夕闇を待たずに

夕闇を待たずに
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344804654

あらすじ

大学生の倫弘は、不倫相手の宮村を病気で亡くしていた。彼の葬式にも行けなかった自分を冷たい人間だと自ら責めていた倫弘の前に宮村とよく似た男が現れた。(ill:緒田涼歌)

表題作夕闇を待たずに

国近誠午 死んだ恋人に瓜二つのフリーライター
深津倫弘 不倫相手を病気で亡くした大学生

その他の収録作品

  • 眠れぬ夜のすごしかた

評価・レビューする

レビュー投稿数1

死んだ恋人にそっくりな男

表題作の長編と、後日談ショートの2作品が収録されています。
どちらも倫弘(受け)の視点でストーリーは進みます。

倫弘(愛称「リン」)は恋人の宮村が病死してしまいますが、不倫で付き合っていたため、入院先や葬儀に行くことができず、実感がわきません。そんな薄情な自分に罪悪感を感じて、夢に出る恋人に魘されてしまいます。そんな中、二人の関係を知っている唯一の大学の先輩・佐橋が、宮村にそっくりな国近(攻め)を連れてきて…という話でした。

国近は宮村の親族だとか、実は宮村と入れ替わって倫弘と会ったことがあるのではと色々勘ぐりましたが、序盤に説明したとおり「他人の空似」でした。その辺はビックリ設定なかったです。

妻子がいるのに倫弘と不倫していた宮村に好印象でなかったのですが、国近が語る宮村は、倫弘が思い出していた家族のクリスマスプレゼントに悩むような無神経な男だけでなく、彼なりに倫弘を愛していたと分かるものでちょっと好感がアップしました。

宮村は語られはしますが、宮村が死んでからのストーリーだなと感じる内容で、元恋人の存在が主役二人の恋愛で邪魔にならないという印象で読みやすか続きったです。

続編に「暗闇とKiss」があるようです。
とはいえ、同時収録の「眠れぬ夜の過ごし方」で佐橋の恋人も判明して、この1冊でしっかり完結しています。妙な仄めかししたまま続編へということはありませんでした。

傷心な大学生の受けを強引に癒していく社会人攻めがお好きな方にお勧めだと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ