選ばれざる者

erabazaru mono

選ばれざる者
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
20
評価数
6件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537134230

あらすじ

音楽一家に生まれながら、才能が開花せず劣等感を感じていた塚原信也は、当時から憧れだった「ムーサ芸術学院」に校医として赴任することに。
学園で相談にのってくれる、優しい同僚の不知火にほのかに恋心を寄せていることをピアニスト兼客員講師の北柴聡美に知られてしまい…。
「ご同類ってわけだ、そいつは嬉しいね」そう言って、北柴は塚原へ付き合おうと迫ってきて―。ミューズに祝福されし者のキャラもちょこっと登場!
ムーサ芸術学院で始まる先生たちのセンチメンタルラブストーリー。

表題作選ばれざる者

北柴聡美,ピアニスト兼客員講師
塚原信也,校医

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数2

大人たちの不器用な恋のお話

『ミューズに祝福されし者』と『君と奏でる不協和音』のスピンオフです。同人誌で追いかけていたシリーズで、最後の1冊(全部で4冊出ています)が読めずにモヤモヤしていたので、発売されているのを見付けて嬉しくなって手に取りました。

才能を持つ者が集まる学園で校医をしているのは、強いコンプレックスを抱えている塚原。たぐいまれな才能を持つ同僚の不知火(『ミューズに祝福されし者』の攻めです)に憧れか恋心か分からない気持ちがあるのに、客員講師の北柴と関係を持ってしまいます。
愛情はないのに、抱かれながらコンプレックスが癒されるのを感じて、やめられずにいる自分を責める日々。自分のことを好きだという北柴の言葉も信じられなくて…。

本当に2人とも不器用な大人でした。
最初は強引に迫っていた北柴も、不知火の存在のために身を引こうとするし。塚原はコンプレックスに縛られて、動けなくなってるし。

でも、北柴に背中を押されて、前に進めたのが良かったです。そして、変化していった2人の関係も。

北柴が塚原のことを昔から知っていた事実にもキュンとなったし、エッチまでしてるイイ大人がデートで照れて続きる様子も可愛かったです。

そんな不器用さが可愛い、大人カップルの切なくて甘いラブストーリーでした。

1

シリーズ未読でも読めます。

『ミューズに祝福されし者』スピンオフの先生たちの物語です。シリーズ未読でしたがすんなり読めました。特殊設定についても作中でなんとなくこうなのかな、と理解できるので気になりませんでした。

音楽一家に生まれながら才能がなく、学生時代学園に入学することのなかった塚原が校医としてかつて憧れた学園で働いています。才能溢れる生徒たちや才能のある同僚と過ごすことでかつて逃げ出した劣等感などを思い出します。

不知火への好意が自分の本心なのか、不知火の力に影響されているのか、また劣等感という醜い感情から逃れたい一心で一時の感情で北柴に抱かれてしまったり。コンプレックスを抱えた塚原の心が解放される物語です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ