恋の誘惑、愛への一歩

恋の誘惑、愛への一歩
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784829652060

あらすじ

方向音痴な宮入真雪は学校の中を彷徨っているところを生徒会の副会長・天勝由勝に助けられた。再会した天勝から生徒会の仕事を頼まれて真雪は大はりきり。双子の兄の沙雪と毎日生徒会室に出向くが、天勝の下心を見抜く沙雪は気が気でない。天勝はなにかと沙雪を追いはらって真雪と2人きりになろうとするのだ。だが、さすがの天勝もあまりに警戒心のない真雪にむやみに手が出せなくて――。沙雪に囲いこまれて純粋培養された真雪の恋の目覚めは?

表題作恋の誘惑、愛への一歩

天勝由勝 腹黒な副会長
宮入真雪 純粋な高校一年生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ピュア過ぎる受けに色々と教える喜びを感じました

究極にピュアな受けの登場です。ピュアというかガキというか、なんにも知らないのだ。
二卵性双生児である兄に守られて、純粋培養されてる受け。
そんな双子が全寮制の高校に通うことになり、そこで生徒会長と副会長(攻め)に気に入られ、一緒に活動することになります。

こういうストーリーをどう楽しむかというと、私はだんぜん攻めの側から見ちゃうんですよねー。
純粋培養された受けに、エッチなことを一つ一つ教えていくことに喜びを感じる私は、脳ミソがオヤジなんだと思います。
軽ーいノリの話ですが、面白かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ