しあわせは何色ですか?

shiawase wa naniiro desuka

しあわせは何色ですか?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×213
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
143
評価数
35件
平均
4.1 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
シトロンコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784799712412

あらすじ

美大院生の佐々木は准教授の梶と同居中。
大好きな梶に何度も愛の告白をするがのらりくらりかわされる日々。
優しいが掴み所のない梶。そろそろ本音が聞きたいところなのだが…。
恋する若者の愛のボーソーと葛藤するジョーシキある大人のリアルドラマチックラブ。


著者:峰島なわこ

表題作しあわせは何色ですか?

地方公立美大の日本画専攻院生 佐々木愁一24歳
愁一が惚れてる准教授 梶亮介(40代手前くらい)

その他の収録作品

  • 1年後とちょっと先の話

評価・レビューする

レビュー投稿数9

ゆるく詰め寄りほだされる

独特の空気感を気にし過ぎたせいか初読みは内容があまり入ってこず、ラストしか印象に残りませんでした。
読み返すことで、せっかくのムードを外すコミカルさや軽口の中にさらりと含まれる想いの重さが後から後から効いてきます。

好きと言い散らかす佐々木自身にお付き合いのビジョンがなさ過ぎて、園児が幼稚園の先生に「大きくなったら僕とケッコンして」と言っている様な微笑ましい光景が、成人男性2人で繰り広げられている。
梶の良き先生らしい「よしよし」と頭を撫でて躱す姿にとても好感を持ちつつも、堂々巡りの進展のなさにずっとこのままなのかしらと思ってしまったりも。

けれど、特別可愛く思う佐々木の独り立ちを素直に喜べない。不在を寂しいと思う日々を過ごしてゆっくりと自覚していく感情に、それをそれと認めてしまってからの葛藤がとても可愛らしく、寛容な大人が恋に落ちてからの立ち上る甘さにやられてしまいました。

2

好きだわ~この感じ

大人(准教授)が若者(生徒)に迫られるストーリー。
お互い相手を思う気持ちが微妙にすれ違う。ストーレートに感情を伝えつつも相手のきもちがわからない青春まっただ中の若者。
准教授は自分の気持ちをうまく処理できず、大人として先生として振舞うべきであり
そうした感情として、きれいにまとめようとしてもうまくいかなくってって表現が絶妙。
エロはあまりないけど、ひとつの恋愛ものとしてしっかり読ませてくれる作品です。
あ、でも、ちゃんと准教授のフェロモンは最後にドカンときますよ。
シレっとした大人って好き。

1

おっさん可愛い

買って読んだのは結構前ですが今更レビューをば。


じゃあ、まずストーリーをざっくりと。
見ての通りおっさん受けです。
美大生×准教授。素敵ですね。この言葉だけでご飯10杯いけます。
美大生 佐々木くんが准教授 梶先生にゾッコンです。
でも例にもれず、先生は若者の戯言だと受け流します。
佐々木くんの性格的に基本的に周りに無関心なイメージがあります。
しかし先生の事となれば別で、先生に関わる事にだけ異常に頑張ります。
そんな佐々木くんの姿を見て先生も徐々に惹かれていきます。
まあでも、おっさんがそんな素直に気持ちを言えるはずもなく。
若者の戯言なのか本気なのか...
という葛藤がいくつもありますね。
と、まあストーリーはこんな感じです。説明下手ですいません。

個人的には持っている漫画の中で一位二位を争う程の神作品でした。
おっさん特有の気持ちの葛藤がすごく繊細に描かれていて、
可愛いんですが、おっさん特有の可愛さというか。
たまに可愛くしすぎちゃう方とかいらっしゃいますよね。
もうおっさんというより乙女じゃないかっていうくらい。
そういうのが全続き然なくて、読んだ後に「おっさん...!!おっさああああああん!!!」ってなります(伝われ)

あ、エロもあります。
おっさんが戸惑いながらも受け入れる姿はもう...アレです...
あと一冊丸々この2人のお話なので満腹感もあります。
本当にオススメです。気になる方はぜひぜひ。

1

ステキな年齢差BL

日本画専攻の美大院生・佐々木は、油絵科の梶准教授が大好き。
なんとか同棲(梶准教授は『同居』だと言う)まで持ち込んだが、告白しても流されるし、やましいことは(まだ)してないし。
分別ある大人の准教授と、無分別だけど才能ある美大院生、二人の関係の行方は…?
といった話で、年上受け、ワンコ攻めが好きな方にはオススメかと。
(佐々木の一途な懐きかたはワンコだと思うのですが、ヴィジュアルでは猫耳尻尾付きでした。アレ?)

個人的におじさんネタって好きなのに、なんでか自分のツボではなかったようでした。
なんでかな〜と考えてみたんですが…うーん、わかりません。
発車する電車のドア越しに佐々木を見る梶の表情とか、その後の佐々木の涙を見せず慟哭する表情とか、凄くいいのに、どっきゅーんと来なかったのは、ちょっと悔しいです。

0

ふたりのピントが合う楽しさ

美大生と准教授の物語。
美大生の佐々木はずっと准教授の梶ティーにアタックをしていて、梶ティーの家に押しかけて住んでいるくらい。
梶ティーが、家に住み着くことを許している時点で佐々木くんはもっと梶ティーの気持ちがわかればいいのにと、最初は思います。
だけど、佐々木くんに梶ティーに気持ちがわからないのは当たり前なのだと思いました。

梶ティーが自分の気持ちを自覚するようになるのは冒頭ではなく、
いろんなふたりの出来事が梶ティーの気持ちを確立させるようになります。

誰かを好きだと自覚する気持ちは、きっと若者の方がキャッチしやすいのが常。
おじさんな梶ティーは、そんな瞬発力はないのだけど、そんなところは佐々木くんがリードしてくれています。

コマや台詞なども凝っていて、作者のかたが楽しく描けたのだと思います。
「萌」という一文字がよく似合う漫画です。

2

オッサン先生の可愛さですかね。

かなり前評判の高い作品でしたので読まない訳にはいかないと購入。
結論から言えば、う~ん、やっぱりオジサンには萌えない自分を再認識ですかね。

内容的には、美大の准教授で自信もクリエイターとして仕事もこなしてるオヤジ。
そんな先生を一途に慕い懐きまくり、かなり強引に先生宅へ居候(本人は同棲)して
毎度先生に思いを告げてるのですが、オヤジはあっさりスルーする。
リアルに人を好きになる時間の経過を感じさせるような内容なのですが、
主役の心理描写が上手で、切なさや、もどかしさや、ままならない思いに葛藤して
自爆気味になる展開もあったり、オヤジが生徒を好きだと自覚するまでの葛藤も
胸に伝わってくるような感じでした。
・・・しかし!やっぱりオヤジ、それも受け!個人的に内容良くても萌えません。
作品としては凄く良いと思うけどこればかりは好み嗜好の問題なんです。

2

シトロンらしさという物を理解できてきた

今までに読んだこのレーベルの本って「愛しの猫っ毛」「恋愛スイッチ」「ひみつのセフレちゃん」に「まだ愛が足りない」・・・・
いやぁ、もっさりしたレーベルですね、シトロンって!
他のレーベルではキラキラだったりエロエロだったりする人まで軒並み冴えないふつーの人が巻き込まれる普通のBLを淡々と繰り広げられてたりして。

表紙裏で「こんな美大生いたらもてると思う」というコンセプトで書かれている佐々木愁一。
でも自分には正直言って美形には思わなかったのです。目はうつろで生気薄目だし、表情もぼーっとしてるし。もしもてるとしたらそれは「癒し系」か。
だから先に表紙裏なんか見てたら「はぁっ!?」と思って入れなかったに違いません。
それは「こんな准教授いたら(後略」の梶亮介にも同じ事。男前というにはあまりにもくたびれ感が強い感じ。

でも、だからこそねとーっとくっつく愁一に対していちいち迷惑したり赤面したりする亮介の「見た目は枯れても中身はうぶうぶ」さが萌えどころになっちゃった。
愁一がいなくなったりするとぐずぐずになっちゃうし。
エッチも、決してきれいとは言えないけどなにか「それ続きはそれでよし」という感じがする。ファンタジーでない範疇で一番不快に感じない感じ?

「しあわせは何色ですか?」
この二人の場合はシトロンレーベルの上側の色。
華やかでも強さもないけど暖かいオレンジ色に感じました。

3

おっさんとはかわいい生き物なのだ

作者さんの初連載作品の初コミックです。
多分『泣けるBL』で榎田尤利さん原作でコラボされていた作家さんと言われると”ああ!”と思い当たる方が多いのでは。
なので帯の推薦も榎田さんになってます。

専攻の科は違うけど、学生と准教授という先生生徒の間柄。
20台前半と30台後半という年の差。
だけど、そのいろいろな差というのは恋には関係ないんだよ、と思わせる梶=おっさんの恋へ至るまでに見せるかわいさが、この作品の超魅力を引き立てています!

梶が好きで彼の家に押しかけ居候してきた院生の愁一が「好きだ 好きだ」と連呼しても受け流す余裕がまだある梶が、こいつ!って意識する存在になってしまったのが、梶が転勤するという噂の丁度そのときに梶が出張になり、愁一が勘違いして見せた切ない絶望の表情。
それがきっかけで、今まで不真面目だった愁一の専攻に対する態度も改まり、その才能が評価されてくることで、愁一が着実に梶に近づいていく。
そして梶もまた、彼の存在がとても大きなものであることに気がついて・・・
と、温度差のあった二人の気持ちが近づいていく様が描写される展開。

ここにはど続きうして愁一は梶が好きになったのか、とか押しかけ居候しているのかとか、そんなきっかけ話は挿入されていないが、なくても十分に読ませる。
それはこの漫画の一番重点をおきたい部分がはっきりしているからだと思うからです。
カバー裏、本体に描かれたキャラ設定と作者あとがきに出会い等言及されているので、全て読み終わったあと、そこを目にしてニヤニヤするといいと思うw

愁一は健気だなーと思う。
転勤騒動のあと、彼より早く帰り制作は学校で、かなり無理をして梶への不安をそうやって解消しようとしてブッ倒れたり、それで梶が愁一も自分と同じに不安だったんだと実感するその時。
梶が先生という立場だけでなく、ちゃんと作家として活躍もしている面を見て、自分のあり方に悩む場面。
グループ展で1ヶ月離れた時に、どうしても梶に連絡できなかった場面。
冒頭の押せ押せのムードは、ちょっとしたきっかけから彼を不安に陥れて、恋ゆえに臆病になる人にしている。

また梶も、芸術家の先輩というか先生として愁一の才能が伸びることに嬉しさや喜びを感じるのだが、それが「好き」という感情なのか決めきれなくて迷っている感も見える。
愁一と離れてはじめて自覚する、彼もまた恋に臆病な面を見せるのは愁一と一緒だ。

そして!!再会の告白シーンから帰宅後の怒涛のエッチシーンの萌え萌えすること♪
おっさん、自分で準備していたというこのかわいさよ!
更に追加で描き下ろし【1年後とちょっと先のはなし】があるのだが、これなんかもうっつ♪2回目のプロポーズでいいでしょうか☆☆
エッチの時、色っぽくてかわいいのに、事後の会話がひょうひょうとしていて、なんかこういう会話とか関係っていいな~ってほのぼのします。
っていうか、ごちそうさま!?
違う意味のキャラクターの可愛さが際立った、とてもよい1冊です。



5

榎田さんの帯は狡い、狡すぎる!!w

だってノーマークの漫画家さんだったけど買っちゃったもん!w
そりゃ榎田さんだってお仕事ならお書きになるでしょ、なんて思っていたら
すみませんでしたー!!
釣られて良かったと心から思いました!!
(これって峰島さんにも榎田さんにも、とっても失礼ですよね…ごめんなさい!
…そういや『泣けるBL』でコラボってたんですものね)

あらすじは省略させていただいて(おい!)
院生・佐々木の、年下らしい怖いものなんてない、ストレートな好意の表し方と
准教授・梶ティー(teacher、のティーw)の
大人故様々な葛藤と素直に自分の気持ちを認めたくない面が
とぉにかく素晴らしい!!
これ初コミックスって嘘でしょ!?って思わずにいられませんでした!

佐々木は暴走しつつもちゃんと落ち着くところもあって愛しい。
(友人のアドバイスとかちょいちょいあっての、だけどw
この名無しの友人がまたいい味出してくれちゃってんの!好き♪)
企画展に行けるのは今後の自分の為に絶対なるのに
何日も先生と離れたくないから返事を渋ったり
先生に褒めてもらいたいから頑張るとか、可愛すぎじゃい!続き

先生は、五日の出張だと知らないで電車で別れた時の
佐々木の泣きそうな表情が頭から離れず
三日で片づけて帰ってきたのに、それでもまだ自覚したくないでいるとかw
この二人の表情がまた魅せてくれるんですよ!!
ぎゅんっつーか、ゴガン!!!とクる!!(…伝わらない…!)

佐々木の気持ちから逃げる梶ティー、
加減しつつ、気持ちは常に「先生、好き」の佐々木、
二人とも客観的に見られるととても才能はあるし
人を魅了する内面もあって、お似合いじゃないの!

一月我慢して連絡もとらず頑張った企画展、
結局焦れたのは先生で最終日にようやく出向きます。
梶ティー、思い知らされたなら覚悟を決めるしかないw
帰り、駅まで歩く二人ときたら……!!
佐々木は年下のくせに男前で、梶ティーは年上なのに可愛くて!!
すぐ好きって言ってくれない先生だけど、もう答えてんのと同じだし!

打ち上げまで終えた日、ようやく帰ってきた佐々木は
約束どおり気持ちも体も繋げます…♡
がぁぁぁぁぁっ!!!二人とも可愛いけど、おやじ受け最っっっ高……!!
とろける梶ティーがたまらない!

描き下ろしもまた甘♪
『1年後とちょっと先の話』との事で、
自分でも多少稼げるようになった佐々木、相変わらず梶ティーにぞっこん。
作品の置き場所も無くなってきたし一軒家に引っ越そうかと言う先生です。
もうプロポーズじゃーん!
そして先生は前よりすんなり言葉にも態度にも表してくれて微笑ましい!!

絵柄はなんとなく糸井のぞさんっぽいかも。
コマ内のバランスも良いし白くないし
テンポも良い!(青山十三さんみたいな感じが所々あるかなー)
次回も新刊買い決定です!!

カバー下の佐々木&梶ティーの設定も面白い。
(梶ティー、顎髭あっても全然良かったのに…。受けでもアリですよね…?)
友人のモテっぷりも知ってちょっと嬉しかったです♪




7

東雲月虹

和琴さん、こちらでもお初、誠にありがとうございます!!w
大変光栄に思っております♪

まぁぁ、榎田さん、さすが!素敵な方ですね!!
私も大っっっ好きでございます!!

そしてこちらの作品は、
本当におやじ受け好きにはたまらないものがありますよ!
和琴さんも「…うひょぉぉぉぉ♪」となっていただけたら嬉しいですw

ありがとうございました!!

和琴

こんばんは!
初めまして~レビューにコメントするのは初めてです(笑)

この方の作品、購入しようと思っています。ミーハーで榎田先生のことが好きでツイッターで話しかけたら「おじさんが好きならぜひ買ってください~」とリブを頂いたこともあって(笑)
榎田先生のこういう気さくなところも大好きです。

泣けるBLは今、人に貸していて…この漫画家さんだったのですね!
わりと好きな絵だったのでやはり買います~!
うっかりそこまでチェキしていなかったのでありがとうございます(#^.^#)

東雲月虹

M翼さん、初めまして!

私も迷いましたよw
こんなむさ苦しくて拙いレビューで興味を持っていただけたなら
とても嬉しいです!
勿論皆さんお好みがあるので「絶対萌える!!」的な発言は出来ませんが
きっと何か心に残るのではないかなと思います。

コメントいただきまして、ありがとうございました!

M翼

はじめまして。

これ、購入しようか迷ってたけど、俄然興味が湧いてきました(笑)

買おうっと!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ