家元のおたわむれ

家元のおたわむれ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829622537

あらすじ

雅やかな香道家元の秘書として、住み込みで働くことになった隆平。「君の身体は淫らな香りがします」どうやら特殊な微香を発している隆平に、家元はご執心の様子。夜になると豹変した彼に犯され、隆平はそのテクニックによがり啼いてしまった! 脱走しようとした隆平は、お仕置きとして座敷牢に閉じこめられ、夜ごとエッチなお稽古を受けるハメに。強引な家元に翻弄されて、被虐の快楽に堕ちていきそう。

表題作家元のおたわむれ

香道家元
秘書(新入社員) 隆平

評価・レビューする

レビュー投稿数1

家元はにおいフェチ

佐伯 まお /家元のおたわむれ (プラチナ文庫)
純愛:☆☆
H度:☆☆☆
オススメ:☆☆☆
登場人物 秘書(新入社員) 香道家元
家元はにおいフェチ
秘書合否もにおいで決める、ある種危ない感じです。
香道ってすごい。体の体臭をとるのに、食べ物にも気をつける徹底ぶり・・。
で、無臭?になったところで、家元においしく頂かれてしまう隆平はある意味かわいそう。
でも家元、我が儘なのか、計算なのか最後までわかりませんでした。
ちょっと変態な気がします。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ