少年よ、大志とか色々抱け

shounen yo taishi toka iroiro idake

男子宿舍妙事多

少年よ、大志とか色々抱け
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神20
  • 萌×226
  • 萌19
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
28
得点
266
評価数
72件
平均
3.8 / 5
神率
27.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784799711200

あらすじ

「鬱陶しい」「寄るな豚!!」
ムサ苦しい男子寮に舞い降りた女神・カズマに殴られ罵られても、マサジは今日もめげずにアタック★ だって仲良くなりたいんだもん♥
努力の甲斐あってか(?)、カズマのツンツンオーラ半減、甘酸っぱいこの雰囲気はもしかして…!?
超健康優良児と超ツンデレ美青年&愉快な仲間たちが色々かます青春ラブコメ★

(出版社より)

表題作少年よ、大志とか色々抱け

その他の収録作品

  • ギリギリ・ラヴァー
  • 初恋単細胞
  • 少年よ、フォトコンテストに出よ
  • チヨとみいぽんのドロドロvガールズトーク
  • マサジとカズマのキッスv大作戦
  • 「少年よ、大志とか色々抱け」ができるまで・・・

評価・レビューする

レビュー投稿数28

ギャグ色強めだけど

ギャグ色がかなり強く、途中で「あれ?これBLだったっけ」と思ったりもしたのですが、
ラストの告白から付き合うまでの会話がたまらなく好きでした。そのシーンに関しては今まで読んだBLの中で一番ときめきました。もちろん好みはあると思いますが…。

0

ボーイズビーアンビシャス♪

おもしろかったです笑
ギャグ満載のこの作品、キャラそれぞれ味が濃くて、おバカでハイテンションで楽しかったです^ ^
永井さん、漫画におもしろすごろくを載せるというセンスが素敵です!絵柄は青年漫画とかにありそうな感じです。出だしでハマれないと置いてきぼりになってしまうかもしれないので電子などでサンプル読んでからの方がよいかもしれません。


内容は、主人公マサジが暮らす高校の寮にイケメン帰国子女カズマが転校生として来るところから物語がはじまりますが、なんかもう出だしから色々おかしくて笑ってしまいます。そんな中で次第にカズマも心を開き、二人が徐々に距離を縮めて、それぞれ悩んだりドキドキしたりいろいろあるけど最後はボーイズビーアンビシャス!(?)
おバカで青くてまぶしい素敵なお話でした!笑

キャラは周りの人も含めみんな最高でした(*^^*)
マサジはほんとおバカで純粋でナチュラルなうざさも含め最高です。Jrネタには笑いました(笑)
カズマは顔芸しかり、徐々にマサジに絆されて心を開いていくのがかわいくてよかったです^ ^
チヨちゃんも美人なのに顔芸はんぱないけど、みいぽ続きんとの友情にはほっこり微笑ましくなりました。


表題作の他に短〜い小話も二つありますが、
一つは同棲を始める恋人と初夜を迎えるべく受けが奮闘するも肝心なところで残念な発言が飛び出ちゃうというお話です(笑)
もう一つはアホっぽいきゅーとなおじさん校長先生に惚れて更生した元ギャル男が校長先生に欲情しまくってる残念なお話です(笑)
どちらもアホすぎておもしろかったですd(^_^)

1

ムサイ奴らが愛おしい!

 帯に書かれた榎田尤利先生の「説明しにくいおもしろさ!」に偽りなし!ムサイ濃厚キャラが揃った男子寮で繰り広げられる、はちゃめちゃ学園ストーリー。
 鍋を叩きながらみんなを起こすとか、鯛一尾まるごと朝食とか、パンツカピカピとか、初っ端からアクセル全開。「あほかっ!」と突っ込みながら笑って読み進めると、イケメンが投入されてくる。キラッキラのオーラを纏った転校生の名はカズマ。天然で世話焼きなマサジを鬱陶しく思うカズマですが、自分でも気付かない気持ちに気がついたのは、寮生のカッパとゴリで・・・。
 マサジのキャラも面白いんですが、周りのキャラが更にいい!勝葉=カッパは釣り目で無駄にイケメンなクールキャラながら、カズマの気持ちにいち早く気がついて背中を押し(面白がってるけどw)、オッサン顔の錦織=ゴリは秘かにマサジに恋する隠れ乙メン(隠しきれてないw)で、嫉妬しながらもマサジの幸せを考える良い奴です。
 その他オーラが見えるというミキティは空気を和ませるし、ギャル男のチャラ井は同じくギャルの彼女みいぽんに完全に食われるチャラキャラながら、明るさが周りを救う。女子キャラも面白い、一見美少女の続きチヨとウニみたいなツケマのみいぽんのガールズトークも爆笑です!
 真顔の時はみ~んな綺麗なんですよね(みいぽん以外w)。それが崩壊ギャグ絵になったり、ホラー恐怖絵になったり、最後までハイテンションな展開の合間に、ほろりとしたりきゅんとしたりしちゃうんです。なんだろーこれ、ほんと説明しにくいね。永井マジック!?
 永井先生はこんなギャグ漫画の中でも思春期の心を描くのがお上手だな~と思います。アクセル全開で突っ走しる未熟な彼等が、ものすごく愛おしい。崩壊ギャグ絵とトンデモ展開の中に,、そっと置かれた10代の切なさに、大笑いしながら泣けてくる、そんな不思議な作品なのです。 

2

バカなところがまたいい!

初めて読んだときは、衝撃的でした。
「えっ……」
これは本当にBLなのか!?

とにかくギャグが凄い。
ギャグ顔も、まるで少年漫画のバカっぽさのよう。
こんなのが(スミマセン、いい意味ですよ!)
本当にBLでいいのか!

カズマの真顔を見る限り、
デッサンは狂ってないし、すごく美しいんですよね~…。

永井さんは、本当はとっても美しい絵を書くことができる!
それなのに、ギャグ顔がものすごいことになっているから、
より一層ギャグが目立つんですねー。

カズマがだんだんマサジに心を許していく過程…。
馬鹿っぽいところもあるけど、
良かったです!

ああ、だんだんこうやって
心をひらいていくんだなぁ…しみじみ。

永井さんの作品は、この作品が初めてでしたが、
他にも評判の良い作品があるようなので、
読んでみたいと思います。

1

疲れた時とかに読むといい

うん、笑った‼︎この本の前にドロドロのBL読んでたので、なんだかすごくスッキリ爽快な気分になりました。
この永井先生、美形を描かせたらピカイチだけど、リアルな不細工を描かせたら天下一だと思います。
一回しか出て来なさそーなモブキャラですら全力でブサイクに描いてそうなのでどんな小さなコマもマジマジと見てしまいました。全てのキャラが愛すべき存在です。

とある高校の男子寮を舞台とした、顔はイイけどおバカなマサジ×帰国子女の超美形ツンデレ転校生カズマと愉快な仲間たちのお話。
もうまわりの脇役達のキャラが濃すぎてBLだということを忘れそうになりますが、マサジとカズマがホントはピュアで、お互い初恋のよーなもんなので、周りに感化されながら距離を縮めてく過程がちゃんと描かれています。

エロさは皆無で、マサジとカズマの初キッスすらギャグテイストに描かれててちょっとガックシだった。
死ぬまでに一回でいいから永井先生の綺麗な絵でガッツリエロエロなの読みたいよ〜。
『スメルズライクグリーンスピリット』でもわかるようにギャグ以外のポテンシャルもかなり高いので、この画力とストーリー性でいつか続きはエロエロな作品を描いてくれるのを期待してます。

1

面白すぎww

ギャグ系BLは基本的にあまり好きではないのですが、絵が綺麗だなーと思って買ったら……めっちゃ面白かった!!
BLでこんなに大爆笑したのは初めてでしたw
それにギャグだけどストーリーがない訳じゃなくて、色々詰め込まれてる感じがしました。(Hはないですけどね)
そして何より、カズマが美しすぎるっ……!!!美しいのに、普通のコマとギャグのコマの顔のギャップが……www
マサジもアホだけど、彼女持ちだけど、凄くいい味出してると思いますw
ギャグだけど純愛(?)で、笑えるし何だかほっこり出来る作品だと思いました。

3

決め顔とのギャップがすごいw

最初は永井三郎さんの描かれる男たちの美しさとギャグ絵の
ギャップに戸惑ったのですが、読み進めるうちにそれがすごく
魅力的に思えてきたうちの一人です(笑)こういうギャグセンス
好きだなぁ。マサジのアホっぽさがね、すんごく可愛くて!
あんなに吹っ切れたアホさはBL界では特に貴重www(褒めてる)

あんなに人に対して壁がないと、プライドが高く人とあまり
かかわらないようなカズマが知らず知らずのうちにマサジが
気になる存在になってしまったのも納得。あんなにグイグイ
来られたら気にならざるを得ないものwww

カズマもちょっとずつマサジに心を許していくのが可愛くて、
色んな意味でえげつない雰囲気の中(褒めてる(2回目)癒され
ました。ただ、欲を言うならイケメンなマサジをもっと見たかった
かな…(笑)カズマは超絶美形設定のせいかかなりのイケメン率を叩き
出してたんですけど、マサジはおふざけ系の顔が多かったんですよねー。
それにしても、サーファーのマサジの破壊力は本当に凄まじかった。

あと、二人ともすごくピュアな感じだったので、もっともっと
先が見たかったで続きす。きっとかなりの萌えがあったはず。ただ、
読む場合はかなり人を選ぶ作品であるということを頭に入れて
読んだ方が良いと思います。好みだった方はこの今までにない
インパクトに心を奪われるかもしれませんが(私はそうでしたw)、
好みじゃない方は、なんじゃこれ……と思われる可能性が大です。

4

面白かったです

スメルズライクグリーンスピリットを読んで永井先生に興味を持ち、読ませていただきました。
このお話は、BL要素はあるものの、どちらかというとギャグ漫画に近い感じでした(笑)
主役ポジ二人(マサジとカズマ)の恋愛模様も描きつつ、男子寮のおバカな日常にもスポットが当てられていて、面白いです。寮生それぞれキャラが立っています。
舞台が共学なので女子も結構出てきます。苦手な方はご注意ください。でも、一見可愛らしい女子でも変顔をしたり、なかなか見所はあるかと思います。
永井先生は絵が綺麗なのですが、結構な確立でキャラが変顔をしています(笑)そのギャップが私は好きです。
表題作の他に短編二つ、書き下ろし三つがあります。どれも面白く満足です。
ただし、エロシーンがなく(下ネタはあります)、ラブ要素が他作品より少ないので、所謂BL的な萌えを強く期待している方には少し物足りないかもしれません…
テンプレ的なBLに飽きた人、斬新な作品を読みたい人にオススメです!

5

もっと二人を見たい!!

だまってるとイケメンだけどしゃべるとおバカ丸出しのマサジが住む個性豊かなやつらがあつまる男子寮に天使の顔した悪魔が降臨(笑)

エロとかBLとかってより本当にギャグマンガです。
ギャグの中にマサジとカズマが触れ合うことでこいつらの中だけ恋愛って感じで
はたからみてるとお笑いです(笑)

転校生カズマと仲良くなりたくてお風呂に乱入して息子が勃起(爆
カズマに変態呼ばわりされちゃうマサジ。

友達になりたくてなりたくてシツコイしウザい(爆
じゃけんにされながらも頑張るマサジに心がゆれるカズマ
マサジとの仲をヤキモチやくマサジの彼女に「ブス」「ドブス」と言い放ちます(爆

黙ってるとイケメン×美人カップル~。
H梨です。これはギャグ漫画なので萌えとかは少ないです。

3

少年漫画独特のギャグ世界!

昔は少年漫画をよく読んでいて、これを読んだ読後感は一言、懐かしい~!
この絵の崩れ方、キャラの壊し方、ギャグセンス。
BLというより、少年ギャグ漫画でしょう。
ああ、これCD化して欲しいな。
すごく聞きたい!エロは無いけどギャグがあるさ。

永井先生の作品は、エロそうでエロなし。
それがまた面白いです!
言葉のエロはかなり満載ですしね、しかも小学生のような(笑)
寮の風呂シーンとか、文化祭の着替えシーンとか。
マサジの痛いキャラと下ネタ、かなり好きです!
永井先生の作品で一番に読んだのに、評価を最後にしてるし、時系列むちゃくちゃでスイマセン。

帰国子女のカズマが学校と寮に編入してくるところから、物語は始まります。
カズマは美形でお坊っちゃま。
およそこの田舎町の学校とボロ寮には似合わない、強気オーラ満載の男。
二年の寮にいる仲間で中心的な存在のマサジ。
彼は可愛い(?)彼女がいるにもかかわらず、カズマに一目惚れしてしまいます。
はじめは強気なマサジですが、カズマね一言にアッパーカットをくらってしまい…。
ジェットコースターの様に気持ちが上がったり続き下がったり。
大変です!

寮の仲間とのやり取りも面白い、皆濃くて濃くて。
なんつってもばあちゃんが一番濃くて、一番美味しいとこ持ってくんですが。
毎回8頁で描かれていて、一話完結、でも繋がっています。
もうね、頭空っぽにしたい時には超オススメですよ。
永井先生は絵も上手いので読みやすいし。
甘さとエロをギャグに変えて、突っ走る青春漫画でした!

3

ハイテンションギャグBL

これは心の余裕のある時に読んでください(笑)
間違っても疲れている時に読んではなりませぬ。
確実に残りのHP(生命力)を吸い取られますので要注意です。

このマンガ、帯がなぜか榎田尤利先生で、トレスした先生の絵の横に「しかと見よ!!」と書かれていました。いつか永井先生と榎田先生でコラボして欲しいです。無茶振り企画ですな←

改めてこの作品を読んだら感じたことですが、
永井先生が後に出した「スメルズ ライク グリーン スピリット」の片鱗が、
すでにこちらの作品に現れてたんだなぁと思いました。
例えば錦織リキヤのオカマでいじめられた~の回想シーンとか、他にも時々挟まれるシリアスシーンとか。
あぁ、こういう路線が昇華されるとスメルズみたいなすごい作品になるんだなぁ~と思いました。

とにかく永井先生の真面目絵はすごく好きです!
そのぶんギャグ絵がものすごくひどく感じますが(笑)

まぁ設定自体はギャグなので無茶苦茶ですが、
シリアスシーンに関しては芯の通った考えがありそうな感じは受けました。

チヨとみいぽんというギャル同士のお話は少女漫画のスイッチガール続きのような雰囲気でした。
なんでBLなのにギャル漫画のコマがあるんだ…と思いましたw
とにかく体力を奪われないように気をつけて読んでください(笑)

3

怖かった

blにも色々なジャンルが多くなり、多様化しすぎている気がしてならない

そうはいっても、嫌になるわけでもなく、一応読んだりしている

この作品は、どう感想を述べたらよいのだろう。

面白かった?と聞かれたら面白かったと答える

買おうかな?と聞かれたら買うほどではないと答える

きっと今の私にはこの感覚

コメディイラストが怖い。
ホラー的なイラストに見える
それが作風なのかもしれない

作家さんは、自らblを書きたいと思っていなくても、仕事だと書くのだろうし、萌えがなくても
テーマがあれば、描けるのかもしれない

ギャクbl?うーん。

3

大好きですww

ムサ苦しい男子寮に現れたのは超美形帰国子女のカズマ。
そんなカズマと友達になろうとする寮生のマサジによる
ギャグテイストの青春ラブコメです。

まず本当に絵がお綺麗です!しかし隙あらば変顔したりネタに走ります(笑)
でもそこがすごく魅力的なんですよねぇ…。

マサジがいい意味ですっごくお馬鹿ですっごくいい子です。
そんなマサジに最初は鬱陶しいと言っていたカズマも徐々に心を開き始めます。
友情が恋に変わり、一番キラキラしたところで終わってしまったのが少し残念です。もっとお馬鹿な二人を見たかったです!!!w

カズマとマサジ以外の寮生もそれぞれ個性があって素敵です。
特におかっぱの子がなんだかんだ世話を焼いてて好きですねww

3

ツボにはまりました。

笑いましたね~。www
きれいな顔とデフォルメ化した顔のギャップが面白いです。
おバカな高校生たちの楽しい学生ライフ。
寮生活っていうのもいいわ~♪
どんなにとりつくろっていても、一緒に生活していれば本性とか習慣が出てくるからね。

特に2~3日思い出しては笑っていたシーンがありまして、忘れられません。
主人公がバーちゃんから教わったという、風引いた時にするおまじない(?)です。
それを美形の受けちゃんにしちゃうんだもの~www
はまりましたね~。おかしくておかしくて。
うちの息子にもしてやろうかしら・・・ぷぷ

えちないけど充分楽しませていただきました♪

1

テンションが高い

 ある日、社長の御曹司で頭がよくてという完璧な人間、カズマが転入してきます。寮の中でもとびきり明るいマサジは彼に一目惚れし、日々カズマに「好き好き」とアピールするものの、カズマは鬱陶しがっているのです。

 全体的にテンションが高いです。この作品は萌えというよりは、笑い中心に描かれたようです。カズマは御曹司なら、なぜ古めかしい寮で暮らさなくてはならなかったのか、懐かしい海の側にある高校を選んだとしても、どうして男子寮で暮らさなくてはいけなかったのか、設定が突飛すぎて謎が残ってしまいました。 BLのギャグマンガというものを初めて読みましたが、萌え、恋愛というより、笑い中心に進んでしまって、この世界のテンションの高さに共感できませんでした。

 ちなみに、マサジとカズマの恋愛模様もあり、二人がその後どうなったのかも描かれておりますが、私はもっとそのあたりを掘り下げて見たかったです。 

2

いやもう最高です永井先生!!

めちゃくちゃ面白かったです。
BLでこんなに笑わせてもらっていいんでしょうか、いやいいんです!
COMIC Beで好評連載中の「スメルズライクグリーンスピリット」とはまた一味(以上!?)違う作品で、それがまたいいんですよね♪
ものすごく濃いキャラ達に、なんとも言えない描写、表現(それがとっても面白いのです!!)読んでいて何度ブッとふき出してしまったことか…!
いろんな意味で濃い設定のうえにきちんとBLとして成り立っているのがまたすごい。
帯の榎田先生のメッセージにもあったのですが、「説明しにくいおもしろさ」。
まさにその通り!(笑)
言葉では上手く伝えられないのが歯痒いのですが、読んでいる間はこの作品にどっぷりで、日常を忘れきってしまうほど濃いというか魅力的。
読み終わって「あ。明日仕事じゃん…やだやだ」と思い出してブルー…。しかし一時でも忘れさせてくれる、永井ワールドがたっぷりなとっても素敵な作品なのです!

地方の公立高校に女神がやってきた!(超イケメンが転校してきた)しかも一緒に寮生活!?というところからお話がスタートするのですが、登場するキャラ達は濃いし笑え続きるネタはてんこ盛りだしで終始ハイテンションです。
でも、ただテンションが高いだけではなくて飽きさせることなく読ませてくれるところはさすがの永井先生のセンスというか!

そしてそして個性たっぷりな登場人物たちは…
黙っていればイケメンな主人公・〈猪植マサジ〉は純粋でまっすぐでおバカで憎めない、いいキャラです!
しかし、しかしですね…!
メインキャラを差し置いて一番のお気に入りキャラがカッパこと〈勝葉イサク〉です。
寮で生活する彼らの日常は細かいところに面白い設定がわんさかなのですが、このカッパは自分の部屋をたまり場にされて「おめぇらいっつもいっつも俺の部屋にたまってんじゃねぇ~~」と文句を言いながらも全員分ちゃんとコーヒーをいれてくれる優しさ!(笑)
女神・〈里見カズマ〉を意識してしまい、ゴリ(錦織リキヤ)に諭され、戸惑うマサジに助け舟(?)を出したりと、大人びたキャラに見えつついいツッこみ役なのです。

勝手な願望なのですが…この作品、音声化したら絶対面白いと思うのです!
ぜひともこのハイテンションをそのまま表現したドラマCDが聴きたい…!

とっても元気がもらえる作品です♪
大好きです!!
これからも永井先生に期待期待♪です!

2

なんとういうギャグセンスと画力。。。!

まず、最初のすごろくから笑いを誘う。
超健康優良児と超ツンデレ美少年(女神)の青春ラブコメ。
ラブというよりむしろコメディー。

何だろう。。。BLだが、少年ジャンプを読んでいるよう。
「すごいよマサルさん」と「デスノート」と「めぞん一刻」を割ったような感じ。
全部の作品知ってる人なら共感してくれるはず。笑))

マサジは普通にカノジョがいたが、ムサ苦しい男子寮に舞い降りたカズマ(女神)の美貌にやられ、、、
マサジは殴られ罵られるが常にカズマに猛烈アタックしまくり、次第にカズマのツンツンっぷりが半減。
ストーリー自体は結構単純だが、絵とキャラクターたちのキテレツな行動がやたら面白い。

ギャグのセンスは神レベルだった。買ってまったく損はしない作品。

それにしても、マサジ、よく〇ッキするな~~~。
あとがきまでめっさおもろいから、最後まで読んで!!



5

こんなのもアリで

だまっていればカッコイイ超健康優良児・マサジが、むさ苦しい学生寮に舞い降りた女神のようなツンデレ美人転校生・カズマに、罵られながらも、いつしか仲良くなるお話。

このストーリ展開だけを見れば、至ってありがちな、学園ものBL。
カバーのイラストも、カズマは当然美しく、マサジもちょっとアホっぽいけど、やんちゃな天然なキャラなのかな?位でちゃんとカッコイイ。
だが、しかし、帯のイラストは・・・。
まず、表紙を開いて、扉絵のすごろくが・・・双六として、成立してない?
そして、始まったストーリーは・・・・。
女神なカズマと幼年向け少年誌的なキャラのギャグ表現と、圧力満点の書き文字効果音。
エチ方面は、出会い頭事故レベルのキス止まりでエロスは薄いが、ギャグ的な汗や涙や鼻水などの汁はたっぷり。
もう、これは、これで、おもしろいから、いいよね。

2

濃ゆい!

中村三郎先生の独特の雰囲気と画力の高さが好きで無防備にこの本を手に取りましたが…1読目は気を引き締めてないと絵に悪酔いしそうになりました。
もちろん2回目以降全く嘘のように目が慣れていましたが。
でもやっぱり美形キャラは美形でした。

ただ…短編のじじ受けは…ちょっと受け入れたくなかったけど、ギャグテイストのため抵抗感なく読めました。

1

帯に偽りなし(笑)

キャラもアソコも立ち過ぎだってばァァァァァァァァァァァ!

…作品と同じようなテンソンでレビューを書いてしまいそうです…。

榎田尤利さんの帯に惹かれて買いました。

最近のマンガはぴっちぴちのビニールに覆われて中が読めないので、ジャケ買いして『うわ!』な事も多いですよね。

この作品も美麗BLがお好きな方はしんどいと思います。

しばしば作家さん達の【苦悩パロディ】として使われる【キャラ立ち=個性】という点が作者の中村三郎さんという方の武器なんでしょうね…両刀の剣っぽいけど…。

濃ゆい!!

一癖どころの騒ぎじゃない寮生たちが送る日常は、一見とんでもない方向へと向かっているようでいて意外と大事故(笑)には至らない。

美貌の転校生カズマにしてみれば【もらい事故】な出来事ばっかりのようですが。

カズマは、その容姿ゆえに人から距離をおかれていたタイプな気がします。
それゆえ自意識過剰気味で世界が小さいというか狭い。
でも何気に懐が深い仲間たちと少しずつ言葉をかわしていくうちに広がる世界。

突拍子もない厚意(好意)をぶつけてくるマサジにカズマがだんだんと心の武装をほどいて続きいく姿が珍妙にも現実味を帯びて見えるのが不思議。

…というハートフルな物語…と思うとケガします。


とにかく濃ゆい!!←大切なことだから2回書きました。

とにかく絵のギャップがすごくて目が忙しい!
綺麗な絵柄と少年マンガ的オノマトペ。
※しかも字、下手ァァァ←ヲィィィ!

疲れている時には読めないと思われ…でも、作家買いリストに入るだろうなぁ…面白いんだもん。

しかし…ナニがすごいってちゃんとBLとして着地しているのがいちばんすごいww


2

安定の永井クオリティw

二次で活動されていた頃から、そのポテンシャルには注目していました。永井三郎先生。
自分にとっては同人イメージのほうがより強いので、商業誌でこの絵を目にするとなかなか感慨深いものがありますが。

おそらくBLのレーベルでの単行本は初ということになるのでしょうか?
同人の頃よりも「ていねいに描いて」いて、やはり大変感慨深いです!(笑)
天才がようやく本気出したって感じでしょうか。
昔から画力はすこぶる高かったですが、それが破壊級ギャグテイストと合わさるとここまでクオリティの高い作品が出来上がるのですね。

次回作も期待します。

3

微妙に好きDEATH☆

学生寮を舞台にした性少年のアレコレ的な感じのマンガです。
主人公のバカ丸出し過ぎだけどピュアなところも、主人公が好きになるツンデレ王子の不器用さも、とにかく好きに忠実忠誠ちゅーでもアドレナリン出まくり直進っぷりです。
読んでいて暑苦しくも愛おしく感じられるような錯覚がしてきて、脳がヤラレてしまいました。(読むとこんな感じしたんだってば。笑)
好みが別れるとは思いますので誰彼構わずオススメはできませんが、この妙な感性は注目したいです。

収録されている短編2作のうちの校長に恋するギャル男話は「この世 異聞」(鈴木ツタ)に登場する館長を彷彿させて、実は個人的にツボでした。
ヘルニアをおもんぱかって手が出せない(でも勃起)という展開…年の差LOVEの究極をみた思いです(笑)

1

意外にもピュアラブなのです♪

コミカルで楽しそうな表紙に、榎田尤利さんの推薦帯がついているので、きっと初めて永井三郎作品を目にする人には、本を開いてビックリした人も多いに違いないと。
絵は基本とても綺麗なんです。
ただ、ギャグ化した時の振り幅がまず180度、バッタンしちゃってますw
そして、モブに至るまでもとっても顔も性格も濃ゆいキャラばかりですw
更に追い打ちをかけるように笑いのツボは、少年ギャグ漫画のお下品(とでもいうのか)路線で、どんな美人(美男)も、とんでもない顔とアクションと言葉が発生させられてしまうので、これは好きな人にはたまらない、愉快さなのですよ☆☆☆
「勃起」の登場回数の多い事(爆)

公立高校の寮に転入してきた帰国子女のカズマが、「近寄るな」オーラを出しまくり、
「友達になろう!」モーションがしつこいマサジを避けまくり、
実はカズマのその寄るなオーラは超ツンデレの天然であり、
マサジも恋を知らない天然だったという
ひっくり返したら、初々しい初恋のお話だったという!?驚愕(爆)

この作品を説明するには、まさに帯の榎田氏の「説明しにくおもしろさ」が明確にあらわしています♪続き
この突飛もない唐突なアホ展開に、顔面崩壊は、見て確かめるしかないでしょう♪
そして、彼等が煩悩を持ちながらも実は、非常に果汁100%のピュアピュアな若者たち(w・・・ゴリ男談)に思わずキュンしてしまったら、もう永井作品の虜ですわw
はい、自分はとっても大好きです!
この濃さも、極端な振り幅も!!

同時に掲載されている【ギリギリ。ラヴァー】も究極の恥ずかしがりを隠す為に相手を殴ってしまうと言う、メーター振り切りタイプのお話w
【初恋単細胞】は校長先生に恋した為に、野獣だったギャル男から一転、成績優秀の優等生に変身してしまった生徒が、校長先生を見るだけで勃起するという、しかも忍耐が快感になるという、これまた究極の二面性が降り幅180度だったりw

ギャップがたまらなく好きな自分には超ツボ作品であり、作家さんなのです♪
声を大にして、、、大好きなんですぅーーー!!!

2

少年誌的お下品ギャグ?面白かった

純粋(単純アホ)度100%のマサジと、帰国子女の「女神」ツンデレ、カズマのじれったい恋。学校と、寮の仲間にかこまれての生活のなか、進展するのか!?…。

エロ成分はカケラもなく思えるので、萌え評価には惑迷いますが。
わたしは帯の榎田尤利さんの推薦と、その横にあった主人公の顔にひかれて購入しました。某少年誌のギャグ漫画、『セクシーコマ○ドー外伝すごいよ!マサルさ○』(←合ってる?)の顔みたい、って思ったんです。
 わたしは少年誌のバカ過ぎるノリがウケるたちなのです(苦笑)。
少女漫画のギャグより、そっち…「ノリがヘンな少年ギャグ漫画」寄りに思いました。

---なんだろう、セリフがすっごく面白いというほどでもなし。たいしてエピソードが目新しいわけでもないんです(その辺、『マサ○さん』と違って)。
お決まりの女装ネタもやってるし…でも女装の、その服がハンパないっ!ほとんど紐だけ!そのようにエピソードはまともでも、演出というか表現が過激だったり過剰だったり。
そこで楽しめるか、かな。
 こと顔のデフォルメ(ギャグ表現)は濃い。私はコワレた顔の威力、楽しめました。

続きかし、それなりにツンデレ君はきちんと心情が変化してたりする…、一応BLになってる、そのところを、評価すべきか、邪魔(ハンパ)と思うか。わたしは有りと思ったけど…?

 お笑いゆえに、総ホモ的なノリも平気でした。全く気にならなかったワケではないけど。
 あと、女の子の出番が多く、扱いがまっとうというか?不快でなかったです。

4

オモロかった♪

コレ、ビーボーイで連載してるときスゴク楽しみにしてたんですよッ!
かんっぜんにギャグマンガですね、ハイ。
BLとして読むと全然ですwww

うっとりするような(ビーボーイだからロマンチック笑)作品の中で、このハイテンションギャグが入ってるってのがツボだったんですよね。
まとめて読むと、オモロいはオモロいですケド、やっぱただのギャグだなと。
Hもないし。。。。C= (-。- ) フゥー

元絵はキレイだけど、ギャグ絵はどっちかつーと汚い系。
少年マンガの下品系ギャグ絵が許せる人はドーゾ!
どっぷり恋愛モノ読んだあとの箸休めにもおススメ♪
でもBLを期待しちゃダメッ!(笑)
私はもともと好きな作品だったので楽しく読めましたケドね~(*´∇`*)

2

テンションが高いコミカルギャグ

これ、疲れてる時に読むと疲れが倍増しちゃうくらいのハイテンション漫画
好き嫌いは当然出てくるだろうと思うし、ラブコメって言うのも変なノリだね。

内容的には小汚い男子寮に綺麗オーラの帰国子女が入って来て、
寮の中でもバカ丸出しでみんな仲良くなろうぜみたいなやんちゃな男の子が
相手の感情を丸無視して突っ走る、そしてウザ過ぎると引いていた帰国子女くんが
いつも間にやらそのハイテンションに巻き込まれ、互いに友情以上の思いが芽生え
性別を超えたウザカップルに成り下がるストーリー。

ドタバタハイテンションラブコメ&個性が強すぎる面々との楽しい寮ライフって
感じの作品になるのかな。
きっちりしたイラストは結構好きだけれど、ギャグ的になる絵柄は頂けない(笑)
帰国子女君が友人に対する思いってこんな感じ?なんて無自覚にクルクルしてる
様子は悩める青少年の雰囲気が漂ってる感じだけど、相手役の無駄に高いテンションは
まだまだ、お子ちゃまなんだねって感じかも。
帰国子女君を見つめる皆様の欲望むき出しのよだれ攻撃には行き過ぎ感が歪めない。

ギャグも嫌いじゃなけれど、タイプ続き的には下品ギャグ系のノリが強いので
結構、まともな話のながれが総崩れしちゃってるおしい作品の気がする。

4

これはとんだ表紙詐欺w

表紙だけ見るとさわやか青春ものに見えますが、
実際にはこの赤シャツの子が帰国子女の美形さんにきったねぇ寮を舞台に友達になりたい、という欲求をぶつけるにしてはあまりにもおかしな反応をまといながらアピールしてくる話。
ちゃんとしてれば綺麗なのにどっちも過剰表情でえらいこっちゃです。

いや、面白さはあると思うんだけどそれ以上になんか気持ち悪い・・・
この気持ち悪さは多分登場する人たちが吐き出す過剰アクションとBLにいていいのだろうかと思うようなタイプのルックスの人の割合の多さなのかな、と。
あとモブの手抜きの方法があまりにも「はなでもほじりながら殴り書きしたのか?」過ぎな所が何とも・・・
ああそういえば、珍神の人だったよね、作者さん・・・これはこれでいいか orz

脳みそを引っ掻き回されるような強烈な刺激が欲しい人が読む本って感じで、
そういう人が読むにはこの表紙と帯はあまりにもパワー不足です。
普通のBLに擬態してはいかんと思う・・・

というわけで「表紙詐欺」の分だけ辛く評価。
表紙は好きですし、中身も嫌いじゃあないんですよ?
ただあまりにもネタとしての続き勃起率の高いアホアホBLにしてはさわやかすぎるのですw

3

ノリが半端ない

前作の「珍神」が面白かったので、購入。
ノリがすごかった!
何となく、新也美樹さんのノリを彷彿とさせます。

表題作は、高校の男子寮に、転校生(帰国子女)のカズマがやってきたというもので、
寮生のマサジが友達?になろうとアタックしまくる内に・・・
というストーリーなのですが、メインのそこよりも、
1つ1つの表情と、他の寮生の細かい言動に
目がいってしまいます。

また、短編で、チャラ男が、校長先生に萌えてしまい
黒髪眼鏡で勉強を頑張るってのもなかなか良かったです。

ギャグを許せる人むきです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ