ふしだらな駆け引き

ふしだらな駆け引き
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
5
評価数
4件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829622346

あらすじ

敏腕ヘッドハンターの霧生が狙うのは、美貌のシステムエンジニア・園田。転職を勧めようとしたが、言い争いの末、強引に抱いてしまう。恋愛恐怖症の園田にとって、身体を目覚めさせた霧生は憎い男。なのに見つめられると身体が火照り、疼き出す──こうなったら、霧生にこの償いをさせてやる! と、園田が突きつけた条件は「望んだときに抱く」ことだった!! しかし、霧生の真摯な言葉と濃密な愛撫は、園田の頑なな心をとかしていき……? 甘く淫らなオトナの駆け引き。

表題作ふしだらな駆け引き

霧生善嗣 / 敏腕ヘッドハンター
園田貴典 / 優秀なSE・美形のハーフ

その他の収録作品

  • ファースト・ステップ

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ヘッドハンティングっていいながら、恋人までゲット!

霧生は優秀なヘッドハンター。成功率100%のハンターはオトコの見る目をしっかりもっていた。
今回のターゲットは、システムエンジニアの園田。
会社を移る気はないと、最初から断られる。
言い争いとなり、半ば強引にカラダをいただかれた。
強引なセックスであったが、園田の条件は自分が希望するときにセックスしろという。
霧生はゲイなので、その条件は嬉しい。
園田は霧生の心が気になってしまう。
トラウマがあり、顔のことをいわれるのが嫌いだった。霧生は、その顔のことを誉めてくれた。だからというわけではないが、霧生の心も身体も欲しくなる。

恋人はいないて言ったのに…園田は見かけてしまう。が、それは誤解だった。誤解がとけたとき、
園田は新しい会社の面接も成功に向かっていく。

新しい会社と新しい恋人をハンターしたのは、成功率100%のハンター霧生!

0

そんな無茶な

ヘッドハンター×ターゲットになったシステムエンジニア。
凄腕ヘッドハンターの霧生は転職を持ちかけた園田に「人買い」扱いされてぶち切れ、園田を押し倒してしまいます。
こういう仕事をしていたらこんな偏見みたいなものをぶつけられることも少なくないんじゃないだろうか。
しかも彼は所属する会社の共同経営者で成功率100%の男、らしいのに。
なんて無茶。もうちょっと大人になってください!
対する園田の持ち出した条件も正直ええ??でした。

この二人の関係に出発点からひっかかって結局感情移入出来ないまま。
体から始まった恋。
や、それ自体はぜんぜんかまわないのですが、そこに読んでいる私の感情がついていけないとやっぱりなんだかなあと思ってしまいます。

とりあえずダサイ格好と眼鏡は超絶美形のカモフラージュはお約束。

0

やや(かなり?)強引な展開

敏腕ヘッドハンター・霧生が、クライアントの要望を満たす人材として選んだのは、
優秀なシステムエンジニア・園田。
第一回目の交渉の際、失礼な態度をとられたうえに、“人買い”扱いされ、
キレて園田を抱いてしまった霧生。
冷静さを取り戻し、謝罪と再交渉をしようとする霧生に、園田が突きつけた条件は、
「自分が望んだ時に抱け」というとんでもないものだった―。

いわゆるレイプから始まる恋というやつですが、
仕事で関わっている相手に、キレたあげくレイプって
強引すぎる~っ!と、思わず笑ってしまいました。
まぁその後、園田が提示する条件も無茶苦茶ですが…(笑)

過去に恋人に裏切られたショックから恋愛恐怖症に陥っている園田が
少しずつ、霧生に心を開いていく描写に関しては、ごくごく自然な感じです。
そりゃー、仕事もできるしカッコよく、エッチも上手い男に親身になられたら
惚れちゃうのも、仕方ないですよね。
園田のフーフー毛を逆立てているような猫っぽいところが可愛らしかったです。

後半、二人の間にいかにもありがちな誤解が生じるあたりも、
お約束ですねーって感じで、楽続きしみながら読みました。
かすみ先生のイラストが、綺麗で良かったです。

それにしても、どのあたりが駆け引きだったんだろう…?

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ