そろそろ観念してください

君と出会ってから僕は

kimi to deattekara boku wa

君と出会ってから僕は
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神37
  • 萌×233
  • 萌19
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

54

レビュー数
11
得点
377
評価数
95
平均
4 / 5
神率
38.9%
著者
吉井ハルアキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビボピーコミックス
発売日
価格
¥750(税抜)  
ISBN
9784799748640

あらすじ

ゲイで人見知りぎみ高校教師・本田は
進路を一向に決めない生徒・遠藤の相談相手を
押し付けられるも、遠藤に邪険にされてしまう。
けれどひたむきな本田に遠藤も次第に心を開いてくれて。

それどころか、ふいに触れる優しい手が、
自分を見つめる強い瞳が、日ごと増す遠藤が向けてくる
まっすぐで熱っぽい想いに、ときめくも駄目だと逃げ続け…。
一途なスパダリ高校生×恋を諦めている高校教師の
あと一歩がじれったくて甘むずい、青春ラブ。

描き下ろしは、一緒にお風呂で意識しまくりな2人

表題作君と出会ってから僕は

遠藤,高校生
本田,数学教師

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数11

読み終わって、ほぅっとためいき…

ずっとpixivで読んでいました。
まとめて読む威力ったら。

ほぅっとためいき出ました。すごく良かったです。
なんで、こんなに好きになる気持ちが分かる時って恐くもあり、相手に対する思わず期待する気持ちとか、色んな気持ちがない交ぜになってしまうのか。

本田は、自分自身を他人から見た自分にコーティングして生きてきたんですよね。
ゲイだけど、隠して、ずっとそのまま。
だけど!

いや~遠藤くん、何て良い子なんでしょ!
ちゃんと、本田の本質的な良さを見極めているんです。
臆病なところも、実は高校生スパダリな遠藤くんが柔らかく包んでしまう。
優しいだけじゃない、若さ有る強引さが時にたまんないんだなぁ…

放課後の空き教室に引っ張り込んだり。
読むと、きゃぁぁ~って言いたくなりましたね!派手な事はなーんにも有りません!
だけど日常って、やっぱり萌えが広がっていますよ。

ただ放課後に勉強会、ただ通りすがりに目があったり。

エロを愛する民なんですが、ずきゅんとする萌えも大好物です。
遠藤くんが、本田の耳とか頬に触れるのですがね、良いんですよね!

これが高校生と教師の精一杯かなぁと思えばリアルです。

エロは有りません。キスまで。
描き下ろしは、えっち無しのお風呂。
まあ、遠藤くんの遠藤くんは大変だと思いました。本田、頑張ってね!

読み終わっても、余韻が残りました。
またゆっくり読み直します。

10

ときめきで死ぬかと思った

この作品、初えっちはTwitterで期間限定でリアルタイムに更新されるとTwitterで拝見しまして、本編はえっちなしのページ数多めの作品なのか。ならばお互いが惹かれあうまでの過程がしっかり描かれた作品なのだろうなと思いまして、久しぶりにそういったものにも触れたいなと思い読んでみました。
本田先生は生徒思いの先生なのだなと読んでいると伝わってくるのですが、それが伝わるような関わりするのが下手なんですよね。
でも、遠藤くんと関わって、先生として認めてもらえて本田先生も変わっていく様は見てて心が温かくなりました。一方で、理想の先生でいないと、とか先生と生徒だからという避けられない葛藤と、好きだから遠藤くんに「嫌い」という嘘はつけない先生がとても愛しい……!
遠藤くんも一生懸命でかわいくてとっても応援したくなる……こんなかわいいカップルが存在していいのか?付き合ったからといってすぐにえっちなことしないのがこのCPらしくていいなと思います。
でもそれはそれとして先生の乳首見て真っ赤になっちゃうのはかわいい。
ほんと末永く幸せに……

5

恋愛ってきっとこういうもの

大きな出来事は起きません。だけどそれがとにかく良いんです。
言葉を交わして、目線を交わして、それから心を交わしていく2人の様子がとにかく愛おしい。
2人の男性の恋する瞬間から愛を育むまでをじっくりゆっくり、心を熱くさせながら読ませていただきました

誰かを、些細なきっかけで好きなって、その想いが自分でも気づかないうちにどんどん強くなって、あふれていく攻の遠藤くんの様子があまりにリアルで堪りませんでした。
この作家さんは心の機微の繊細なところを切り取るのが本当にお上手ですね。

そして何より心を鷲掴まれたのは、それまで淡々と言って良いほど2人の心の変化と距離を丁寧に丁寧に紡いだ後に、素晴らしい演出で2人が想いを通じるシーン。この部分の緩急の付け方に、帯のあおりと違わず、思わず涙が出てしまうくらいきゅんとしました。

とてもあたたかな気持ちになる作品です。
続編を強く希望します。

2

ゆっくり紡ぐ恋

あの話題作だった『その恋、自販機で買えますか?』の作者様の作品だというのは買ってから気づいたのですがやっぱりとても丁寧にそして淡々と二人の男の恋を描いていて‥とても読みごたえのある作品だと思います。

人見知り気味のゲイの高校教師本田(受)とそして彼を慕うひたむきな高校生遠藤(攻)のお話であり静かにじわじわと二人の関係が進んだり離れたりする所を俯瞰で見る焦れったさ‥遠藤が卒業するにあたりようやく二人の恋が言葉としてゆるぎないものになる‥これ続編はないのでしょうか‥。きっと一長一短という感じで障害が色々ありそうですが是非とももう少し二人の関係のこれからが見たい!!どうかよろしくおねがいします‥(どこに頼めばいいのだろう‥)

2

ギャー

やばい。
キュンキュンした!

なにこの子。かっこ良すぎる。

なんで、こんなにキュンキュンしたのか自分でもわからない!

だがしかし、エロがないので……なくても十分満足なんだけど、もっと読みたいです。

0

キャラの表情に萌える♡

可愛いくてピュア。心が洗われるよう。
恋を諦めた教師と一途な高校生の、焦ったい恋を描いた胸キュンラブストーリーです。


コミュ障でゲイの教師・本田は、シニカルな雰囲気の高校生・遠藤の進路指導を任されます。
相手にされなくても一生懸命指導しようとする本田に、遠藤も次第に心を開いていきーー…

はぁ〜、もうめっちゃ甘酸っぱい♡
ストーリーとしては王道なんです。
一緒に過ごす度に惹かれあっていくけど、教師の本田は傷付きなくないのもあって、気持ちを封じ込めようとして。
それぞれのキャラの心情を丁寧に描いていて、王道だからこその良さを感じました。

学生の時の経験から、他人のイメージを壊さないように生きてきた本田。
「先生みたいな教師になりたい」と言う遠藤の言葉を嬉しく思いながらも、今度は遠藤の理想を壊せなくなっていくんですよね。
だから、良き大人・良き教師であろうと、遠藤のことが好きなのに受け入れることができない。
ここが焦ったいけど、切ないんです。

遠藤はというと、初めこそシニカルな雰囲気であるものの、実は一途で素敵な男の子でした。
周りの生徒たちが本田をよく思っていなくても〝自分はそう思わない〟と、誰の意見にも流されない強さを持ってる。
自分が知っている、優しくて一生懸命な本田だけを信じてる。
ここが遠藤の最大の魅力だと思います。

よく目が合ったり一緒に勉強したり、二人の距離が少しずつ近付いていく姿を見守る楽しさを感じました。
遠藤の真っ直ぐな気持ちを知り、去っていく遠藤を本田が追う場面がすごく良かった。
真っ赤になって告白する本田の表情にはキューンとなります。ここ必見!うぶ過ぎる^^
エロはないけど、卒業式後のやり取りからのキスは萌えます♡

ちなみに、吉井先生のTwitterで2人のその後の様子が22日〜26日、毎日更新されるそうです。
初Hまでの道のりをリアルタイムで追えるそうなので、こちらも楽しみにしたいと思います!

※本作の1〜3話はpixivで読めますので、気になる方は是非!


10

一途なスパダリ高校生 × ゲイで恋を諦める教師

この表紙、放課後の廊下なのだそうで、先生の白衣と遠藤のシャツがほんのりオレンジに染まっているのが素敵。

さて、ストーリーについてです。
先生は大人しい性格だし、遠藤も若者特有のやんちゃさがなく、良い意味で全体的に低温でした。
だけどその中にぐわっと熱くなるシーンもあり、最後まで楽しく読ませていただきました!
いやほんと油断してたら、遠藤の男前っぷりや先生の健気さに不意打ちかけられて死にかけました。

生徒×先生と言っても担任じゃないので、主に放課後の進路指導室が舞台になります。
はじまりは、遠藤の進路相談を本田先生が請け負うところから。
成績優秀なのに就職を希望する遠藤のために、先生はたくさん資料を集めてあげます。
最初は干渉するなモードだった遠藤も、先生が自分のことを真面目に考えてくれていることを感じとり180度態度を変えていきます。

先生と生徒として信頼関係を築くふたりでしたが、生徒から不人気で、この仕事は向いてないんじゃないかと悩む先生にとって、懐いてくれる遠藤は生徒の枠を越える存在になってしまい…
いっぽうで遠藤も、先生に対して独占欲を持っていることに気づくのです。

ここまでが本編の約3分の1。
信頼から恋愛感情への過渡期に当たるこの時期のふたりがまたなんとも良かったです。
絶妙な空気感が。

そして以降は、自分の気持ちからも遠藤の好意からも逃げまくる先生と、じわじわと一途に追いかけ続ける遠藤の攻防戦になります。

うーん、こんな風に一途に思われたら落ちますわ。
先生の言動が腑に落ちなくても、遠藤は決して無理に問い詰めたりしないんですよね。
その代わり、いつも先生の表情をよく見てる。
先生の本音をじっと見極めるように。
こういう聡い子、いいですねぇ。
赤くなった先生の横顔を見て、すっと手を繋ぐシーンもすごくよかった…(p_q )///
それと同時に、ここぞという時には強引さもあって。
空き教室に連行しちゃうシーンはたまらなかったです。
ただ連れ込むだけじゃなくてがっちり捕まえる感じも最高。

逃げる側の先生にも、心を打たれました。
大人になりきれない教師と紹介されてますけど、いろんなものに雁字搦めにされて思いのままに動けないあたり、典型的な大人の姿な気がしました。
本当は好きなのに応えられない先生のほうが、振られた遠藤よりも辛かったかも。
大事にとっておいた遠藤からのメモをそっと見返すシーン、切なかったです。

描き下ろしは、一緒にお風呂。
※ただしエロなし←ここ重要。
初々しいことこの上ないです。
先生生徒ものって卒業式後に初エッチするパターンが多いし、または既に済ませてる場合も少なくないので、このふたりまだだったのか!と。
なんだか本田先生と遠藤らしくて嬉しい驚きでした(笑)
特典もろもろ含めて240ページくらいだったかな?
けっこう分厚めですが、もっと見ていたいと思えるお似合いのふたりでした。

7

萌えのバランスの良さ

吉井先生のお話しは、特別な設定があったりとか、キャラがものすごくたっているとかではなく、良い意味で普通で、それこそ身近にいそうな人物が送る日常が描かれていて、その中にナチュラルに盛り込まれる萌えのバランスの良さが魅力だなと思います。

フツメンな本田先生と、スペックは高めながらも一男子高校生の遠藤がそれぞれの立場で思い悩みながらも徐々に距離を縮めていく様は過剰感がなくスーッと読めて、でも要所要所で本田先生の火照った頬のようにぐっと熱を帯びる場面が織り込まれていて、その度に胸をぎゅっと掴まれてしまいました。
表情はもちろんなんですが、手でも語られる細かなポイントもたくさんでした。

余談ですが、目次で『一緒にお風呂』が目に飛び込んできて、ふたりでお風呂に一緒に入る描写が大好物な私は鼻息を荒くしてページをめくったのですが、思っていた状態ではなかったのに赤面すると共に、あの入り方もあり寄りのアリだな…!とニヤついてしまいました(笑)

5

素敵なお話

きゅんきゅんします
高校生の若さと純粋さと勢いが
これでもかというくらい詰まってます

生徒×先生なんですが
担任ではなく進路指導
絶妙な距離感です

お互いにとても静かに自然に
惹かれあっていく感じがたまらない
たまにズルさみせながら
くっつくまで悶えながら読みました

当て馬キャラもありながら
王道展開なのですが
描写や絵柄が穏やかながらも
熱がこもっていてました

これから、遠藤くんがどんな風に成長するのか
それを思うとキャー‼︎と叫びたくなるくらい男前でした
先生を本田さんって呼ぶの可愛かった

1

大きな出来事は無いけれど萌える

本田先生は美形でもイケメンでも無かったのが、逆にとても萌えました。

不器用で感情が見えにくいのに、遠藤には疲れているとか寝不足だとかは分かってしまうのです。
初めはめんどくさそうだった遠藤が、段々と本田先生の良さが分かって距離を詰めて来るのにキュンとしてしまいました。
進学すると決めた途端に進路指導を変わろうとした胡散臭い担任の辻先生を遠藤が拒否って、本田先生の腕を掴んで歩き出すシーンにドキドキしてしまいました。

自分で年上だから教師だからと理由をつけて、遠藤に好きな気持ちがバレないようにしていて。でも表情から丸分かりで、もうお互い好きなんだから正直になろうよと何度思ったか。そんなジレジレ感がたまらない作品です。

同級生だった高槻が最初は余計なヤツと思っていたんですが、結果的に背中を押す事になって感謝でした。

作中ではキス止まりの真面目な2人のその後がとても読みたいと思ってしまいました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う