ふたりぼっちで恋を

futaribocchi de koi wo

ふたりぼっちで恋を
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
110
評価数
29件
平均
3.9 / 5
神率
27.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784344831056

あらすじ

十五年間「ぼっち」だった龍介は高校入学を機に「友達を作ろう!」と意気込み、ひとり便所飯をしていた森高真人を発見して…!?

表題作ふたりぼっちで恋を

岸龍介(成績優秀だが、プライドが高い ぼっち)
森高真人(ぼっち)

同時収録作品ひとりぼっちの君と

岸龍介
森高真人

同時収録作品花とメルヘン

湊谷一登(市長の息子)
神さま(立ち退き話のある神社にいる)

その他の収録作品

  • ふたりのその後
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

かわいい。かわいい。かわいい。

〔ひとりぼっちの君と〕
はー…かわいい。かわいい。どっちもかわいい。
絵はきれいだし、キャラはいとおしいし、話は萌えの中に切なさもあるし。
文句なしに大好きなお話でした。
受けが健気すぎていじらしくてぎゅっとしたい!青鬼ってかわいすぎる!
淡い可愛い恋愛話が好きな方は間違いなく好きだと思います。

〔花とメルヘン〕
思わずもらい泣きしそうに。攻めの最期のシーンにグッときました。
お父さんもいいひとで、子供からしたらわからない親心ってあるよね、と。
欲を言うなら迎えに来た後のいちゃいちゃラブラブが見たかったです。

1

同時収録作品は今の時期に是非っ!

■ふたりぼっちで恋を/ひとりぼっちの君と/ふたりのその後■
岸 龍介(高校生)×森高 真人(高校生)

学年一位の秀才・岸龍介は、そのプライドの高さから十七年間友達のいない「ぼっち」だった。
そこで「高校生活最後の年ぐらいは友達を作ろう!」と意気込むが、周りはすでにグループができており、完全に流れに乗り遅れてしまう。
なんとか同じ境遇のクラスメイトがいないか探した龍介は、さみしくひとりで便所飯していた「ぼっち」の森高真人を発見し…?!

ハイスペックだけど傲慢コミュ障なので友達いない龍介と、病弱だったが故に友達いない真人。
子どもの頃から元気になったらみんなと遊びたいって思ってた真人が、龍介と一緒にいる時の嬉しそうな表情がもう可愛くて可愛くて…(*´Д`)ハァハァ
龍介が放っておけなくなってくるのもわかりますっ!
もうめちゃくちゃ可愛いのですよ。

あとクラスメイトの桐山くんがいい子っΣd(´∀`*)

■花とメルヘン(前編/後編)■
湊谷 一登(市長の息子)×神さま(立ち退き話のある神社にいる)

時は現代。
建設計画の立地内にある神社の神様に立ち続き退きを了承させることを命じられた市長の息子・一登だが…?

信仰してくれる人が誰も居なくなったら消えてしまう…最初の一登の目的からしたら好都合の展開だったのにいつの間にかずっと一緒にいたいって思うようになっていて…。
お父さんである市長さん、なんだかんだで息子のこと考えてるなー…って思う。
むやみに邪魔するでもなく、成長を期待してる。
良いお父さんであり、良い市長さん!

一登の人生を狂わせてしまうと考えて自分から離れることを決意した神さまから一登へ宛てた手紙に涙腺刺激されました…。
「この身体が一日でも早く消え果てることを願っています」
「だってそれは私からの解放を意味するのだから」
…(´;ω;`)ブワッ
そんな悲しいこと言わないでよ、神さまー!

8年後、神さまが見たいって言ってたフクジュソウをたくさん持って再会しただけでもウルリなのに…老後!
一登が老衰するところも描かれてるのが…!!
・゜・(PД`q。)・゜・
一登が亡くなるとと同時に神さまも…。
ずっとずっと最後まで…一緒に居たんだなー…って。。。

因みにこの話、初詣描写あるので是非ともこの時期にオススメ(`・ω・´)ゞビシッ!!

2

ほのぼの〜

絵がとっても可愛くほのぼのなお話。
表題作は、お互いぼっちの真人と龍介が
友達になって、恋人になるまでのお話。

表題作の良いところは何と言っても
真人が可愛すぎる〜(灬ºωº灬)
プライドの高い龍介がメロメロになる
のがわかるよ!可愛いもん!笑

同時収録は、神様と人間の恋。
現代なんだけど、神様が普通の人
のように存在している不思議な
世界観の中での話。
(なんて説明すればいいんだ?)

神様に神社の立ち退きをお願いする立場
から神様と恋に落ちるお話。
無気力な一登が神様を守るために
奮闘する姿はウルってきます(^^)
とてもいいお話でした!

ほのぼのだけじゃなく、胸がギュッと
なるようなストーリーでオススメです(^^)

3

絵もお話もとにかく可愛い

半分ちょっとが表題作。
表紙の絵が気になって買った既刊『サヨナラノート』を読んで面白かったのでこちらも作家買いしました。

私の大好きな男子高校生もの。
絵がすごく可愛い。少女漫画みたいな柔らかい画風です。
だからと言って受けが女の子にしか見えないとかではないです。ふわふわぽわ~んとしてるけど、一人称は俺だし。
攻めのビジュアルがとにかく好みです。

友達がいない“ぼっち同士”が仲良くなっていくお話。

受けの子が不憫で可哀想で可愛い。
トイレでお弁当なんて虚しすぎる!
攻めもぼっちのくせに、自分に友達が出来るまでなら付き合ってやるとかなり上から言われても、健気に喜ぶし。
攻めがクラスに溶け込むために、悪役にも回るし。
なんて健気な子なんでしょう。
攻めはもっと優しくしてあげてほしい!!

攻めはちょっとプライド高くて素直じゃないです。
ちゃんと好きって伝えてないのに、えっちぃ事をしちゃいます。
しかも受けが自分を好きだから嬉しいだろ?と恩着せがましく。
気持ちも伝えずに手を出すのはアカンだろとは思いましたが、結局攻めも受けのことが大好きなので良続きしとします。

なんか可愛いお話が読みたいな~と思うと、よくこのコミックスを手に取ってます。

2

かわいくてキュンキュン

この評価はとても自分がこの作家さんを気に入っているという、ちょっぴり座布団重ねた評価であるということを加味してください(汗)
『サヨナラノート』が超絶お気に入りになり、その可愛らしさと純粋さに虜になった作家さんなのです。
今回も表題を含め可愛らしく、ちょっぴり切なさも盛り込んだお話で構成された一冊ですが、個人的ツボを押してキュンキュン言わしめちゃうんだな~♪
”かわいい”が苦手だったはずなのにね~(遠い目・・・w)


高校3年になり、それまでぼっちでやってきた成績優秀の龍介が、最後の1年、せめて友人を作ろうと思い立ったのがきっかけ。
見渡せば、周囲はすでにグループが出来て自分の入り込む余地はない。
そんな時、クラスでも暗いと同じぼっちの真人が一人で便所飯をしているのを見つけ、あまりの不憫さに声を掛けてしまった事から、彼等が友達となり恋人と成っていくお話です。

突っ込めばね、そりゃ突然友人を作ろうと思った動機とか
真人と仲好くなりだしたら、後ろの席のリア充の級友が声をかけてきたり、クラスに溶け込むのが早いのが(皆近寄り難かったと言っている)あれれ~?であるかもし続きれないし、
真人にも今まで友達がいなかったのに、話をしだしたから急に龍介を好きになっていて、しかもゲイだった(?)とか
恋愛感情の持ち込みが唐突で当然でありきなのに、首をかしげなくもないのだけど
その”ありき”に乗っかってしまえば、非常にキュンキュンしてしまうのだ。
それにやられちゃったかな~♪

龍介も、プライドが高くて上から目線で友達になってやってもいい、スタンスだったのが、不器用で、でもかわいらしい笑顔を見せる真人をかわいいと思い、目がはなせなくなっちゃうのわかる!
下の名前で友達呼びをしてみたい、あれをしたい、これをしたい、
もし友達がいたらこういう事をしてみたかったというのは二人とも同じだったから。
れぞれのキャラの特徴であるちょっぴり傲慢な俺がリード的な龍介と、遠慮がちにちょっぴり恥ずかしがりでネガティブな面もある真人の対比が産むすれ違い。彼等が恋人へと発展していくその過程のすれ違いが、これまたかわいらしいのだ!

各話の後に書き下ろしでギャグタッチの後日談が載っていて、それがとってもかわいいの!
あわわわ~また、かわいいしか言ってない(汗)そうなんです、かわいいんです!


同時収録の【花とメルヘン】は切なさが迫る。
ファンタジーな神さまが実体化して神社にいるという設定の元、都市開発でさびれてなくなっていく神社。
氏子がいなくなると神さまは消滅してしまうのです。
この神社を取り壊そうとする父親である市長に、神さまの説得を命じられた高校生の主人公。
しかし、神さまの気持ちを知り、その純粋さに惹かれ、主人公はいつしか神さまと神社を守りたいと願うようになり立てこもりを実行するのですが・・・
ラストは驚きの数十年後でした。
ちょっぴりはしょっていいところが駆け足になってしまったのが惜しいのですが

2作品とも作者さんの特徴がとてもよく出ていたと思います。
萌×2に近い萌えなのです。

6

お花畑*ぼっち*

 ぼっち連盟から「これはぼっちではない」との通達が届きそうな2人ですが、初々しさに癒されたのでその辺は不問に付す方針で良いと思います。

 プライドが高い故の「ぼっち」と、病弱だった故の「ぼっち」。孤独感や絶望感というよりは、戸惑いや素直になれないもどかしさがメインのほんわか「ぼっち」。
 まさにピンクに花柄+ハートの表紙そのまんまの雰囲気で進むお花畑ストーリーに、心が少し洗われるような気分が味わえました。

 2話あたりまではお互い不器用でぎこちなく、くすぐったくて落ち着かない気分で読みましたが、次第に距離が近づいていく2人は見ていて楽しかったです。初々しくて2人なりに一生懸命で、好感度大。頬がゆるみっぱなしでした。

 誤解とすれ違いの中で戸惑いながらも期待が高まって行く感じにきゅん。素直になれない攻めのお茶目さにきゅん。そして素直すぎる受けの仕草&表情&台詞にキュンキュン。
 キスされた後に「ありがとう」と言いながら幸せそうにほほ笑む受けに悶えました。

 可愛い受けは好みじゃないですが、ここまで可愛いと応えない訳にはいかないというか何というか。あと3年ぐらい続きはそのままでいて欲しいです。社会人になって同棲し始めたら尻に敷いちゃって欲しいです。
 クラスメイトもみんないい人で、最終的には「ぼっち」ではなくなる2人。幸せいっぱいでした!

◆花とメルヘン
 市長の息子と氏神様のファンタジー。切なさと幸せがあって、ハッピーエンドの先に式神様はどこへ行くのかが少し気になりましたが、私が気にすることでもないかなと思ったり思わなかったりしました。

5

ちょっとね

表題作
プライドが、高すぎな龍平と天然そうでシャイな真人の物語
真人の天然に惹かれかけた龍平ですが…
ちょっとびっくりしたのは、やっぱり序盤の真人の豹変ぶり。
そして、なんだかんだいいながら、独占欲たっぷりな台詞で、
彼とのよりを戻す龍平。
事件後、クラスメイトとあっさり関係修復してしまうのに、不自然さを感じました。
結構ひどい言動してましたよね、あなたたち 「盛り下がる」とか色々…
ずいぶんと都合がよろしくて。 
なので、
もうちょっと、クラスメイトと関係悪化した方が自然かと考えてしまった私。
その後は、龍平の少し危ない性格と、真人への勘違いな思い込みがあったりして…
真人は、ちゃんと龍平のことを考えて、行動をしていました。
う~ん なんか龍平は、そこまでしてやる、価値のある人間なのかと疑問は残りました。
暴力的なのは、さすがにちょっと…

花とメルヘン
神さまに恋してしまう、一登の物語。
神社の立ち退きをしに行った彼だったが…
少し悲しい物語でした。

表題作で、なんか違和感を感じてしまったので、中立で。

 

 

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ