超ケダモノ男子×草食系男子のあぶないラブ・バトル!

恋する虎はキスをする

koisuru tora wa kiss wo suru

恋する虎はキスをする
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×29
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
57
評価数
19件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784041201121

あらすじ

貧乏な大学3年生、國場敏明は大学1年生で男嫌いの御曹司、来栖アキの家庭教師になった。そんなアキの部屋で同居することになってしまい…!?

表題作恋する虎はキスをする

来栖アキ 大学1年生
國場敏明 大学3年生

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ラブバトル!

男が嫌いなワガママお坊ちゃまに振り回される、大学主席の頭脳を持つ貧乏学生の、ケダモノ男子と草食男子の恋のお話です。

國場が頼まれた家庭教師の相手は、有名メーカーの御曹司でロシア人とのクォーターで女好きケダモノと噂される来栖でした。おまけに、男が大っ嫌いで。
断りたいけど、お金のためにやるしかない國場に、案の定生意気な態度の来栖。そんな来栖に、國場は辞めるのを覚悟して、殴って怒ります。
そんな態度を取っても約束を果たす國場に、来栖も心を許していきます。

それからの来栖の、國場を手に入れようとする姿が、ケダモノっぽくて良かったです。昔の遊び相手から國場を守って、國場への想いをはっきりと言った時には、カッコ良くてキュンとなります。國場のために、一生懸命自分を変えようとした姿にもジンとくるし。
國場も、自分にだけ懐く来栖が可愛くなってきます。ちょっと素直になるのが遅いとモンモンとなる時もあったけど、意外と男らしくて好きです。特に、来栖が悪口を言われた時にかばったところで、キュンとなります。

加門さんの作品の中ではエロさが少ないけど、たまには内容重視なこういうのもイイなと続き思える1冊です。

2

えろ描写が濃くない・・・だと!?

えろがなくてもサエコさん作品は魅力的だと
思わせてくれた漫画でした。
いつもサエコさんにはえろを求めて購入していたので
そんな自分が恥ずかしくなりました。すみませんw

格好良い攻めとださい受けなんですが
サエコさんが綺麗に描きすぎて
受けのダサい要素が一切感じられなかったですねw
攻めは男嫌いですが、その頑なな心がほどけていきます。
お金のためだったけれど、ちゃんと攻めを懐柔しようとする
姿勢がとても格好良いですね、外見じゃなく中身が!
虎と題名にありますが、他作品のとてつもない野獣を
知ってしまった今となっては、全然感じられませんねw

1

ワガママ年下攻め

■恋する虎はキスをする/夜のお勉強■
来栖 アキ(大学1回生)×國場 敏明(大学3回生)

貧乏大学生の國場敏明が紹介してもらった「オススメできない」アルバイト…それは、金の力で大学に入ったと噂の超問題学生・来栖アキの家庭教師だった。
クォーターで超美形のアキは女にモテまくりだけど、病的なまでの男嫌いでどうしようもない駄目男。
ところが、そんなアキになぜか妙に懐かれてしまった敏明は「アンタを俺のもんにする」なんて言い出したアキに襲われてしまい…!?

親友である森岡に紹介された家庭教師のアルバイト…単位なんて金を払えばどうとでもなる!と豪語する来栖に最初ムムッヽ(`Д´#)ノ!ってなりつつもー勉強を教えに約束の場所(学内図書館)に向かわないことは来栖を裏切ることと同義って考えで真面目な敏明は行くんですよね。
意外にも来栖ちゃんと勉強の約束場所に来てるしwww
お互い「なんでお前がいるんだよ?!」「あんたこそなんで来てるんすか」状況がちょっと笑えたwww

敏明は親友である森岡のこと好き設定だったみたいだけど、普通に一緒にいるし…経緯をもう少し詳しく知りたい。
続きてか攻めと従兄弟同士だけど攻めよりも柔らかい表情の森岡の方が私個人的には好きだ←

それにしても…婚外子で一族の恥扱いで本棟に入れてもらえなかったような来栖なのに、結構好き勝手な生活をなさっているのですがwww
家族からの当たりがキツイらしい割には豪遊されているので何か釈然としない。
そのため男嫌いになった理由もいまいちピンとこず…。
でもワガママ俺様攻めは美味しかったです(*´Д`)

来栖の弟(家族に可愛がられてるけど、アキのこと大好き)が突然やってきたり、来栖の元カノが暴走してしまったりーと事件が色々発生してました。

受けの敏明は結構しっかりとしている男前(*´艸`*)

■彼が花嫁■
沖方 亮(専門学生)×美月 要(専門学生)

美月の通う服飾専門学校では毎年卒業制作発表会が行われる。
今年のテーマは“ウエディングドレス”
でも相方の沖方は才能があるのに本気になることが滅多に無くて…。
イメージが湧かないという沖方に美月は…。

受け様がウエディングドレス着用されますΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
しかも絶妙に似合ってない←
小柄で可愛い小動物系の受け様じゃなくて、ちゃんと男の人って感じだもんでw
でもでも外し忘れたマチ針探してスカートを無防備にまくって、フリルからチラ見えするアソコはダメです。
(*´Д`)ハァハァもんです。
攻め様まっしぐらで大興奮www

1

キレイな絵

表題と、短い別の作品が1つ、全部で
2つのストーリーが入っていました。

相変わらず、キレイな絵ですね~。
キレイな絵は楽しさ倍増しますw

そして、佳門さんの作品はえっちぃw
でもこの作品は他の作品に比べて、まだ落ち着いてる方かな?
そしてそして、受け様が攻めくんより強い!
とってもカワイイのに強いんですよね。
これが佳門さんの特徴ではないでしょーか。
この作品もそうでした。

なので、言ってみると「いつもの」感じの作品。
でも安定して楽しめる、裏切られない!とも言えますよね。
笑いもありで、面白かったデス♪

0

虎は結局てのひらで転がされる

佳門サエコさん熱(少しだけ)再び。
相変わらず綺麗な表紙に惹かれ、購入。

表題作は2011年に連載されていた作品とのことですが、この辺りくらいからなのか設定的にそうさせたのか、受けの顔も攻めの顔に寄せている感じがします。
何て言うか、男っぽさを増したような。
それ以前までは多分、確実な違いみたいな描き分け(瞳の大きさは勿論、顔の輪郭、パーツのバランスetc)をされていたんじゃないかと思うのですが、こちらとか、来月発売されるコミックスのものとかは、割と受けも攻めも男性的な表情だと思うのです。
前の描き分けも可愛くて好きですが、こちらも大好きですね、お上手だなぁと。


◆『恋する虎はキスをする』『夜のお勉強』(描き下ろし)
勤勉貧乏学生で学部きっての秀才・國場は、友人の森岡に頼まれ家庭教師のバイトを引き受ける。
その相手と言うのが、金と女があれば世渡り出来ると思って居るイカレた男・来栖。
高額バイトを引き受けたけれど、来栖は男が苦手だと言い――と進んでいきます。

私、佳門さんの攻めの男性の「攻めてやる!」という顔付が大好きです(笑)
いや、その致すシーン続きがというよりも、こう、肉食感たっぷりで抑えきれていない感じがタマラナイ。
そして今回の年上受け・國場は、そんな来栖のダダ漏れている肉食な眼差しから逃げない姿勢というのにも惹きつけられました。

國場にお金が必要な理由がしっかりあって、来栖が男性を苦手な理由もしっかりあって。
この2つがストーリー中にも軸になっていてとても分かり易かったんですけど、何故だろう、時折唐突感が否めない時があるんですよね。
「来栖の弟突如現る!」とか「来栖のモトカノ?奇行に走る」とか……。
唐突感というか、詰め込みたいものが多いのかなぁ、と。
どちらもそんなに深くは掘り下げないから、活かしきれていない中途半端な後口が残ってしまいました。
(二人の絆と気持ちが深まる為ならどちらか一方をもう少しやっても良かったんじゃ…という希望も含まれますが)

しかし、まるで百獣王のような来栖が、真っ向から向かってくる國場に頭が上がらない様子にはキュン♡
佳門さんの何が好きって、私的には致すシーンの汁感も外せません。
汗もそうですが、唾液によっていやらしさを際立たせるのがお上手…さぁもう一度ページをめくろうかな(笑)

ラストは描き下ろし『夜のお勉強』。
こちらは来栖目線で、しーっかり致すシーンが描かれています♪
……が、結局は場数をこなしている来栖の方が振り回されちゃう、という。
かわいそうな虎がココにいますよー♪


◆『彼が花嫁』
服飾専門学校の生徒同士のお話。
デザイン科の沖方はあまりやる気のない男。そんな彼にやる気を出させたい縫製科の美月は――と進んでいきます。
いいですねぇ、たまーにこういう、佳門さんのぶっ飛んだ系、好きです(笑)
あとがきにも書かれていますが、「似合わない花嫁姿」が正にそうで、でもドレスのフリルから覗く腿と股間が妙ないやらしさを感じさせます。
……あれは……うん、沖方、そうなりますよね(笑)
読み切りで短めですが、こういう思い切った感じも好きなので良かったです。


最近私の中での佳門さんが再ブレイクしかけているので、濃厚とまではいきませんが中々満足出来た1冊でした♪

0

面白かったー

男がキライで遊び人で傲慢な攻めと、貧乏で真面目でダサダサだけど気が強い受け
「猛獣の調教」という言葉が頭に浮かびました。
バイトとして攻めに勉強を教えるというのが金欠の受けに課せられたミッションです。
最初は受けに反発しまくってた攻めなんですが、受けのことを好きになってからは猪突猛進で一途で素直。チラホラと傲慢な本性を垣間見せつつも、受けの言い付けにはガルルーと従う。さながらサーカスのライオンでした。猛獣の調教。その様子がいちいち楽しくてさ。

受けの見た目をもうちょいダサダサに描いてくれてたら完璧だったのになァと思いました。普通にかっこよく見えるのが惜しい。

0

嫌よいやよも・・・

まぁ佳門さんらしい作品かな。という雑感です。
まっすぐストレート勝負っ!な気合を感じました( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!
わかりやすい、わかりやすいよ姉さん!

お話は、お坊っちゃんで、女好き。
学業なんて金さえ払えばなんとでも融通してくれんだよw
なお坊っちゃんの勉強指導をバイトとして請け負った受。
これまであてがわれた女はみんな食べられてしまったためについに白羽の矢
しかし、「男が近くにいるだけで吐き気がする」そんな攻と~
なお話ですな。
男嫌いも、それなりに理由があるわけで
閉ざしすぎた心は開くと一気に~な展開なわけで
好きになったらとことん好き。好きな相手のためだから頑張っちゃう。
頑張ったんだからご褒美くれるのは当然だよ・・・な(ニヤリ

結局のところ忠犬を演じてオイシイ餌を確保しような狼さん
そんなお話でした。
贅沢をいえば、もう少し気持ちが動揺するような揺さぶりをかけるシーンがあってもいいのかな~と思ってみたり。
直線以外のフェイントがあればなお吉でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ