或る日

aruhi

或る日
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×29
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
134
評価数
29
平均
4.6 / 5
神率
65.5%
著者
ゆき林檎 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

不朽の名作『玉響』──本編では描かれなかった空白の物語。
貿易商の一人息子である麻倉通忠は、
幼馴染みで全寮制の旧制高校で同室だった立花と恋に落ちた。
長い別離を経て、再会を果たした二人は一緒に歩む道を選ぶ。
前途は多難だが、甘やかな日々──…

松本のその後も登場![電子版限定]描き下ろし5P付!

表題作或る日

立花,物書き
麻倉道忠

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数3

本編好きにはたまらない

出ました、出ましたよ。幻の作品と言われていたのが、ついに電子書籍で!!めちゃくちゃ待ってましたよ〜!!
立花と麻倉のその後が描かれていますが、「そうそう、こういうのが知りたかったんだよ!」とファン垂涎のストーリーでした。エロなシーンも結構ありますが、ゆき林檎先生の手にかかると美しくて、とても繊細なものを見せられている感覚になります。ともかく二人が幸せそうでほんまに良かった…(涙)
松本くんもチラッと出てきてなんだか嬉しかったです。

2

サイコー!

電子化お待ちしてました!!
二人のイチャイチャが存分に味わえます!
私まで幸せな気持ちに!!なりました!!!
ありがとう!ありがとう!

4

『玉響』のその後を知りたい方へ

満を持して、同人誌の電子配信です。
『玉響』の後日譚になります。

本編から半年後、周囲の関係を精算した立花と麻倉の再会からが描かれています。
そのまま同棲生活に突入する二人。

麻倉が父に言われた、「手に入れた自由は大勢の犠牲から生まれた責任を伴う自由」という言葉が重い。
何を犠牲にしても諦めきれない思いを貫いた二人の、お互いを思う愛情の深さを感じました。
自分と相手の幸せを一番に考えて何が悪い!
これで良いんだと思います。

同人誌だけあって、ゆき先生にしてはHは濃い目。
フェラした麻倉に、全部飲ませる立花の独占欲とSっ気が良き♡

お互いの好きな食べ物さえ知らない二人は、まだまだこれからなんだろうな。
一緒にいられる幸せを噛みしめて生きていってほしい。
幸せへの一歩を踏み出した二人を見守ることができ、
とても嬉しかったです。

電子限定描き下ろしでは、松本を狙う新キャラ登場。
レイモンーーなかなか手強い男だと思う(笑)
この二人の物語も面白そうだなぁ^^

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う