それは、いけない熱を持った好意だった――

きっと恋になる

kitto koi ni naru

きっと恋になる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×28
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
90
評価数
28件
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥647(税抜)  ¥699(税込)
ISBN
9784758073370

あらすじ

智行は、3歳年上の兄・光由のことが大好きだ。
だがその“好き”がどういう意味を持つかを自覚し、兄を避けるようになる。

そんな智行に気づき、大学進学とともに家を出た光由が久しぶりに実家に帰ってきたことで、
智行は自分の感情を抑えることができなくなっていく…。

離れないで欲しいと思うのに、自分の気持ちが相手を傷つけてしまう…

お互いを想うからこそ、身動きが取れなくなる。
あたたかく優しい恋のお話、まとまりました。

表題作きっと恋になる

智行,弟
光由,兄

評価・レビューする

レビュー投稿数8

デコボコ兄弟が織りなす禁断のラブストーリー

■プロローグ
ずっと好きだった兄貴が突然帰ってきた!?
天然ほわほわな兄、光由(みつよし)の事を好きになってしまった弟の智行(ともゆき)はこの気持を「いけない恋心」と思い兄と距離を取ってしまう。
一方、光由も智行のよそよそしい態度を悟り、大学受験をきっかけに実家を出てしまう。
ところが、お互い離れ離れになってから2年目の夏休みに突然、大好きだった兄が実家に帰ってきてしまい…!?
身長も性格もデコボコな兄弟が織りなす、ほわほわ純愛ラブストーリー。

■感想
いやぁ、これはもう「ごちそうさまでした」以外の何物でもない作品ですね。
背の高い弟×背の低い兄という組み合わせは個人的にとても良いシチュエーションでした。
絵のタッチやキャラクターの表情もとてもGOODです!ただ、ストーリーに若干の物足りなさ有り。惜しいです。
また、描写にR-18な部分が含まれているので、耐性のない人は要注意です。

0

読む予定は無かったのだけど

実の兄弟の弟×兄があまり…なので、かむさんはpixivでチェックしている方ですが、こちらの本はスルーの予定でした。

でも、まとめ買いの中にあったのですねぇぇ。
買った以上、読まないと勿体ないので、読みました。
結果、自分が実の弟×兄物を好まない以上に、無いわーと思ってしまった。
弟の葛藤に対して、お兄ちゃん軽過ぎでしょ!?
キスやエッチに重きが無いとかいうレベルじゃないでしょ!?
同情じゃない、と言われても、じゃぁなんなんだ。
行き過ぎたブラコン?それで良いの!?

という。
中立にしたのは、自分が実の弟×兄を好まない、という目線を差し引いた分なんですが、この評価で正しいのか不安;

0

くやしいですけど萌えました。

何がくやしいかというと他の方も書いていますが、話の展開が強引なんです。
実の兄弟だから男同士以上の葛藤がある、弟は本気で悩んでいましたが兄が寛大といいますか弟の気持ちを驚きつつもあっさり受け入れるんですよ。読者は納得できないような言い回しで。この展開はないわーーーと思いつつも、お話をもカバーしてしまうお兄ちゃんがかわいくてかわいくて・・・
お兄ちゃんがかわいくて読み返してしまいます・・・!にやけます。ページめくるたびにわくわくしますwこの萌えはイラスト・・・なんでしょうか、キャラなんでしょうか・・・

0

実の兄弟をカップルにするのだから…

実の兄弟をカップルに据える以上、その関係の「背徳感」を前面に出すのが当然だと思うし、そこが最大のヤマ場だと理解する。
でも残念なことに、それが今作にはほとんど感じられないんだよね。

最初は弟目線で兄に対する感情は許されないものなんだと訴えかけてくる。そのままの路線でいけばいいのに、後半から急に緩まってしまう。
まぁそれは「兄」のせいなんだけど…

兄は周囲から鈍いとか天然とか評されている。なのに、突然キスをしてきた弟の気持ちに対してだけは妙に察しがよすぎるし、あまりにも抵抗感なく、簡単に弟の気持ちを受け入れてしまうことに違和感を感じる。
弟は兄への気持ちにずっと悶々としていて、何年も距離を置いていたぐらいなのだから、兄も葛藤してほしい。
そして、弟を繋ぎとめるためならキスもセックスもOKはどう考えても同情でしかないし、私には理解不能。

逆に今作の私が好きなところは、絵が文句なく可愛い。とりわけ子供時代の姿は、そりゃもう愛らしい。すりすりしたくなる。
だから一層、そんな二人のHシーンがガッツリ描かれているのは気持ち複雑。
あの幼気な子供たちがこうなるのねと想像続きすると心がザワザワする。罪の意識が残る。

作者のほのぼのとした絵には合わないので、もっとシリアスにしてほしいとは考えてないが、せっかくの設定なのだから、じんわりと切なさを感じられる作品であってほしかった。

3

兄弟モノ大好きだけど…

ガチ兄弟モノ大好きです。でも兄はやっぱり「兄」だという役割をしっかり果たして、年上感や無条件の安心感をくれるキャラクターであるのがいい。

この作品のお兄ちゃんはちょっと可愛すぎというか、天然?でホントに年上か??ってキャラクターでした。や、可愛くていいんだけど。

ストーリーは、弟が一方的に兄に片思いをしていて、許されないからとずっと距離を置き続ける、兄は理由はわからないけれど避けられている事を悲しく思っている、というもの。
最後は弟が兄に理由を話して告白して和解?となるんですけど、兄が「トモが大事だから別にいい」と受け入れます。
果たしてそれは恋なのか…と読んでるほうは疑問に思う気がします…。

けれど結構長々と「これは同情ではない」「トモを繋ぎ止めたいから身体をつなげることに抵抗はない」とこの関係を肯定する話し合いをするんですが…。なんか文章で丸め込まれた感じがしていまいち感情をともなった恋愛
を味わえなかったです。
「これは許されない恋だ」と背徳感を煽った下りを諸所に入れてくるのですが、全体的に軽めの話なんで、このたまに入る重たいテロップを活かしきれてないと続きころもちょっと疑問。

「きっと恋になる」というタイトルが今までのことを指しているならちょっとストーリーとしてまとまってない感じですが、これからそうなっていくんであれば、これはこれでいいのかも。絵はきれいでとても丁寧です。他の作品も読んでみたいと思います。

2

かわいいけど…

表紙買いした一冊です。弟×兄のお話。

面白かったけど、展開が少し早かったかなという感想。最近話が深い、奥のあるBLを読んでいたからか、すごく展開が早く感じてしまいました。兄弟ものは好きですが、弟が兄に告白して、その時は兄には弟に対する恋愛感情はなかったはずなのに、すんなりと受け入れたというか…なんだろう、うーん…もうちょっと兄の感情変化を描いて欲しかったな。

ですが、話としては好きな展開でしたし、絵も綺麗ですので、萌というところでしょうか。

あまり重いBLは好きじゃないっていうかたは読んてみると◎かも。

2

ガチ兄弟

この作品はpixiv掲載時から読ませていただいてましたが、書籍化するとのことなので購入
義兄弟とか片親が違うとかじゃなくガチな兄弟近親相姦なのが良かったです
あと年下攻めが好きなので弟攻めなのも嬉しかったです!

実の兄が好きなことに葛藤しそんな自分が汚いと言う弟
弟の気落ちを知り受け止める兄
受け止めたのはやはり兄だからなんですかね天然ぽやぽやですけど
真面目な話をしている時の兄の伏目がちな目が好きですね~そそります笑
あと意外と最中は淫乱だったり天然タラシっぷりに弟はたじたじです
少し気になったのがもにょもにょが終わった直後にもう少し無言の時間が欲しかったですかね~余韻に浸る時間が短い気がしました。

描きおろしのafterでは支部で気になっていた今後の二人が見れたので買ってよかったと思いました。

0

兄弟愛

絵が好みなのと、あらすじを読んで、すごく好きなのかもと思って買いました。兄弟愛ってほんとかわいいですね;;
弟の智行が兄の光由にずっと好きでこんな想いもつのは間違いだ、と感情を抑えていたのに家を出た兄が帰ってきたことで感情を抑えられなくなり…
光由の普段はすごく天然なのにちゃんとまっすぐに人のことを見て、お兄ちゃんしてる部分がすごくカッコ良くて、心惹かれました。
智行が光由を好きすぎて自分に自信をなくしてる部分も、感情を抑えてるからこそなんだろうなぁって
1話と2話で少し時間が経ったのか、あれ?ってなりましたがエロシーンもしっかりあったので、ストーリー展開もよかったです。
描き下ろしも幼いころの話も入っていてかわいかったです。

前作の書籍本が私的にうーん。だったのですが、兄弟萌えがつまっていて読んで良かった作品でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ