薔薇色社員の私生活

barairoshain no shiseikatsu

薔薇色社員の私生活
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
66
評価数
16件
平均
4.1 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289000

あらすじ

適度に世渡り上手な相田君の通販事業部に異動してきた クールビューティ佐賀野君。 仕事はデキるが上司にもズバズバ言っちゃう彼にハラハラしつつ、 その素肌が見たくて見たくて…ある夜スーツを脱がせてしまった 相田君が見たものは★★★ 小悪魔な策士・御曹司と教育担当上司の社外部活動 作品も同時収録。 我が道をゆくリーマン達のキュートラブ読み切り集。 描き下ろし入り。

表題作薔薇色社員の私生活

相田・サラリーマン
佐賀野・サラリーマン

同時収録作品みちるクラブ、みちるのらくらくオフィスライフ

中谷・課長
三沢みちる、社長の息子・将来社長の新入社員、23歳

その他の収録作品

  • 婚約しました

評価・レビューする

レビュー投稿数4

安定して面白かったです ネタバレ注意

短編集です。みちるくんは高井戸先生のイメージだとあまり居ないタイプの受かなぁ。個人的には佐賀野君が不器用で好みなキャラでした。真顔で「セックスする?」ってセリフがよい。普通に面白かったです。
高井戸先生は線で描く漫画家さんのイメージなのですが画風に変わりはないのでこのまま安定して大幅の変更はないのかな?一箇所トーンの使い方がいつもと違い印情的な表情のページがあったですがこの雰囲気凄くいいと思いました。

1

いったいどこにこんなリーマンがいるというのでしょうか

融通の効かないイケメン君。
ルックスの良さがかえって鼻についてアダになるタイプですな。
そんな彼の意外な一面にコロリ。

もう一編は社長の御曹司だけど今は平社員君がお目付け役の、これまた意外な一面を知りコロリ。
なんちゃってリーマンものとでもいいましょうか、なんだこのリアリティのない会社員たちよ。
でもまあいいんだ高井戸さんだから。

1

歩み寄って行く姿勢が素敵な大人の恋。

 ぱっと見派手な感じはなく「萌×2!」というテンションで読むわけではないのですが、さらっと吐かれる独創的な台詞に心ときめかされ、じわじわと萌えが広がる高井戸さんの作品。今回も、キラッキラなシーンはないのにラブオーラ全開。優しく幸せな1冊でした。

◆『薔薇色社員の私生活』
 世渡り上手で人当たりの良い攻と、空気を読むのが苦手で思った事をストレートに口にしてしまう受。
 何を考えているのか分かりにくく反感を買いやすい受。しかし「常識的な会話」ができない彼も生身の人間であり、心は弱く揺れていて。常識外れなのではなく、純粋で真面目で不器用なだけ。受の素顔に触れた攻には、受の長所がどんどん見えるようになり、愛おしい気持ちが募って行きます。

 受もまた、攻に愛される事で人の気持ちを考えてみるようになったり、諦めていた幸せを望むようになったり。
 天然な受と、そんな受に振り回される攻のやりとりが面白く、お互いが歩み寄って成長できる関係に癒されました。

◆『みちるクラブ』
 課長×社長の息子。社長の息子だからと特別視しない、大人の余裕で包み込んでくれる課長に萌え×2でした~。続き

1

片や受け、片や攻め、

ほっそりスーツ満載のサラリーマン物が2作品。
表題作は、仕事はできるが人にも厳しいクールビューティ君にギャップ萌した同僚君が、うっかりガッツリ、ゲイの道に転げ込んじゃうお話。
クールビューティ佐賀野くん、実は上手く世渡りするって事がよくわからなくて、とりあえず仕事で結果を出すしかないと、
そして、ゲイなので独りでずっと生きていくしかないと思い定めていて、そのためには目立つことは極力避けて、とりあえず仕事で結果を出そうと、
そんな感じで、まわりとうち解けずにいたのですが、ある日、同僚の相田に、酔うととてつもなく真っ赤になる体質をしられてしまいます。
佐賀野のような外見はクールビューティ、実はかなり天然さんは、高井戸作品の定番キャラ。
普段は隙がないのに、ベッドではかわいい、相田にしてみれば理想の恋人。
家での下着姿がゆるいオーバーサイズタンクトップにビキニっていうのもエロくっていい。
「みちるくん」の方は、高井戸さんにしては珍しい感じで、新入社員みちる君が受けで、美人課長さんの方が攻め。
書き下ろしは、表題作の二人。
佐賀野だったら、ホントにやりかねないよね。っていう続きお話。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ