その恋、自販機で買えますか?

sonokoi jihanki de kaemasuka?

その恋、自販機で買えますか?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神108
  • 萌×299
  • 萌35
  • 中立10
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
36
得点
1051
評価数
255
平均
4.2 / 5
神率
42.4%
著者
吉井ハルアキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
ISBN
9784815500498

あらすじ

SNS話題沸騰!待望のコミックス化
大人同士なのに、まるで初恋。

会社勤めの小岩井(こいわい)さんは、
自販機補充員のお兄さんに密かに恋心を抱いていた。
ある日勇気を出して話しかけたら、
それをきっかけにお兄さんとまさかの急接近…!?
連絡先を交換し、「歩(あゆむ)さんて呼んでいいですか」なんて言われたりして…

年下自販機補充員×会社員の、まるで初恋のようなピュアで
可愛い胸キュンBL♪

表題作その恋、自販機で買えますか?

山下諒真,28歳,自販機補充員
小岩井歩,32歳,会社員

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数36

手順がしっかりした正統派BL


良くも悪くも普通のお話でした。
自販機補充員×ゲイ会社員の二人。

ゲイで奥手で臆病な童貞受け、黒髪短髪で眼鏡の外見はいかにも~って感じでした。
年下からアプローチしてご飯行ってデートして告白されて、自分も好きなのになかなか踏み込まない…。
攻めに誠意もあるし、無理やりではなくあくまでも受け本意で待ついい子。

両思いなのに一歩が進まず、私は「ああ~もうっ!」と焦れまくりでした(笑)

エロは少なめで最後の最後だけ。
最近は正統派をあまり読んでなかったので新鮮でしたが、やはりどうも物足りない…。
手順をちゃんと踏んだ大人同士のピュア~なお話でした。

0

きゃわわわわわ…

今までノーマークだったのが嘘みたいに自分の性癖な作品でした。
自販機見る度に妄想してしまいそうです。働くお兄さん(異業種)BL、やっぱりいいですね。2人がドキドキする感覚がめちゃくちゃ近くに感じられました。

山下くんの清々しいくらいストレートなアプローチに、何度も萌え転げました。(さすが元・球児)いい!!!!大人の経験値と少年のような性格(キラッキラ)を併せ持つ、バランスのいい理想の攻様でした。
それに対して魔法使いレベルに純情な受のリアクションが可愛すぎます。
大人が迂闊に恋しちゃうと、初恋まで情緒が戻ってしまうんですね。戸惑いながら、徐々に関係を深めていく真面目でまっすぐな2人が眩しくて、羨ましくて(大石さんが…)、読み終わる頃には2巻も必ず買う、と心に決めていました。

1

かわいいッッ

可愛すぎる。受けの子の年上だから少しかっこつけたいけどどこか抜けてる感じもとても可愛くて、攻めの子の余裕がありそうでないところもめちゃくちゃ好きです。お互いが気になるけど恥ずかしくて聞けない!みたいになってすれ違っちゃうのがかわいいです‥‥。

1

どこかに居るかもしれない、と思わせてくれる

SNSで話題になっていたころに一度拝見しましたが、お恥ずかしながらその後単行本化されていたことを存じ上げず、先日書店に並んでいるのを見つけてさっそく購入しました。

もはや説明するまでもないかとは思いますが、こちらは自販機補充員と会社員のピュアなラブストーリーです。
職場で出会って、連絡先を交換して、食事に行って、映画に行って…と、着々と仲を深めていくふたり。
どちらかにつらい過去があるわけでもなく、大きな事件が起こるわけでもなく。
ひとつひとつのエピソードも、ドラマチックさとか派手さはないのですが、日々の生活に寄り添っていて、自分の感覚のなかにすとんと落とし込めるんです。
人生で、もしかしたらこんな場面に出会うことがあるかも?と思えるリアリティがあります。

自販機補充員の山下くん。
とてもハードなお仕事だと聞いたことがありますが、さわやかにこなしています。
名刺の裏に連絡先を書いて渡すという、全人類が一度は憧れる(?)シチュエーションで、歩のハートをかっさらっていきます。
お堅いビジネスのやりとりのなかにプライベートをこっそり忍ばせるのって、めちゃくちゃ萌えませんか。

コミュニケーションも上手で、ぐいぐいと距離を詰めてきますが、強引な感じはなく、とても自然。
及び腰の歩はあっという間に山下のペースに巻き込まれていきます。
あまりにもスマート過ぎて、実はチャラいのかな?と思いましたが、所々に誠実な一面も垣間見えて、好感がもてるキャラクターです。
そして、相手に委ねたりうやむやにしたりせずに、早い段階から好意を伝えているところも良い。

歩は、ゲイであるがゆえに恋に臆病になっている会社員。
最初はなんでもないような顔をして山下に声を掛けますが、内心ドキドキしていました。かわいい。
年上らしい穏やかさもありながら、素朴で飾らない姿が魅力的で、応援したくなります。

物語のキーポイントとなるキーホルダーも、ふたりの関係性にきちんと絡めてあって素敵でした。
日常に転がっている、一見ありふれたものとか言葉とか、そういったものをストーリーに落とし込むのがお上手で、とても完成度の高い作品だと思います。
結ばれてからのエッチシーンもとんでもなく初々しくて、こちらが照れてしまいました。笑
これでふたりともアラサーなんですよ…たまらないですね。

2

一瞬で遠のく萌えの渦

続編が出たことで存在を知りました。
みなさまの評価が高かったので、わたしも萌えの渦に飛び込みたい一心で購入。

会社に備え付けられた自動販売機。
補充に来る自販機オペレーターとリーマンの初々しい恋の話でした。

制服フェチといたしましては、つい見かけるとガン見してしまう。
コカコー◯とかジョー◯アという文字の入った制服、魅力的ですよね。
「自販機オペレーター制服座談会」を開催したら、きっと歩も参加してくれそう。

お互いに好きなのになかなか打ち明けられない、不器用さんと臆病さんの話だと思い込んでいました。
会話を交わしただけで赤面+汗だくな歩が可愛くて、期待値が駄々上がる。
山下が渡した名刺の裏に書かれたメッセージに萌える。
お互いにきっかけを掴みたい下心が透けて見えるのが良くて、ますます期待が爆上がり。
メッセージのやり取りでいちいち一喜一憂する2人が可愛くて、萌えの渦に引き込まれておりました。

ただ歩のもだもだ具合がなかなか理解できず。
気になっていたひとに告白された!→相手もゲイだったんだ!→付き合う!の一択かと思ったら、ものすごくもだる。
恋愛経験ゼロの初心者だからもだっていたのか、なんだ、可愛いなと思っていたら、その理由が「自分はゲイだけど、山下くんは違うかもしれないからさ…」。
ん?
んん!?
ゲイじゃないひとが「僕はゲイなんだ」と打ち明けてきたひとに「付き合おう」って言うだろうか…。
そんなひとがいたら、ものすごく性格の悪いひとだよ…。
「恋愛経験がないから、嫌がられると思って」とか「怖くて」なら分かる。
でもこれは分からなかった…。
分かりたかった…。

もだもだパートにもやもやさせられなかったら、大丈夫だったかもしれません。
でも煮え切らない態度と、中途半端に待たせている状態で相手を気遣えないところにかなりもやもやしていたので、最後の最後で萌えの渦が遠のくのを感じてしまいました。
無念です。

1

落ち着いて読める大人のほのぼのストーリー

大人同士だけれど、うぶで両片想いのような期間をじっくり楽しめる作品でした。受けから好きになった恋愛のように読み進めていくうちに、攻めの気持ちが大きくなっていくのが読めるのがかなり微笑ましいです。攻めはものわかりがいいように見えるけれど、年下攻めらしく余裕がなくなるところが見えるのも楽しかったです。展開がシリアスすぎず、リアリティーもそこそこあるので、ほのぼの安心して読み進められつつも、しっかりストーリーを楽しめる作品だと思います。続編も面白かったのでおすすめです。

3

その恋、自販機で買えますか?

めちゃめちゃ可愛らしいお話
きゅんきゅんしっぱなしでした

最初から歩さんががんばっていて
それがすごく可愛いかった

二人の距離が近づいていく過程でも
人柄がすごく出ていて良かった

歩さんの誠実なところは好感がもてるし
山下くんの男気とちょっとかっこ悪いところも可愛かった

お話がシンプルだからこそ
二人の気持ちとか想いとか
ストレートに伝わってきてそれがすごくささりました

絵の雰囲気もあいまって
読んでいてとても心地の良い作品でした

1

恋は突然に。愛はゆっくりと。

とっても可愛い‼︎ ドキドキ萌え萌え。
そうなのだ、恋は突然やってくるし。突然落ちるもの。そうして、ゆっくり育むもの。
大人になってから。それまで知らない者同士が、何となく良いなぁって思って。想いあって。いい感じになって。
でも、付き合うって、最初はどうするんだっけ?と、おずおず、焦れ焦れ。
本作は大の大人がそんなモダモダを抱えつつ。誠実に、少しずつ。伝え合って行く。優しい物語。
あのくすぐったい感覚を追体験する様な。

会社員の歩さんは、何となく良いな、と思っていた、会社に出入りしている自販機の業者さんに思い切って声をかける。何気無い風を装って、さり気なく。たまに話せると嬉しい。多くは望んで無い。けれど。歩さんも思って無かった事には、彼、山下くんも何となく歩さんを意識してくれていて。
実はちょっ早で両想いになれたのに。あまりにも驚いたので、歩さんは動揺し過ぎて、何故だか告白の返事を先延ばしにしてしまう。大喜びも出来ないくらい、歩さんにとっては意外な事だったのだ。
そんな歩さんの煮え切らない態度を見て、山下くんもモダモダしてしまう。ガッツいてはダメだろうと自制しつつ。頑張る。
山下くんがこれまた、歩さんが見惚れる程のルックスなのに、余裕無く必死なのも良い。凄くカッコいいよね、彼。優しくて。そんなカッコいい山下くんが彼氏になるなんて‼︎
歩さんの心中察して、読み手側もソワソワしてしまう。
LINEのやりとり。時々ご飯。一緒にいられる時間。そういうものを積み重ねて。それは大切な愛情となっていく。

出て来る人が皆んな良い人でほっこり。
後半の、ストラップの件、とてもとても好きです♡

4

会うたびに好きになる♡

初めて読んだ吉井ハルアキ先生の作品です。
吉井ハルアキ先生のデビューコミックスになります。

自販機補充員 山下 諒真と会社員 小岩井 歩のお話。

自販機の補充をするルートドライバーの山下くんは、ある会社の休憩室で声を掛けられました。
「次からオレンジジュース入れといてくれない?」
OJのリクエストをしたのは、メガネを掛けた会社員の男性。
その後、山下くんが立ち去った休憩室では、会社員 歩さんは心筋梗塞になりそうなくらいドキドキしていました。
声ふるえなくてよかった——っ

おぉぉ~!これがデビューコミックスって本当ですか?!
もうすぐ2巻が発売されると知り、1巻になるこちらの作品を読ませていただきましたが、とても良かったです!!

吉井ハルアキ先生がキャラの感情や距離感を丁寧に描かれているので、冒頭から物語に入り込めました。
どこの会社にも一台はある自動販売機を舞台に繰り広げられる設定は、リアリティさがあって妄想世界に飛び立てます(笑)
さらに、「初恋」のようなピュアな2人のやり取りに胸キュンが止まりませんでした♡

初めて言葉を交わした日から山下くんを気に入っていた歩さんは、ある日 思い切って話し掛けました。
少し仲良くなれたらいいなぁ…と思って。
ところが、事態は思わぬ方向へ動き出すのです。
歩さんが山下くんから渡された名刺を裏返すと…そこにはラ〇ンのIDが!!
ここから両片想いの象徴でもあるモダモダが始まります(笑)
好きな相手の言動に一喜一憂する2人がめちゃくちゃ愛おしい♡
お互いの気持ちがわからないため、あと一歩が踏み出せないエピソードに読みながらハラハラしました。
うゎーん、両片想いって本当に尊いですね。

このお話には、当て馬は登場しません。
脇キャラでは、歩さんの同期 大石さん(女性)が登場します。
大石さんは歩さんの恋愛相談にも乗ってくれる良き理解者なんですよ。
自分のセクシャリティを受け入れてくれる同期がいるのは頼もしいですよね。

Hシーンは、描き下ろしにあります。
本編では、経験がない歩さんを気遣って最後までしていません。
…最後までしておりませんが、そこに行き着くまでのエピソードがとても良かったので満足です(笑)

描き下ろしは、本編のその後のお話。
休日の歩さんは一日中ネットで検索してもわかりませんでした。
――セックスの準備ってどうするんだ?
当初、6Pと言われていた「描き下ろし」を吉井ハルアキ先生が担当者に相談して10Pにしてもらった読み応えのある内容です。

本気だからこそ不器用になってしまう山下くん
恋愛経験ゼロなため、頭でグルグルと考えてしまう歩さん
会うたびに好きになる

誰もが2人を応援したくなる素敵なラブストーリーに仕上がっています。
最初から最後までキュンキュンすること間違いなし!
後半の伏線が回収される告白の場面は必見です。
電柱の陰から見守りたかった…。
この先もずっとラブラブでいて欲しいな。
2巻を読むのが楽しみです。

ぜひ多くの方に読んでいただきたいおすすめの作品です。

3

自販機のオニーサンのガテン色がたまらないです!

もだもだしている二人のやりとりとか周囲のキャラがいい味出してるとことかもいい。あっさりしたストーリーなんだけどそれがリアルで良かった!同僚の女の人がいい人で周りから理解されてるやさしい世界でした。続刊も絶対に買います!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う