僕のかわいいストーカー

boku no kawaii stalker

僕のかわいいストーカー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×212
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
71
評価数
19件
平均
3.8 / 5
神率
10.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864422505

あらすじ

相沢健太郎は高校生。最近の悩みと言えば私物がなくなる気がすること――と思っていたら、なんと犯人は地味なクラスメイト池田だった!?でもなんとなく憎めなくて、健太郎と「公認ストーカー」の奇妙な高校生活が始まった・・・。キャッチーでキュートな表題作に加え、切ない初恋を切り取った短編2編を収録。

表題作僕のかわいいストーカー

相澤健太郎,高校生,16歳
池田優馬,地味なクラスメイト,攻のストーカー

同時収録作品はなむけのうたを、

小深山,目立つ見た目の高校3年生,先輩理科委員 ?
三谷正実,攻と一緒に水槽の餌やり担当の後輩理科委員

同時収録作品短い通学路

大松勝也,小学生  ?
よしき,暗いクラスメイト  ?

その他の収録作品

  • another take(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:持ちものチェック

評価・レビューする

レビュー投稿数6

神に近い萌2を3つ付けたい

「もっといろんな作品を読んでみたいと思わせる作家発見!」という感じでした。実はもうかなり読み返しているお気に入りの一冊です。画数がよかったのでこのペンネームにされたそうですよ(前袖より)。

表題作以外に2つのお話が収録されています。
どれも違ったタイプの作品で、ほのぼの可愛いくて笑えて...と思えばせつなかったり…共通して感じたのは「心地よい温度」、私にはそんな一冊でした。印象的だったのは、サブキャラや女の子(一応、ライバルかな)がいい具合に主人公たちを引き立たせていたのと、どの作品にも年配の人が登場すること、でしょうか。主人公の片方が祖父母と暮らしていたりすると、一瞬のやりとりなどでその子の日常や人との距離が想像できる...そんな描写が心に残っています(それはほんのちょっとなのですが)。

そして作者のイラスト、表情の変化がとても魅力的でした。
表題作のストーカーくんなんて、ずっと見ていたいな~。

■『僕のかわいいストーカー』(表題作)p.003-
表紙の子がストーカーなんですが、これは明るく楽しめるストーカーでしたね。すぐに見つかっちゃうので、そこから相手はど続きう受け止めるのか、ふたりの関係はどうなっていくのか…。真っ赤になったり、泣いたり笑ったりする池田の表情、セリフとともに飽きさせません。やわらかそうな髪も。

■『はなむけのうたを、』p.095-
理科委員は魚に餌やりをするのだけれど、高3の先輩はあまり来てくれない。目立つタイプのその先輩は自分と正反対で、実は苦手だった…はずなのに、いつからか……。もうすぐ卒業してしまうのに。

■『短い通学路』p.129-
こちらはまだ小学生の子たちなんですが、これすごくいいなぁ。言葉なんかも私の感覚ではとても自然に思えて。前の作品の余韻から、すぐに切り替えられる面白さでした。女の子の存在もあるのですが、三角関係が裏でうっすら展開している感じがよかったです。先のレビューではるぽんさんも書かれていますが、この子たちが高校生ぐらい~というの、ぜひ読んでみたい。

■『another take』(表題作描き下ろし)pp.161-173
今度はうちに遊びにきてください!と言っていた池田の家へ、健ちゃんが遊びに行くお話。これは★★★★★です!健ちゃんっ!

あとがきには、おそらく各作品の「受け」になるのか?と予想したくなる3人が、ストーブの前で暖をとる様子のイラスト。カバー下には表題作ふたりのカバンの中身、それぞれ1頁ずつ。初回封入ペーパーでは、両方のセーラー服姿が見られますよ、一応…健ちゃんのも(笑)。

5

はるぽん

詩雪さん。
小学生カプよかったですよね〜。育ったら、幼なじみの、すごく仲の良いカップルになりそうな気がします。あと高校生になった2人のビジュアルが見たくてたまりません。
次回作も楽しみです。メインが小学生カプのその後だったら飛び上がって喜ぶんですが。(笑)

ストーカーものがこんなに可愛くていいの!?

タイトル通り、ストーカーものです。
けど表紙のかわいさ通り、ものすごくピュアでほのぼのしたかわいいお話でした。

絵柄のあたたかいタッチと一見地味めのキャラデザがうまく噛み合っていて読みやすく、健太郎(攻め…?)の男前さと池田(受け…?)のきらきらした儚さが魅力でした。

同時収録の2作品はどちらも初恋を扱ったものですが、片や表題作に比べてがっしり系の男子校ラブ、片や小学生同士の初々しい物語と、かなり読み味も違ってきています。
3作を通して、繊細な心理描写でていねいに青春を表現していてとてもキュンとしました。

2

キュートなストーカーDK

最近よく身の回りのものがなくなる高校生の健太郎。現場を押さえてみると、犯人は同じクラスの地味な生徒・池田だった。健太郎のストーカーだという池田が、あまりにオドオドとパニクるので気の毒になってしまった健太郎は、物さえ取らないのなら、とストーカー行為を容認してしまう。
喜んで健太郎の写真を撮りまくる池田と、それを許してポーズまで取る健太郎。その関係がおかしいと別の友人に言われ、池田を意識するようになった健太郎だったが…。


キュートなストーカーにロックオンされちゃったDKの話です。
ストーカー受けといえば、なんでこの攻めはこんな変態を受け入れられるんだろう、と首をひねってしまうものも多いですが、こちらの受けはすごく可愛い人でした。健気で控えめ、なのにストーキングしてるときはイキイキしてて、つい応援したくなるような感じ。攻めも鷹揚で、ストーキング⁉︎ …まぁいいか…、みたいな、懐の大きい人でした。一歩間違えば流され系×卑屈みたいな萌えないカプになりそうだけど、ちゃんと萌えられました。

受け攻めと書きましたが、エッチシーンはなし。それどころかエロいシーンすらなく、チュー止まり続きでした。これ単独での評価は萌×2。


同時収録作が2編、どちらもエッチなしで、それどころか恋愛以前、というような話でした。
高校生ものの、チャラい先輩×真面目な後輩、という作品に至っては、ハッピーエンドですらない…。かと言ってバッドエンドというわけでもないんですけれど。恋愛シミュレーションゲームでいえばノーマルエンドといった感じ?
この話は、やはりBLは2人がくっつくか、くっつくだろうと思わせてナンボ、と思うので評価的には萌〜中立くらいです。でも雰囲気はとても素敵な作品でした。
あと一作は小学生同士。こちらはすごく微笑ましいというか、このまま2人が高校生くらいになった話を読みたいなと思いました。関係はこれもチュー止まりですが、小学生だから仕方ないかな…。でも個人的にはこれがいちばん好きでした。

絵柄はちょっと小鳩めばるさんを崩したような雰囲気です。クセはあるけど可愛い絵柄でした。

5

こんなストーカーちゃんなら大歓迎

可愛いピュアピュアなストーカーちゃん。
普段は地味で大人しい男子高校生なんだけど健太郎のストーキングとなるとすこぶるパワフルそれでもってとんでもスイート。
優しいだけの健太郎もそんなストーカーちゃんに振り回されつつも可愛くて仕様がなくなるご様子。
二人とも本当に可愛いくてとっても癒されました(*ˊ˘ˋ*)♪
表題作の他に先輩後輩のちょっぴり切ない恋物語、小学生のまだまだ恋とは呼べないお話の二本が収録されてました。
作者さん初めての単行本とのことでしたが、様々なポテンシャルを秘めているように感じられました。次回も楽しみです♪

3

いいっ!

題名のままです。題名のままに、可愛いのです。ストーカーの池田くんが可愛いのもそうですが、それを流されがちな性格ゆえに気持ち悪がったりせず受け入れちゃう健ちゃんもイイコなのです。

優しい気持ちになる、何度か読み返してしまう素敵な1冊でした。

3

ピュアでかわいい

表題作はピュアで可愛らしい二人でした。ストーカーの池田がとっても健気で可愛かった!他の作品もピュアでガラスのようにキラキラしてて、ふとしたことで壊れてしまいそうな儚さがあって、とても雰囲気のある作品たちでした。「はなむけのうたを、」のなんとも言えない切なさを含んだ余韻がたまらなかったです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ