恋をひとくち

koi wo hitokuchi

恋をひとくち
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×214
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
98
評価数
29件
平均
3.5 / 5
神率
6.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289291

あらすじ

老舗和菓子屋の「かつら」と「桂屋」は隣り合うライバル店。
高校生で後継ぎの孝宏と和司もまた、絶交中だった。

不器用な自分よりもずっと才能があるのに、
突然和菓子づくりをやめた和司を孝宏は許せないでいたのだ。

それでも放っておけずに理由を迫ったら、「たっちゃんが全部悪い! 」
と襲われそうになって…!?

火が付いた変態イケメン・和司の欲望は、
もう孝宏にも止められない!!

後継ぎ高校生たちのお悩みラブ♥
描き下ろし付き♥

表題作恋をひとくち

桂和司,隣の和菓子屋の跡取り
孝宏,老舗和菓子屋の跡取り

その他の収録作品

  • あとがき(描き下ろし)
  • after story(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

変態ド天然ヤンデレが攻めまくります♡

最初「うちは明治創業の和菓子屋で~」っていう詳しい背景の説明がある割には中盤以降ほとんど和菓子とか分裂した家の話は出てこず放置状態。途中から別に和菓子屋じゃなくても良かったんじゃ・・・?って本気で思う感じですww でもそんなことはどうでもいいんだ!跡継ぎ同士で幼馴染の和司(かずし)と孝宏の性春はストーリー展開が早くて正直和菓子なんか愛でてる暇ない!

攻めの和司は小さい頃から孝宏のことが好きなんですが、器用な和司に比べて和菓子作りが全く上達しなくて落ち込む孝宏を見て「これ以上自分が上達したら孝宏に嫌われる」という誤解から和菓子作りを止めてしまいます。これが逆に孝宏を怒らせ、中学の頃から2人の間には距離が出来てしまいます。その反動なのか和司が高校で抱いた女は数知れず。悪いやつでもやりチンって感じでもないんですが、ちょっと変にグレちゃいます。

ある日和司は二股をかけたらしい女子(本人は抱いた記憶さえないw)との修羅場を孝宏に見られ、口論になった挙句「全部たっちゃんのせいだ」といきなりキスして襲い掛かって告白。最初のクールイケメンはどこへやら。これ以降和司は、超天然でかなりヘビーに続きヤンデレな変態野郎の本性を存分に発揮してきます!クローゼットの中で孝宏のパンツの匂いかいでハーハーしてるのが見つかってキレられたり、目隠しすることを条件にフェラさせてもらって、舐めてる間に2回イッっちゃったり♪変態だけど本気愛なんです♡

和司のキャラが濃いし結構キツ目に突っ込みとかギャグ要素も入って来るんですが、とにかく絵がキレイなんです!全体のコミカルな感じと美しい絵で描かれるシリアスなシーン(特に受けの泣き顔と感じてる顔!!)のギャップにかなりやられます(≧▽≦) メリハリのつけかたが上手くて、良くまとまってます。だから、老舗和菓子屋さんの設定とか最終的には無くなりかけてても気にならないです。全然読める。というかもっと受けのエロい顔ぷりーず!!意地っ張りがメロメロになってるの最高です(*´▽`*)

2

幼馴染みラブ

隣り合わせの対立する2つの和菓子屋(片方は本家、もう片方は分家)の息子の話です。

1話目を読んだ後はシリアス展開になるのかなと思っていたのですが、二話目以降ギャグが増えます。最初クールだと思っていた攻めがかなりの変態でグズグズなキャラになってたり。泣き虫な黒〇スの紫〇みたいな感じ。作者先生本人もあとがきで、こんなキャラじゃなかった、というような事を仰ってます。
私はクールな攻めを期待していたのでやや残念でした…が、絵は可愛いし濡れ場はすごい色っぽく感じたので、結果的には大変萌えさせていただきました!!!
変態だけど、受けにすごく執着するヤンデレっぽいところは好きです。あと受けがよく泣いてるんですけど、それが個人的に凄い好きで。ほんと目の保養になりました( /// ´ิ´ิ/// )
攻めは和菓子作りの実力以外は残念を具現化したような感じですが、受けは学校ではナルシストキャラだけど根はしっかり者で優しくて、魅力的でした。

1

安定の同級生CPをコミカルに

わたしの中で、山田パピコさんといえば
安定の同級生ハッピーホモCPをコミカルに描かれる
素敵な作家さん、というイメージ。
今作も同級生モノということで楽しみにしていました。

今回は、孝弘くん好き好き変態(パピコさん曰く)和司くん(攻め)と
面白イケメン孝弘くん(受け)のお話で、
隣同士の敵対する老舗和菓子屋のW跡取り息子という設定です。

押せ押せ和司くんには、孝弘くんでなくとも引いてしまいますが
もう自分の気持ちに嘘はつきたくないという真っ直ぐさに
孝弘くん共々、読み手側も絆されてしまいます。
末永くハッピーホモしながら、和菓子を作っていただきたいですね。

注目はパピコさんお得意のコミカルギャグシーン。
孝弘くんと、孝弘くん兄・母のおいはぎ発言の会話のくだりは
噴出すほど面白かったです。なんて息の合った面白親子!
特に兄はボケもツッコミもできるという優秀な人材。
父は出てこなかったけど、どんな(面白い)人なんだろう、と
そんなところまで想像したり。

私的萌えポイントは、幼い頃チビ孝弘くんが隣に偵察へ行き
チビ和司くんの作った和菓子を、続きうまい、と悔しがりながら頬張るシーン。
食べかけを堂々と奪って食べるチビ孝弘くんの可愛いさよ...!

ということで、今回も安定の面白さで、満足満足でした。
個人的に孝弘くん家族が気に入ったので、
今度は父も出てくる続編希望です(和司くんの父と仲悪そう=楽しそう)!

2

長年の想い

和菓子屋の跡取りの2人という、悩み多きCPのお話です。

和菓子屋の桂とかつら・・・本家と分家?
お互いに跡取りという立場で、不器用ながら頑張っている孝宏と
器用なのに和菓子作りを辞めてしまった和司。
そんな和司を許せなくて絶交中の孝宏。
でも、和司が和菓子作りを辞めたのには理由があって・・・

幼なじみの2人が高校生になり、和司の気持ちを知った孝宏も
自分の本当の気持ちに気づき意識し始めてしまい・・
幼なじみの高校生という、割とありがちなシチュなのですが
お互いの家が、和菓子屋でそれもそろって跡取り。
孝宏の家「かつら」と和司の家「桂」の関係もいろいろ悩みがあるようで・・
だけど、要するに年ごろの高校生は結局のところやりたがりであるということ。
案外奥手で一途な孝宏に比べ、和司は女の子とやりまくり。
その辺も何か理由がありそうですが・・
そんな和司を見て気持ちが揺れる孝宏。
不安になると目にいっぱい涙をためて・・・
そこで初めて自分の気持ちが和司にあることに気付くんですね。
可愛い孝宏に比べ、カッコいいという感じの和司。
長年の孝宏に対する気持続きちを隠していた和司だけど
一度漏れ出したその気持ちは、もう激しくて・・・
和司、結構エロいです。

描き下ろしもかなりエロでいすが、ラブもてんこ盛りです。
二人の熱ーいエッチにあてられてしまいますよ。
でも、文句を言いながらも和司のことを大好きな孝宏と
孝宏しか見えていない孝宏命の和司がもう可愛く見えてしまいました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ