運命の猫

unmei no neko

運命の猫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199003035

あらすじ

「俺は猫だから、拾ってくれる?」グラフィックデザイナー・梁瀬の元に、ある夜不思議な訪問者が現れた。
上品な物腰だけど、素性は一切秘密。
なのにこの出会いは運命だと言って懐いてくる。
興味を覚えた梁瀬は、青年にクロと名付け、猫として同居することに!!初めは警戒していた梁瀬。
だけど、身体を預けて甘えてくるクロとベッドを共にするうちに、すっかり本気になってしまい。

表題作運命の猫

梁瀬恒季,受様を猫として飼うグラフィックデザイナー
クロ,突然攻様宅に押し掛けた上品な物腰の謎の青年

評価・レビューする

レビュー投稿数1

面白い出会いだけどちょっと違和感も

1冊丸ごと表題作です。

グラフィックデザイナーである梁瀬(攻め)の前に、「俺、猫だから拾って欲しくて」と不思議なことを言う青年(受け)が現われた。酔いに任せて承諾し、クロと名づけた青年と同居を始めるが、猫のように気まぐれで家事をするわけでもない。何も望まない彼に興味を持ち、惹かれるがまま抱き合うが…。

仕事でトラブルが生じると、クロは姿を消してしまいます。出て行く前のセリフから、梁瀬はクロは自分が好きなわけでなく金や名声目当てで裏切られたと思ったりもしますが、大金を残したところから疑問は増すばかり。友人の協力もあり、クロの正体は、梁瀬の仕事を有名にしたホテルのオーナーの三男と判明し、6年前に一目惚れしたと分かります。
そして晴れて二人は両思いになるのですが…。

クロこと美春の思考がいまひとつ納得できません。
「部屋を出て行く」「今の静かな暮らしがなくなる」ことを恐れ、また梁瀬のためにお金を置いて出て行くというのが何とも…。
平穏を保つためにお金を持ってきて、梁瀬に怒られて出て行くのならまだしも。お金を作るために実家へ帰ることになったのならまだしも。
大人なんだ続きか子供なんだか…腑に落ちませんでした。
22歳とはいえ、ホテルで立っている様はただのボンボンという感じじゃないので尚更です。

また、猫だから拾って、という出会い方は斬新ですが、美春が単に頑張って考えたというのが違和感がありました。ホテルの仕事で猫に絡んだものがあったとか、梁瀬とつながるものがあればまだ納得できたのですが。

謎解きされてもどうにもスッキリしない読後の印象でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ