サスペンスドラマ

suspense drama

サスペンスドラマ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
26
評価数
8件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778112325

あらすじ

お待たせしました!人気作「ホームドラマ」スピンオフ!

「自分、極度の女性恐怖症でして……」同性しか愛すことのできない風間祐護は、現場での冷静な判断力を買い、警視庁特殊部隊から公安外事特科にと見込んだ後藤清治郎の思いがけない言葉に、同僚や部下には手を出さないと決めていたにもかかわらず不意を突いて唇を重ねてしまう。一方、完璧だと思っていた上司の秘密を知った後藤は、お前と寝たいだけだと笑う風間の真意を測りかねながらも抗いきれず――。

<ペーパー付き>
(出版社より)

表題作サスペンスドラマ

風間に引き抜かれた元SAT 後藤清治郎30歳
警視庁公安外事特科警視 風間祐護32歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

萌える要素はたくさんあるけど…。

「ショコラ文庫創刊1周年記念ショートブック全員サービス」
に応募するため、購入しました。

表紙をめくってみるとカラー口絵が……。
私には少し刺激が強いようです…。

お互いに不器用ながらも、お互いに守り合っているのが良いなと思いました。
どちらも男らしくて良かったです。

今回の評価は「中立」です。
物語もキャラクターも、設定は一つ一つは良かったのですが、
何故か今一つ私の心に響いてきませんでした。
萌える所も確かにありますが、読み終わった後に、
「もしフェアや特典などが無かったら新刊で買いたいとは思わない」
と思ってしまったので、この評価にしました。

0

餌付けカップル

美人上司が年下わんこを餌付けする話。

このわんこが非常に優秀な部下で、仕事には私情や恋愛を持ち込みたくないと思っていたスーパー上司・風間が女装したり、料理したりと、つい一生懸命気を惹こうとしちゃうの。
広義の襲い受けパターンだけど、風間が実に雄らしい男で、欲望が前向き。
対する後藤も、恋愛感情に疎いようでいて、一度着いた火は派手に燃え上がっては見えないけれど、沸々と一途に熱を持ち続けている。

こんな二人がサスペンスドラマの主人公のように、事件の中に身を置いて、生き生きと活躍するのが、単純に事件物としても格好いいし、恋愛の駆け引きも面白い。

安心して楽しめるエンターテインメントでした。

1

ホームドラマのスピンオフ

前作のホームドラマで下半身のだらしないドクターの友人で
大柄で朴訥なイメージのあった後藤が主役のスピンオフです。
前作では既に公安の人間になっていた攻め様ですが今作は
公安に行く前の攻め様がどんな理由で公安に行ったのか
そして攻め様の女性が苦手なびっくり原因が分かる内容で
かなり面白かったですね。
そして美貌の上司の受け様、押せ押せな感じで誘惑してるかと
思えば、意外にヘタレ部分もあったりとプライドが高いくせに
心配性で、甘えたいのに素直になれなかったりと複雑な受け様
そんな二人の不器用な恋人関係と事件とを組み合わせたなかなか
ハードなストーリーになっていました。
まさしくサスペンスドラマの主人公のような二人にドキドキします。
恋愛的な部分で言えば、進んでるようで実は後半まで
ダラダラした感じの付き合いみたいな感じに見えます。
それはひとえに、攻め様の朴訥で真面目過ぎる人間性ですね。
情熱的に一気に燃え上がる恋愛じゃなくて着実に少しずつ
互いの距離を見極めながら近づいている感じでしょうか。
攻め様の強靭な強さに惹かれちゃう内容でした。
そして・・・
続き
おまけの可愛いショートでメロメロに癒されるんです。
前作の主人公のお子様で空汰君が可愛い言い回しでお絵かき披露。
攻め様の名前の後藤と言えないおとーさん発言も可愛いです。
是非成長した姿を見てみたいものですね。

1

こちらもある意味良きパートナーで職場夫夫かも♪

昨年出た「ホームドラマ」で間々田の危機を救った八千草の友人・後藤が主人公となったスピンオフ。
SATから引き抜かれて、上司の風間に付いていく決意が出来る迄と、良いコンビとして出来あがったその2年後の2部構成になっている模様です。
「ホームドラマ」はその中間の2年間の間の出来事のようですねv
そして、そちらの主人公達(特に子供のクータ)も事件に絡んできてその姿を見せてくれるので、何だかお得感満載。
二組の色の違う夫夫を見せてくれています♪

何と言っても、主人公後藤にしても、その上司の風間も、かなり魅力的なキャラクター。
後藤は特異体質でどんなに食べてもすぐエネルギーに変わってしまう、とてもうらやましい(!?)体なんですが、すごく食べること食べること!
そして食べて発散できないと性欲に結び付くって言う設定が・・・(但し相手は片手のようですがww)
すごくストイックで生真面目で悪く言えば朴念仁っぽいのに、獣に変身する絶倫になる部分とか、そうでない正常時は律儀で健気で男前で気持ちいい性格なのが、とっても魅力的v
あと、女嫌い設定なんですが、そのトラウマに笑ってしまう!(か続きわいそうだけど・・・)

一方、後藤を見出してスカウトする風間に下心がないと言えば嘘になりますが、一見何もかもスマートなのに、ちょっと悩んでみたりヘタレてみたり、パーフェクトなようでいて弱さを出す部分と、駆け引きの潔さの部分なんかが魅力的でした。

風間は後藤を引きぬくに当たって過去を色々調べて、彼の恋愛遍歴まで知ってるんです。
それで何気に捜査を装って自ら女装作戦に出るあたり(仕事的には成功でも、恋愛的には空ぶりw)、今まで他の外事課モノの小説に出てくる上司と違ってかなり積極的で、自らが動くタイプの珍しいキャリアでしたよv
そんな部分も楽しめるのですが、一つ残念なのは、後藤に気があるかも?と風間が危惧していた後藤の同僚になる三宅という男。
彼が後半の事件のネタ流しをするのですが、何かひょとして陰謀に絡んで?なんて複雑なものを期待したら、ちょっとそこは肩すかしで終わってしまいましたね~
三宅、ほんとうは後藤が好きだったのかな?風間の部下に戻りたいって言ってたけど、戻らせてもらえたのかな?
そんな部分も気になるんですが・・・ひょっとして次は三宅が主人公?www
後半部分、この課はチームのはずなのに、後藤と風間だけが活躍して他のメンバーが出てきませんでした。ちょっとそこがアレ?と思った部分ですが、いなくても別にさしさわりないからいいかw

本間アキラさんのイラストがとにかく抜群です!
体の描き方、変にポーズしてない自然な動作が描かれていて、話に馴染みます。
いや~実にいいイラストでした!!
いっそクータくんのイラストおまけで載せてくれればよかったのにwww
あとがきには、そのクータ話がおまけとして載っています。
こいつ、只モノじゃないぜ!将来が愉しみです♪♪

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ