春に僕を忘れて

春に僕を忘れて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥427(税抜)  ¥461(税込)
ISBN
9784044326098

あらすじ

激しさと危うさを持つ久我貴史は、ロック界の頂点に立っていた。
彼をデビューさせたプロデューサー長崎は、妻・藤子と貴史の間で暗い想いに揺れていた。
だが、アルバムのリリース直前、貴史は突然死んでしまった。
事故か自殺か…。
二年後長崎が彼によく似た新人・健人をデビューさせた…。
長崎の真意は。
そして健人の想いは。
失われた魂の行方を描く青春ロック小説。

表題作春に僕を忘れて

評価・レビューする

レビュー投稿数1

逝く人と、残される人。

物語を最後まで読んで、あとがきまで読んでようやく何が言いたかったのかわかりました。笑
というのは、話がふらふらしていて、何が言いたいのか途中さっぱりわからなくなるのですが、最後に超オカルト現象が起こって、「!?」と読者側が思っているうちに話が無理矢理まとまってジ・エンド。とりあえずは、人間、途中放棄せず最後まで生き抜け、という内容でした。全然BLじゃないのでご注意あれ。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ