動かなかったものの、このブラコンでなんだか可愛い受に少しずつ心奪われて、それこそ黙阿弥よろしく惚れてしまう攻。
いいように遊ばれていても努力し、奮闘し、最後には・・・な受。

ものすごく可愛いのである。
読み終えて少し時間が経っていることもあるのだが
この二人、、、、イイよw(・∀・)

無防備に寝むっている受の頭を撫でながらの攻の一言
「可愛いな」
これが続き!これがが好きでした!!
こういう無意識な仕草、言葉に萌える。
途中でのエロスが無いぶんの、後半怒涛のエロス。良ぃ!
読後が可愛い作品。一読はしてみてもいいかなと思います

0

ミイラ取りがミイラになって、ミイラがミイラ取りになって最後に二人ともミイラになって(笑)

”淫魔””おやじだらけ”とおやじ作家(すみませんw)な印象が続いた松雪さんの3作目は、軽いタッチのラブコメディ。
超!ブラコンの兄が溺愛する弟を振った男をたらしこんでぎゃふんと言わせるつもりが、いつの間にか気になる存在になってしまって、
そして相手の男も軽くあしらうつもりが、兄の態度が面白くてだんだん惹かれて行ってしまってという、
まさにタイトルにしたような愉快なお話でした。

このお兄ちゃんこと蓮がツンデレ発動する様が楽しいんです♪
大体ノンケのくせに、男を落そうと考えるあたり、
いくら兄弟そろって美形で、多少外見に自信があるからとはいえ、単純バカなその思考が笑っちゃいます。
ちょっと色目を使って誘惑してみて、相手がノってくると、慌てて引いて、
めげずに何だかおんなじ事を繰り返して、
そりゃぁ、相手の男・仁科も蓮の態度を見ているだけでも楽しいってもんでしょうww
しかも、蓮の下心がミエミエなんですから(爆)

そんな駆け引きが楽しい展開も、蓮が真剣に仁科を好きになって来たあたりからちょっと切ないトーンが出現します。
弟が仁科と付き合いだした、という言葉にシ続きョックを受ける蓮。
そして、酔いもあるのですが、自分がほんとうにゲイになってしまったのか確認するために2丁目に乗り込むのです。
他の部分でもそうですが、このストレート思考が魅力ですね♪
って、、、気分は仁科ですよww
助けに来た仁科とその晩結ばれるのですが、蓮に残ったのは弟の好きな人とねてしまったという罪悪感。
大きな山場に流れから当然とはいえ、そこへ弟のアレルギーショック事件も追い打ちをかけて、ヤマ場にひとひねりが加えられて、いい展開を見せます。
そんな点が作者さんのこなれた技だな、、と上手いと思える点の一つでありました。
また、蓮にとって天使のような純粋無垢なはずな弟が結構ビッチ?(大げさだけど)
いや、ちょっと緩めという蓮の過保護が暴露される設定にちょいクスっとさせられます。
仁科が不遜なんですが、基本丁寧語。
それで蓮に鬼畜攻めするのが、エチシーンに面白みを加えてますv

とりたてて珍しいという筋立てではないのですが、キャラクターがとても生きていて、素直に楽しめる作品でした。
やっぱり、この作者さんうまいなーと思います。

1

ブラコン兄の復讐は・・・

弟を溺愛する兄の受け様と弟を振った攻め様との
コミカルラブロマンスでした。
天使のように純粋で愛らしいと日々弟を可愛がるブラコンの
受け様が、ある日泣きながら振られたと言われ、その相手が
自社の人間と知り弟可愛さでその相手の元へ・・・
研究者だから大した顔じゃないだろうと思っていたら
現われたのはまさにイケメンでしかし話しているうちに
弟を振った相手に自分を好きにならせて仕返しをしてやろうと
目論むのですが、あえなくバレて撃沈する受け様。
何度もそんな攻防を続けていくうちに親しくなるのです。
でも弟が好きな相手で、いつの間にか攻め様と付き合う事に
なったと弟に言われたことで、自分の攻め様に対する気持ちが
分かってしまう、そして攻め様と酔った勢いで関係が・・・
そして冷静になった時に、弟の恋人だと気が付き動転
弟への罪悪感で落ち込む受け様、弟へ謝ろうとした時
弟がアレルギーで緊急入院、そんな中で受け様は攻め様に
二度と二人では会わないと攻め様に告げる・・・

ありがちな王道的コミカルロマンスですね。
そして天使の弟が実は小悪魔だったなんてシチュも王道続きかな
ハッピー好き向けの安心して読めるラブコメでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ