世界を二人のために

世界を二人のために
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784883026432

あらすじ

いつか『俺だけの人』と巡り会えるように、というのが人生で唯一の望みである江原春来。
社長の息子として気楽な大学生活を満喫していた彼だが、父親の会社が経営危機に陥り、その融資を申し出た大手呉服屋『風雅』の若き社長・梶巽が、交換条件として春来の姉との結婚を持ちかけて来る。
金と姉を引き換えにするなんて!!と春来は憤慨するが、冷徹な企業家然とした梶はにべもない。
しかも花嫁修業の付き添いとして彼も姉と一緒に梶家に住み込む事になり…。
春来のONLY ONE&ONLY LOVEは見つかるのか。

表題作世界を二人のために

梶巽,受の父の会社に融資する大手呉服屋社長,28歳
江原春来,姉(攻の婚約者)に付き添う大学生,20歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

後半の突然な展開が面白い

丸ごと1冊表題作です。春来(受け)の視点で進んでいきます。

ある日、春来は大学から呼び戻され、その時初めて父親の会社が倒産の危機であると知ります。雑貨屋を営む姉が、融資を申し出た梶(攻め)と結婚すると聞き、姉に好きな人がいる春来は反対します。しかし、他に手段がないことから、梶に言われるまま、春来は姉と一緒に、梶の家で花嫁修業に励むことになり…という話です。

もっと「姉の身代わり」という展開になるのかと思えば、梶の会社に有能な人材になったら姉との結婚を止める、というまっとうな内容で、身代わりエロを期待した方は拍子抜けしてしまうと思います。

春来は同居している中で、梶の優しさや、若社長としての有能ぶりを知って、最初の反感から尊敬に変わっていきます。ただ、そこから恋愛感情へというのはちょっと唐突に感じましたけれど。

そして、特筆すべきは、後半に登場する、春来・梶・姉・相良(梶の秘書)の4人で出かけた旅行です。台風の中でクルーズに出かけ、春来と梶は海へ飛び込み、無人島へ漂流します。それで二人きりのサバイバルという、突然すぎるビックリの展開でした。しかし、そこからは梶が可続き愛らしかったです。「俺はどうでもいい」とうなだれたり、「チクショー」とふてくされたり。梶の魅力全開でした。

イラストも良かったです。サブキャラも格好良かったですし、梶が春来の足首をつかむイラストはちょっとしたインパクトがありました。

和装好き、不器用な年上攻め、世間知らずだけど素直な年下受け、実は腹黒なサブキャラ、無人島で二人きり、がお好きな方にお勧めです。花嫁モノという感じはしませんでした。

0

主人公の性格が良かった

主人公は社長のボンボンです。苦労知らずの大学生。
父親の会社が経営難に陥り、主人公のお姉さんが政略結婚することになる。
それに反発する主人公。
で、お姉さんと一緒に、行儀見習いとして、お姉さん結婚相手の男の家に住み込むことになります。
はじめは反発を覚えてた結婚相手の男のいろんな顔を見るうちに、わだかまりが解けてきて――。

とにかく主人公の性格が良かったです。
恋愛感情を自覚するまでかなり時間がかかるんですが、逆にそれが良かった。火崎勇作品のキャラクターは、恋愛感情を自覚すると、モノローグでひたすら恋を語ってて、それがしつこくて苦手なので…。この作品にはそれがなくて読みやすかったです。
前向きで明るくて優しくて、わがままなボンボンだったけど、それを自覚したあとは必死で克服しようとして。微笑ましくて気持ちのいい主人公でした。
面白かったです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ