雪埋み

雪埋み
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
16
評価数
5件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アイスノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784872786545

あらすじ

海外研修に行っていた恋人・宮原の帰国に、真田は嬉しさを隠せない。彼が帰ってきたら一緒に暮らそうと、2LDKのマンションまで借りていたぐらいだ。だが、久しぶりに顔を合わせた宮原は、なぜか真田を避けているようだ。極力ふたりになるのを拒み、真田の姿を見ると迷惑げな顔までする宮原に、日に日に不安を掻き立てられる。そんな真田の不安が的中するように、宮原は―。

表題作雪埋み

広報部・真田瑛士
リーマン・宮原智幸

その他の収録作品

  • 花野
  • 満ちる日

評価・レビューする

レビュー投稿数2

大人のロマンス

表紙買いだったんですが、地に足が付いた大人のロマンス。
わたしは好きです。

0

追われて、追いかけて

20代の男同士の恋愛で、とてもリアリティーを感じました。
別れを繰り返して、2人がまた結ばれる迄を、長い年月をかけて丁寧に描写されています。
健気な攻めを探している方にオススメです。

広報部・真田瑛士 健気無骨攻め×リーマン・宮原智幸 不器用クールビューティー受け
海外研修に行っていた恋人が帰国するので、迎えに行ったのだが宮原の態度は素っ気ない。
一緒に住む為に借りた部屋があると誘っても、気乗りのしない態度で。
仲が良さそうに上司と一緒にいることも、真田の不安をあおって。

いままで恋人同士だったのに、いきなりの徹底的な受けの拒絶は悲しくさえなる位です。
宮原の事を好きな真田はそれでも必死で、以前と同じ恋人同士になって欲しいと迫る姿は、受けが冷たければ冷たい程、健気にうつりました。
肉体的欲望を見せて迫って、最終的には受けから下衆とまで言われます。

拒絶する宮原にも理由はあって、海外研修で離れてみて、いかに自分が真田頼りになっていたのか、自分がなくなってしまうのが怖かったと、不器用なのが切ないです。
恋をしているが故に悩んで苦しんで、真田から離れたかった続き
それだけ、宮原は真面目で悩みに悩んだのだと思えて、読んでいるだけで息苦しさを覚えました。
宮原から拒絶されて真田も傷ついていて、互いが好きだったって事がわかっても、そう簡単に上手くいかない事がリアリティーがありました。
田舎に帰った真田には老いてきた母親の期待もあって、お見合いの話が来たり、男同士という壁がより現実として迫ってきます。
いままでは追われる立場だった宮原に、自分を選んだ真田が幸せになれるのかと悩んで、「雪埋み」で真田が苦しんだ以上に、宮原も苦しみます。
共に苦しみながら選んだ結果、大人の男同士の実感のこもった「愛している」と言う言葉に胸をうたれます。
二人が悩んで苦しんだ姿を見ていただけに、ようやくこの時を迎えて大団円が嬉しかったです。

エロ:★3 大抵は言葉責めや羞恥責めの一種として鏡に映したHが使われるのですが、互いの愛情確認としての使用で、情感のこもったHがよかったです。
総合:★5 20代の男同士の恋愛の最終形態迄を、丁寧に追えるBLでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ