盗んだリンゴは甘い

nusunda ringo wa amai

盗んだリンゴは甘い
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×213
  • 萌13
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
157
評価数
42件
平均
3.8 / 5
神率
31%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥667(税抜)  ¥720(税込)
ISBN
9784834262285

あらすじ

人と話すと顔が赤くなってしまう希は、短期のバイト先で出会った、おおざっぱで無遠慮な性格の迫田が苦手だった。そんなある日、襲われそうになっていた希を迫田が助けて距離を縮めるが……。近づいては離れてしまう二人の恋の行方はどうなる──…?

表題作盗んだリンゴは甘い

短期バイト先で出会った大学一年 迫田祐二
対人恐怖症気味の大学生 野々宮希

その他の収録作品

  • 甘い生活①
  • 甘い生活②
  • 甘い生活③
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

続きが読みたい!

受けの希は赤面症で子供の頃からかわれたのを気にしていて人と上手にコミュニケーションがとれません。
攻めの迫田は正反対な性格で思った事をズバズバ口にするタイプです。
二人は短期バイトで知り合い少しずつ時間をかけてお付き合いするようになるのですが、実は子供の頃のトラウマの原因は迫田で…。

迫田は初めはなんてデリカシーのない人なんだろうと思っていましたが、好きな子を苛めてしまう(でも優しくしたい)可愛い奴だなぁと最後まで読んで思いました。

希も迫田と出会った事によって人として成長できたので本当に良かったと思いました。

書き下ろしもラブラブな二人が見れて嬉しかったのですがもっと見たかったです!

0

コミュ障って、好きじゃないけど

コミュ障と言う設定は、最近の流行りなのかよく見かけますが、あまり好きではないです。でも、そのきっかけとなったいじめっこに再会し、気づかないままに付き合いだして、そういうことからだんだんと周りとも上手く付き合えるようになっていく明るい話なので、だんだんそのコミュ障の主人公を応援する気持ちになっていきます。
そもそもそのいじめっこも好きだからこそのちょっかいだと言うのも、なんだか純粋でほっとします。

一冊丸々このカップルなのでストーリーもしっかりしているし、初めて読んだ作家さんですがこれから探して他の作品も読んでみようと思いました。

1

良いヤキモチ!

子どもの頃に赤面症をからかわれて対人恐怖症になった希が、無神経だけど優しい迫田を好きになって社交性がレベルアップしていくが、実はトラウマの原因が迫田で…

いやあ、迫田最初ちょっとやな奴で何考えてるのか分かんないと思ったけど、最後まで読んでから読み返すといろいろ納得。2人の感情の揺れ動きが丁寧に描かれてるなあと思った。

どんどん明るくなっていく希にヤキモチを焼く迫田の余裕ない感じがすごくいい!希は自覚なくモテるタイプだからこれからも大変そうだな。

鹿島さん…めっちゃいい子やん…バレンタインにお洒落して…ちょっと切なくなっちゃったよ。素敵な彼氏ができますように。

0

赤面症の受けがかわいい

ガサツな男×コンプレックス持ち。
赤面症で対人恐怖症の希がかわいくて、その反面、最初攻めの迫田を何てデリカシーのない男だって思いました。

ガサツだし直球だしちょっと怖いし…。希が繊細すぎる性格なので正反対の組み合わせです。でも迫田は優しいところもあるんですよね。

バイトのお話なのですが、最初から何故か迫田は希を気にかけていて希が1人でいても構ってくれて・・・そうやってだんだん苦手に思っていた迫田が気になっていく様子が描かれています。
でも迫田は、優しいと思ったらそっけなかったり。

最初から迫田には何かあるんだろうとは思うのに、それが明かされないまま進んでいくので、迫田が希に優しいのもたまに冷たくなるのも理由がわからず、結果的にお話がちょっと「??」て気分でした。それが少し残念だったかも。

ただ、ちょっとかわいそうな受けが好きなので、希のような自分にコンプレックスのあるトラウマキャラが可愛いくて楽しかった。
迫田は希に対する態度がちょっと意味不明だったので最初は苦手だなあと思っていたのですが、この話で一番面白かったのが書き下ろしの付き合ってからのお話です。
続き

髪を切って明るくなった希と、希が可愛くて仕方ない恋人バカ(?)の迫田。迫田の、「どうしてそんなに可愛いんだよ!」って台詞が可愛いです。
性格は変わってないのに、お互い素直になってからのほうが面白いんですよね。
むしろ恋人になってからのお話がまるまる一冊で読みたいわ~と思いました。

1

赤面性かわいいじゃないか!

オオヒラさんの作品はことごとく萌えポイントをついてきます。
今回も昔のトラウマ、過去の関係、など萌えさせてくれる
設定がありました!

攻めは気付いていて、受けは気づいていない。
受け視点の話なので、攻めがちょろちょろしていても
なんやなんや?と気になるだけで、そこまで思い至らないと思います。

トラウマの原因が攻めなんですが、
そうだと知ったあとの展開が鮮やかで素晴らしかったです!
ちょいやらかした攻めを成敗する話作りが大好きなので
読んでいて白熱しました!
反省して謝る場面とか、たまりません。
受けは可愛い可愛いなんですが、攻めは受けを守るためにたくましく
なってほしいという親心のような感情を抱いています。

最後にはくっついてよかったです。
あっさりくっつくよりも、
紆余曲折あり、乗り越えていく過程が良いですよね。

2

いいねぇ~

子供のころの嫌な経験がトラウマとなり未だにその記憶から逃れなれない希。

短期バイトで知り合った迫田を好きになり
トラウマとなった原因の過去をうち明けるも
迫田はその消し去りたい過去の張本人でした。
そのことがわかってから、迫田を避けてしまう希。
「小さいころ好きだった・・・」「好きになるのをやめられなかった」
その告白を聞いても、最初は許せなった希。
もう一度話して誤まりたいと毎日毎日、希のアパートの前で待つ迫田。
最終的には希が折れて、二人は結ばれます。
途中からなんとなく予想がつくストーリーではありましたが
描き下ろしの、甘々な二人と希の「彼シャツ」にやられました。

2

サクッと読める、かわいい癒され漫画♪

オオヒラヨウさんの本は2冊目です。
表紙の絵がすごく目を引くな~
かわいいな~~と思いつつ、
以前オオヒラさんの本を読んだときに、
中の絵柄がそんなに好みという程でもなかった…と思った記憶があって、
ちょっと手に取るのを躊躇してました(^^;)
でもやっぱり気になってしまって、結局読んだわけですがw

オオヒラさん、結構コミックを出しておられますが、
1冊まるまる1CPのお話というのは初めてなんですね、
まるまる1冊で読み応えはあるものの、サクッサクッと読めます、それが味かしら♪


子供の頃に、すぐ赤面するのを友達からかわかわれて笑われて、
大学生になっても赤面が直らず、人付き合いがすごく苦手な表紙の子(受け)と、
荷物の仕分けの短期バイトで出会った、
思ったことをズバズバ言う、ガタイのいい年下の明るい大学生(攻め)とのお話。

わたしも昔、荷物の仕分けバイトをしたな~とか、
子供の頃はリンゴみたいにほっぺが真っ赤だねとよく言われたな~とか思って、
(もちろん受けのように可愛くはなかったし、昔の子供みたい…とも言われましたがw)
なんだかちょ続きっと親近感がわくお話でした。

やった方はそんなつもりがなくても、付けてしまった傷って意外と根が深いよな…とか、
癒すのは誠実さと一生懸命さと根気が大事かな、攻めがそういう人でよかったな…とか、
何より受けの真っ赤な顔と、困った時のふにゃふにゃになる口が可愛い~~
そんなことを感じた本でした。


大まかな展開が予想どおりで、ちょっとヒネリが足りない気もしましたが、
かわいいな~癒されるな~と思えた本で、読めてよかったです♪

4

現実的なお話でした

とっても可愛い表紙にひかれまくり購入。

ウジウジ系だったら嫌だなと思ったのですが、全然大丈夫でした。

赤面症の為あまり人とうまく付き合う事ができない希。

趣味はバードウオッチング
大好きな鳥たちを見ているのが
大好き。

免許があればもっと遠くまで行って鳥を見る事ができると
思いたち免許をとることを決意。

短期間でお金を稼ごうと
お中元の荷分けのバイトをする。

そのバイト先で自分とは正反対の男性と出会う。
最初こそ苦手だと思っていたが実は・・・・
という展開です。

2人は実は幼少の頃同じクラスだった。
これが作品のキーとなっています。

髪を切ったイラストにはびっくりしましたが大きな一歩を
自然に踏み出せたのだなと
わかる大きな変化として
とらえればとーーっても
喜ばしい事なのですが

表紙のイラストがとても
可愛いのでちょっと残念。

2

真逆だからこそ惹かれあう二人

誰しも何かしら持っているコンプレックス。
本人ほど周りは気にしていなくても
小学生の頃、からかわれた嫌な思い出は
忘れたくても忘れられず
消極的にならざるを得なかった野々宮が気の毒でした。

それを最初からデリカシーの無さで
多少強引にでも世界を変えてくれた迫田くん。
まるっきり正反対な性格だけど
気にかけてくれてピンチを助けてくれて
徐々に心を許し自分の過去を話した途端
避けられるように……。
自分だけが仲良くなれた気になっていたと
胸を痛める野々宮が可哀想で、みぞおちがズキズキ…(泣)

野々宮の綺麗な心に胸を打たれました。
前半の「鳥は人間みたいに無神経じゃないから」
っていうのもわかる気がするし。
好きな鳥の写真を見て眠りに落ちるとか
迫田くんにバイクでバードウォッチに連れて行ってもらって
鳥が逃げないように小声ではしゃぐ姿がラブリー!
それを見て喜ぶ迫田くんの純情と
好きだから早く繋がりたい欲情、男らしいじゃないの!!

野々宮が自分で慣らす1シーン…、
ニヤニヤせずにいられるか!w


でも迫田くんが実は…と続きいうのに驚いてしまって
野々宮くん程ではないけどショックでした;
そりゃ小学生なんてそんなもんだろうけど
当人にしてみたらあっさり許せなくて当然だな、と。

許して欲しくて連日通うのは健気でしたが
ヘタすりゃストーカーだよ!?
ここは誠意の見せ所でしたけども。
しっかり想い続けてくれて良かった!!

お風呂場で服を脱ぐのも待てないくらいがっつく迫田くん、
余裕の無い様子がいい!!
ちゃんとこの日まで待っててくれてたし優しい…。
そこにはもう好きな人を傷付けたくない気持ちもあるんでしょうね。

迫田くんと付き合った事で内気さが少しずつ緩和されて
人付き合いも増えたのはとても喜ばしい事だし
顔を隠していた前髪もすっきり切って可愛い!!
それに対して嫉妬するとか!迫田ーww
友人に誘われたのを見て思わず
「俺の事は別にいいんだぜ」って自虐的な言い方をして
泣かせてしまう描き下ろしの『甘い生活①』は悶えた…。

ただ、ノンケにも関わらず男同士にそんなに抵抗が無かった野々宮、
いくら優しくしてもらったからっていいの!?と思ってしまいました;
ここだけちょっぴりひっかかったのですが
ほんわかと気持ちが温かくなれましたし
次話に行く前のページの隅に描かれたちびっちゃい二人が可愛かった!!!
ので萌×2寄りの萌です。
次もオオヒラヨウさんのコミックス読みたい♪

5

かわいい〜りんごちゃん!

初読みの作家さん(^^)
絵が好みではないと思ってたんですが
読んで見たら苦手ではありませんでした。汗

1冊丸々1つのカップルの話で
短編集はあまり好きではないので
とても良かったです!

題名にもあるようにテーマは「りんご」!
しかも食べるのではなく、顔が真っ赤になっちゃう
「りんご病」でした。

主人公は、普通の成人男性で
小さくもないし、ひょろいけど男の子って感じなんですが
りんご病が入るだけで、とってもかわいい〜笑

一生懸命な所がキュンキュンでした!

あと、攻め様も過去に負い目がありながらも
受け様が好きすぎて、嫉妬したりと
大好物な展開だったぜ!!!笑

お話もまとまりがよかったし、
主人公の成長なども垣間見れて良かったです!

3

甘酸っぱい林檎ちゃん

赤面症から対人恐怖気味になってしまった主人公と、バイトで出会ったデリカシーのないでもズバっとモノを言う男とのお話。
オオヒラヨウさんの作品、実は大好きなんですーーー!!
いつもと違う甘い雰囲気の真っ赤に染まった顔の絵と林檎や苺やサクランボの背景のデザインに感激し、中身を読んでは身悶えて。
二人の出会い~気持ちが通じ合うまで、そしてその後に出してきた(やはりそうだったか!)より固い結び付きを得るための展開と、最初の対人恐怖がウソのように変われた主人公と。
非常にわかりやすい展開と見せ方です。
ただの恋愛だけじゃなくて、成長している姿があると自分的ツボにはまるんだろうな、と改めて認識。

趣味のバードウォッチングのための教習所通いの資金をつくろうとデパートの歳暮仕分けのアルバイトに募集したのが、赤面症で対人恐怖気味の野々宮と、デリカシーない男・迫田との出会い。

この迫田、冒頭からいきなり「ウンコっすか?」って~!!!
相手の顔をまともに見られない野々宮に「目を見て話す!」
怖い顔でズケズケと言うのだけど、少しはきをつかってくれているのかな?
それが野々宮が社員に襲続きわれたところを救ってくれたことで、良い人なのかもしれないと思い始め、自分の赤面症の事を話すのですが、急に怖い顔で黙りこんでしまう。
実はこれが、後々のエピソードに重要な箇所だったのですよ♪

野々宮の赤面症エピソードは結構辛いものがありますね。
今まで人を避けてきたからぐいぐい踏み込んできてなおかつ優しさを見た迫田が特別になってしまったのは必然を感じます。
赤面症設定だから随所で顔を赤くする表情があるのですが、その範囲と度合いがシーンに合わせて色々で、これが結構かわいいのですv
初エッチに挑戦の時は鼻血まで出てましたから(爆)しかも全身真っ赤にして~こりゃ仕方ないよね、でもやっぱりかわいいのです。
付き合い始めて、エッチが最後までできるようになろうと頑張る姿とか健気でした。

穏やかに健気に恋人への道を歩むかに見えた時にわかった、実は迫田がトラウマの張本人でそれをかくしていたという事実。
ここで出してきましたか・・・
トラウマの原因はショックだけど、それよりどうして言ってくれなかったのか?という迫田に対する疑念が先だっていましたし、
野々宮が迫田と付き合うようになって、大学の周囲の人々とも話しができるようになったことで得られる回りの人の声。
付き合って育んだ過程があるから、野々宮が成長している姿があるからこそのハッピーエンドだったと思います。

野々宮が赤面症だからといって女子みたいなわけじゃなく、ちゃんと男子であるし、
絵柄も甘くなく、かわいいといってもこの絵基準の甘さとかわいさで、
きっとすごくかわいらしい絵柄だったら、話しは好きでも自分的ツボからはずしてしまったかもしれないです。
この絵であるがゆえの、良さがあった気がします。

また番外コネタの【甘い生活】は迫田の野々宮愛があふれすぎて暴走してるのが爆笑を誘います←コレ必見よね。
迫田の鼻血は野々宮のかわいい鼻血とちがって噴出してましたからw

にしても、野々宮ラストのほうで髪きっちゃって幼くなってしまっていて・・・わるくないけど切り過ぎだよw別人みたいでした。
勢いだったら「神」を付けていたのですが、好きすぎてレビューが書けない間に少し落ち着いたので萌×2です。

6

好きだから苛めてしまう

人見知りでバードウォッチングが好きな大学生の野々宮が同じバイトで一緒になった
ガサツでデリカシーのカケラも無いような年下の迫田とのラブなのですが、
実はこの二人は幼なじみで再会ものでもあります。
受けになる野々村は過去のトラウマ的なこともあり迫田のことを忘れています。

迫田はバイト先で野々村を見た時には既に初恋の相手だと解っていたのですが、
過去も現在も好きなのに苛めてしまうみたいな流れでした。
野々村にとって迫田は1番苦手なタイプで、ガサツで思ったことを大声で話されただけで
野々村は萎縮してしまうくらいオドオドしてしまう。
それでも、なんやかんやと迫田に構われて、バイト先で社員に絡まれていた時に
迫田に助けられてから、野々村の引っ込み思案な感じが改善されてきます。

すれ違いながらも相愛になり付き合い始める二人、野々村は迫田の影響か、
大学でも次第に友人が出来るくらい変わってきますが、迫田の従姉妹に二人は
幼なじみだったと聞かされ、子供時分の忘れたいた苛められていた過去と
迫田が繋がり、自分を対人恐怖症に近い状態にした相手が迫田だと知り避けてしまう。
続き
すれ違いながらも、迫田の野々村への誠実な気持ちに心動かされ過去のこだわり以上に
現在の迫田を好きな気持ちに気がつくまでのお話でした。
子供時分の好きだから苛めちゃうが、大人になって恋の障害になる、
臆病な人見知りの野々村が恋で変わっていく様子も、迫田の嫉妬深さもどこか
最後は微笑ましいと感じる作品で面白かったです。

6

リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ♪

幼少期にすぐ顔が赤くなることをからかわれ、それ以来人と話すのが苦手な大学生の希。
バードウォッチングの資金源のため始めた短期バイトで出会った迫田は、年下なのにズバズバ物を言ってくる無遠慮な性格で、希の苦手なタイプだが…。


冒頭から「ウ●コっすか?」に度肝を抜かれました!たしかに無遠慮すぎるww

希は、迫田が苦手なはずなのに、絡まれて悪い気はしない。
上司に襲われそうなところを助けてくれたり、看病してくれたり、実は優しい面を知るにつれ、好きになっていきます♪
すぐ顔が赤くなる(=好意がバレる)から、あまり迫田には近づけない!!!
でも、人気者で皆とワイワイやってる迫田を遠目で見て胸が苦しくなる…。
迫田、早く抱きしめてやってーー!!!と思わずにはおれない可愛さです☆☆

迫田は、実は子供のころ希の赤面症をからかった張本人で、
好きな子(=希)の気を引きたくてつい意地悪を…という事情がありました。
再会してからは、初恋の相手に忘れられていてついキツイ物言いになり、
トラウマの原因が自分と知ってからは、罪悪感と好意との間で悩んでます。

臆病な性格でも続き、初めての恋には誠実に向き合おうとしている希と、
そんな希が可愛くて大事にしたい迫田。
二人とも初々しくて、
初恋のやり直しのようなスローテンポな恋がとっても微笑ましい作品でした☆


そんな二人の初Hシーン(未遂)がまーー可愛くて可愛くて!!
全身真っ赤になって、鼻血まで出しちゃう希を見て、
「今日はやめとこう」と言う迫田の笑顔が優しくて
すごくいいな~~と思いました(*´∀`*)

巻末の描き下ろしは、迫田がどれだけ希を好きか分かるショート三連発。
彼シャツ姿に鼻血吹いたり、
窓を開けたまま声を上げさせて、泣く希にモエモエしたり…v
タイトル通りの、甘~~~~い生活が描かれてました!

ただ、絵のせいか、髪切った希が別人に見えてしまう…。
長い髪の方が可愛かったかなぁ…なんて元も子もないことを思ってしまいましたw


なんにせよ、表紙から期待した以上の甘さとキュンを堪能できました♪♪

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ