甘える首輪

amaeru kubiwa

甘える首輪
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×213
  • 萌10
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
152
評価数
41件
平均
3.8 / 5
神率
31.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758075091

あらすじ

人気モデルの久保田鈴(くぼたれい)は可愛い顔をして実は…
セックスの最中に相手の首を絞め、その痕を見るのが大好き。
しかしある日、週刊誌で元カノにDVを暴露されてしまう。
叱られると素直に反省するものの、一向に素行が良くならない鈴。
それに見かねたマネージャーはストレス発散場所としてデリヘルで働く「何をされてもOK」なウリ専・みよしをあてがった。
初めて会った瞬間、肌も髪も真っ白なみよしに鈴は見とれ、すぐに懐くが…

表題作のほか、不倫と三角関係を描いた[揺れて、ふれるまで]を収録した大人でビターな中編集。

表題作甘える首輪

久保田鈴(DV持ちの人気モデル)
みよし(売り専ボーイ)

同時収録作品揺れて、ふれるまで

勇一(美術館勤務)/(タクト<美容師・既婚>)
揚羽(タクトの不倫相手)

その他の収録作品

  • ふれて、それから(同時収録作描き下ろし)
  • 泣き癖がつきまして(表題作描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数8

ミステリアスと、耽美。

「甘える首輪」
恋愛がなんだかわからないモデルの鈴は、セックスの時、相手の首を締めるのが快感。でも一般人で受け入れてくれる人は少なくスキャンダルの恐れもあり、事務所がウリ専・みよしをあてがう。
みよしは肌も髪も真っ白で、グーはダメだけどパーなら殴ってもOK、首絞めも死なない程度ならOKというのがミステリアス。
鈴はみよしとカラダを重ねていくうちに、「みよしには離れていってほしくない」という気持ちが芽生えはじめ…
恋愛までは発展せず、みよしに鈴が取り込まれた風にコミカルに話は閉じます。
今作は攻めの鈴視点で、そして続編『絡まる首輪』は受けのみよし視点で語られます。

「揺れて、ふれるまで」
男同士なんて気持ちよければそれで良いだろと結婚しても不倫を続けるタクト、タクトを想い切れず振り回されて傷ついていく揚羽、そんな揚羽の想いに触れ「あの瞳に自分を映したい」と願う勇一…
蝶の標本が溢れ、温室にも蝶が放たれた屋敷が、清楚だけど色香のある揚羽にぴったりで、作品全体が耽美な雰囲気で引き込まれます。

絵がとても綺麗で、人物の表情やシルエット、背景ひとつひとつまで丁寧に仕上げ続きた作者さんの想いが伝わってくる本です。

4

流行り?のDVもの

読み放題にあったので、前々から気になっていたこともあり読んでみました。

最近下衆っぽい感じやDV系のBLをわりとみますが、これもそんな感じでした。
綺麗な顔の人気モデルの主人公が、セックスの最中に首を締めるのが好きという性癖があるので、事務所に大丈夫な子をあてがわれるどころから話が始まります。
で、まあ恋に落ちてゆく感じなのですが、色々あって受けの方が一枚上手という話。
絵は綺麗だし、するする読めるかんじは今時らしいBLでしたが、
なんだろう、、、攻めの子の頭空っぽすぎる感じが、微妙に気味が悪い感じもしたりしました。犯罪スレスレだよね的な意味で。
とはいえ、本当はわりと純情目なお話ではあるとおもいます!

1

同時収録作がよかった

作者のお名前、「ここすわる」と読むのですね。
インパクトのある表紙に惹かれて購入しました。

正直、読み始めてすぐはう~ん…という感じだったのですが、あっという間に表題作が終わってしまいました(ページ数としては70頁あるのですが)。電子サイトをチェックしたところ、『絡める首輪』というタイトルで続きがあるようです。だとするとこのお話は序章のようなものなのかな。

後半の作品がよかったです。※以下、ネタバレ含む。
蝶々がたくさん出てきます(ちなみに受けの名前は揚羽)。美術館勤務の勇一は、友人の結婚式で見かけた男が美しく(このとき「美しい」と感じたとは描かれていません)目を奪われた。しかしその男の恋の相手は、どうやら例の友人(結婚式挙げたばかりの)らしい…?

ある日、自分のアパートが水漏れでしばらく家に帰れないことになり、例の友人に泊まるところを紹介してもらう勇一。…が、向かった先というのがあの不倫相手・揚羽の家。「浮気相手」だとほぼ確信しているため気が重いと思う一方で、徐々に違う"気になり方"をしていく過程が、嫉妬心もほどよく好みでした。純粋に目の前の人を想い、それが行動続きに表れるようなタイプの攻め・勇一だった。勇一と一緒にいるようになったら、もっといろんな感情が揚羽の中から引き出されていくのかな。この揚羽、きっと頑固なタイプですよね、そうだったらいいな...という勝手な思いで本を閉じました。ほかに登場人物がほとんどいないので、この世界に没頭できたのもよかった。描き下ろしまで読んで初めて「このお話は成立したな」と、ホッとできた作品でした。じんわり、温かい。私は描き下ろしに神評価です。

イラストは、透き通るような目元がとてもきれいで印象的なんですよね。表題作はふたりの目元がすごく似ています。受けはミステリアスなタイプなので合っていると感じたのですが、攻めの子は能天気なおバカさんという設定(「~だもん」と言っちゃうような)だったので、タイプと表情がチグハグに思え、私は気になってしまった。

それからHシーンに関して。エロ度が高い作品や、局部がはっきり見えるような描写が苦手な方にもおすすめです。シーン自体はけっこうあるのですが、キレイに見える感じのエロなので私は少々さっぱり目に感じました。もともと修正が必要になる部分が見えないような描き方がされているので、修正も気にしなくてよいと思われます(私は紙媒体で読みました)。

5

綺麗でブラックな雰囲気

絵が綺麗です。全体的に静かな雰囲気の中、お話が進みます。
表題作の「甘える首輪」では、DV性癖があり頭がからっぽな攻めの鈴くんが、受けのみよしさんへの気持ちから心の変化が現れる様子が描かれています。

優しいみよしさんに、鈴くんは無邪気に好きなことをしていますが、実は真に手綱を握っていたのはみよしさん、というのもブラックで面白かったです。とはいえ鈴くんが可愛いし、ホラーな感じではなく割とあっさりと終わっています。このあと二人の関係性がどんな風に変わっていくか知りたいです~!

この作者さんはシリアスでしっかりしたストーリーがお上手なのかなと思いましたので、ぜひ短編以外でも見たいなと思います!

3

絵がふつくしい(*´艸`)

まずこの作品は全体を通して、ライトに読めます。
後ろ暗い要素がありますが描写は重くはなく、ハピエンなので消化に優しいタイプです。
そしてなにより絵柄が綺麗でふつくしい!
表紙・設定を見て気になっているならば、重厚なものを続けて読んでいて食傷気味な時なんかによいと思います(*^^*)
ただ、内容やストーリー重視or設定がダメな方にはあまりおすすめはできないです。あと数羽の蝶が集まってるシーンがあるので苦手な方は要注意です。


『甘える首輪』
表題作で、DV持ちモデルの鈴とその発散役に選ばれたみよしさんのお話です。
鈴はDVというよりは痛いセックスに興奮する性癖を持つタイプなのですが、頭の中が空っぽの甘えたな子なので純粋な瞳でそれをしてます。一方相手役のみよしさんはある程度のルールを定め「いいよ、おいで」と言って鈴を受け入れます。
関係を持つうちに鈴はみよしさんが離れていくことを恐れ涙したりしますが、みよしさんの方が一枚上手なので二人はハピエンです♪( ´▽`)

『揺れて、ふれるまで』
友人タクトの結婚式でまるで黒アゲハのような佇まいの揚羽に目がとまる勇一と、続きタクトと不倫関係にある揚羽のお話です。
タクトはほんとわやで、男同士体だけだからノーカンみたいなノリで不倫してましたが揚羽にとっては違って(不倫はダメですが)、一人愛されたいと望み蝶のごとく脆く壊れそうな揚羽を勇一はほっとけなくて愛で満たしたくて…。そんな勇一の温かさに心動かされていくという感じです(´ー` )


そしてそれぞれ描き下ろしがあります。
甘える〜の方は泣き顔好きのみよしさんのかいあって(?)泣き癖がついた鈴のお話です。なんだかほっこりしました♪
揺れて〜の方は時間が経過して勇一の温かさのおかげでタクトをふっきることができた揚羽のお話です。「ただあいつに会いたい」がよかったです^ ^
この描き下ろしの各々の幸福感にこちらも満たされました!すごくよかったです!

4

こういう不倫話を読みたかったんですよ!(感涙)

こ、これは!
正直このレーベルの装丁はかなり好みなのですが、内容は微妙なことが多くて期待しないで買ったのですが、何より絵が綺麗です!よかった、プロの絵だ。申し訳ないけれど、同人誌から引っ張ってきた作品が多い所為か、ガトーさんのコミックスで絵柄で安心できるレベルは少ない気がします。

表題作は個人的にはイマイチでしたが、もう一つのお話がいい!
こういう不倫話を読みたかったんですよ!(感涙)
文句なく、この話だけで神評価つけます。
不倫している美人受けに横恋慕する攻めの話が好きな方がどれだけいらっしゃるかわからないですが、そういう方にはオススメです。こっちが表題作ではないのは、インパクトの問題ですかねえ。

今後もチェックする作家さんに加えました。

4

これは良い首輪とアゲハ

今回はネタバレ無しで頑張ってみます。発売したての新刊ですから、いつもの私のように買うかどうしようか迷い中の方々がおられるハズ。
そんな迷い中に気になるでしょう絵柄と、ストーリーとキャラクターの3つのポイントに絞りレビュー致しましょう。
☆絵柄
これはですね、表紙の画風に惹かれたならこのクオリティーで一冊描かれています。いわゆる「表紙サギ」の心配はないです。
マッチョな男を求めてるんだ!という方のニーズには不向きと思いますが、表紙が気に入ったんだ!な方にはオススメです。
首絞めなどのプレイがありますが生々しかったりせず、攻めも受けも線が細いタイプですが、ちゃんと「男」です。

☆ストーリー
表題作「甘える首輪」と「揺れてふれるまで」の2作が収録されています。
甘える首輪は、あらすじにありますようにDVの性癖がある人気モデルの久保田と、デリヘルで働くプロのみよしのお話。
DVといっても殴るなどのハードな行為は出てきませんのでご安心を。
首絞めもあくまでプレイな感じですね。ネタバレになっては約束違反なのでこれ以上は控えますが一言、久保田にゲス要素はありません。
続きう一作、揺れてふれるまでは美人のアゲハと、短髪男子勇一の物語です。
他にタクトという男がいて、アゲハはこいつと不倫関係になってます。
これも不倫というと、ヘビーなものがありますがドロドロ系ではないです。
みよしとアゲハと、すわる先生は美人受けを実に魅力的に描かれると思いました。
SMではないですが甘える首輪は若干それ寄りだったり、不倫だったり、重くなりがちな事をちゃかしはせず、自然にストーリーに組み込める作家さんではないでしょうか。

☆キャラクター
「甘える首輪」 攻めの久保田はプチSな感じ。ちょいおバカさんなので憎めない。
みよし ある意味、受けの鏡のような美形。飄々としている
「揺れてふれるまで」
攻めの勇一は好青年な印象。短髪、素朴系。
受けのアゲハは影のある美形。庇護欲掻き立てるタイプかも。

☆おまけの感想
この作品は、先月の作家さんインタビューを見たときから気になってました。買って正解でしたね。
粉子すわる先生、私はおバカに「しるこ」と読んでました。ええ、全然違いますネ。
美人受けが好き、綺麗な絵が好き、な方には特にオススメできます。

6

絵がとても綺麗

エロそうな表紙にディープな匂いがするあらすじを見て購入。
DVのお話3話と、不倫で三角関係なお話3話が入ってます。
DVも不倫も褒められたことじゃないとは思いますが、ヤッてる本人たちが気持ち良さそうならオケ!と思ったので…

結論から言うと、そこまで深いお話ではなく、さらさら〜と読めます。逆に言うと、ナイーブなテーマなぶんあまりにも軽すぎてものたりないかも?

♦︎甘える首輪♦︎
DV持ちモデル×ミステリアスなデリヘル

顔良し中身はパァな人気モデル鈴(れい)は、首を絞めながらのセックスが好きという性癖をマスコミにスッパ抜かれる。
見かねたマネージャーが性欲発散のためにあてがったのがデリヘルのみよし。

『首絞めは死なない程度に』
『パーはいいけどグーはだめ』
『あとはお好きにどーぞ』

がルールの謎めいた男•みよし。
鈴はその細い身体の真っ白な肌に赤い痕がつくのを恍惚と眺めながらのセックスに溺れて、自分の性癖に応えてくれるみよしに夢中になっていきます。

ところがある日、鏡で首に残った痕を無表情で見つめるみよしを目撃した鈴。
いつも笑って何でも続き許してくれたみよしの見たことない表情に、鈴は不安を覚えるように…

この攻のモデルがどーしよーもない男で。顔がよければなんでも許されると本気で思ってるアホな子なんです。
過去の恋人たちも、最初は寛容だけど首絞めに耐え切れず逃げて行ってしまう。
今までは平気だったのに、みよしが離れて行くのはイヤだ、でも気持ち良くて傷付けてしまう…と涙ながらにすがりつくまで依存するほどに。
そんな鈴にみよしは優しく微笑んで
「ずっと俺を買えばいいんだよ」
と全てを受け入れてくれて、めでたしめでたし。

みよしに何か暗い過去とか、それこそ人には言えないような性癖とかがあるのかなぁと思いきや、そんなこともなく。
でも最後のみよしがマネージャーと対談したのは脅しって事なのかな…?
そして、あの首の痕を見つめてた意味深な表情の意味は何だったのか…?そこらへん肩すかしくらったかんじでした。

DVだから暗い・痛いとかではなく、ほんと軽いノリのDVものでした。
まぁ、首絞めるために買っていた受にいつのまにかとらわれていたのは攻のほうだったというお話でしょうか。
攻が自分のDV癖に葛藤するとかも全くなくて、ただそばから離れるのがイヤだという、恋愛感情というよりこどもっぽい我儘にも見えたかな。まぁ、そういう設定のキャラなのでそこは仕方ないと。
そもそも、有名人がDVスキャンダルなんて破滅しかないのにフツーに仕事出来てるのが不思議…

エチは毎回のようにしてます。綺麗な絵で魅せてくれるエロはたいへん美しいです。
ただ、清潔感ある絵柄なので、そこまでエロスや背徳感を感じなかったな。

♦︎揺れて、ふれるまで♦︎
不倫&三角関係が描かれています。

部屋が水漏れで住めなくなった勇一は、友人タクトの知りあいである揚羽(あげは)の家で居候することに。
タクトの結婚式で見かけたことがあり印象的だった揚羽。
既婚者であるタクトと揚羽が不倫関係だという噂を耳にして、勇一の中でさらに気になる存在になっていく…。

勇一は最初、友人と不倫する揚羽を詮索するかたちでしたが、
揚羽が何も求めずタクトとの関係を続けている姿に、壊れそうになりながら愛してほしそうにする姿に気持ちを動かされていきます。(まぁ一目惚れだったそうですが)
自分の揚羽への気持ちに気付いたら、友情より愛情をとりタクトに直談判する男前っぷりを見せたり、揚羽に対する優しさや熱い気持ちはとても好印象。

タクトはゲスでクズ男です。興味本位で揚羽を抱き、バレたらポイ。
でも描き下ろしで、揚羽の口から勇一のことが出ると、未練っぽいことを言う始末。

揚羽は文字通り黒アゲハを印象付けるような美しい青年です。
勇一が蝶嫌いに対し、蝶を囲い暮らしている。
無愛想ですが、不倫だとしても健気に相手応えようとしてるのを見ると可哀想にも思えてきます。
自分だけを見てくれる勇一という存在に出会えて、空虚な表情にやっと人間らしい感情が見えてよかったですね。
勇一への挑発的な誘い受を披露したかと思いきや、愛情を感じるセックスに思わず涙する一面、そして最後のデレはちょっとギャップ萌えでした。

描き下ろしはそれぞれあります。
表題作のは2ページ。
攻が受とのエチが気持ちよすぎて泣き癖がついちゃったお話ww

『揺れて〜』は、本編でまだタクトを忘れられなさそーな印象だった揚羽が、吹っ切れたという後日談。
勇一がほんとイイ奴で、揚羽もすごく勇一が好きだと伝わる内容でほっこりしました。


総評として、とても絵がとても綺麗で、美しい男の切なげな表情を描くのがほんとお上手。
表題作より、もうひとつのお話のほうが、キャラが魅力的で好きだったな。
いつか切ない純愛系とかもゼヒ描いてほしいなと思います。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ