愛とバクダン

愛とバクダン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784576041933

あらすじ

探偵事務所を開いている元刑事の竜崎は、悪友の深見に頼まれて、彼の弟・謙二朗を雇うハメに。会ってみると、謙二郎は危うい色香を放つ美青年で、竜崎はどうしようもなくそそられてしまう。人に懐かない猫のように警戒心の強い謙二朗だが、事務所に入り浸るゴツいオカマ、オリーブの優しさに触れて次第に心を開き、仕事にも馴染んでいく。そんな折、彼の前に少年院時代の因縁の男が姿を現し…。竜崎に隠し子発覚!?の書き下ろしつき。

表題作愛とバクダン

竜崎 元刑事で探偵
謙二郎 年少上がりな探偵助手

その他の収録作品

  • 愛とバクダン2
  • 嘘と少年

評価・レビューする

レビュー投稿数2

オヤジ萌えの原点

初めて中原作品のオヤジ攻めに出会ったのがこの作品。
今読むとストーリーなど荒いところはあるのですが、オヤジ萌えの原点ここにありという感じで感慨深いです。

最近の中原作品のなかでオヤジ攻めと言えば「愛して」シリーズの斑目が一番好きですが、斑目の言動やキャラ造形には本作のオヤジ・竜崎のそれと共通するところが多々あるなと思います。
セクハラかまして受けに殴られ「おー痛て」とか言ってる台詞なんてまんまw
キャラ的には斑目の方がオヤジ成分多く渋さ鋭利さも増した感じですが、
竜崎は竜崎で、くたびれたオヤジの懐の深さや優しさが読んでいて心地よいです。ちょっとヘタレ入ってる所も好きv

元刑事の探偵・竜崎が友人の弟で年少上がりの美青年・謙二郎を助手に雇い、
厄介な事件に巻き込まれながらも謙二郎の心を開いていき、身体も色々開発していくという話。

バイで遊び人で絶倫の竜崎が出会った瞬間から謙二郎に惚れ、大人の余裕で対応しつつも振り回されているのが面白いです。
複雑な生い立ちから、言動はジャックナイフのように鋭い謙二郎ですが根は純粋で、
そのギャップにも竜崎はメロメロ。
ツン続きデレというよりツンギレってくらい素直じゃないのですが、無愛想なりに誠意や愛情を見せようとしているのが可愛いです。

お話としては、
・竜崎と謙二郎の出会い&謙二郎の年少時代の敵とのイザコザ
・ある依頼をきっかけに家庭内の問題に巻き込まれる二人
・竜崎の隠し子?の面倒を見ることになった謙二郎(←謙二郎視点の話)
三話ともにHシーンあり、その度に二人の距離が段々近づいていくのがいいです。
特に最後の話は謙二郎視点で語られるため、クールに見える謙二郎の竜崎への尊敬心や内心でのデレが見えて萌えv

この二人のほかにも、忘れてはならないレギュラーキャラがいます。
竜崎いきつけのスナックのオリーブさん。男性ホルモンの多いオカマながら心は乙女で、
ささくれだった謙二郎の心を母親のように癒していく様は微笑ましいです。
次巻からはもう一人、謙二郎にとって大切な存在となる新キャラが登場。
竜崎との愛を深めつつ、孤独だった謙二郎が多くの人に出会い成長していくのを見守る物語です。

1

カッコ…イイのか?

プチハードボイルドなお話でした。
探偵モノです。

遊び人の元刑事の探偵竜崎(攻め)と、そこに雇われた年少上がりの謙二郎(受け)。
最初はツンケンしてた謙二郎は、仕事を覚えるうちに、だんだん心を開いていきます。
オッサンの竜崎が、カッコイイんだかカッコ悪いんだか分かんないところがツボでしたwいやカッコイイんですが、オッサン臭さ漂いすぎて、真面目な場面で思わず失笑させられるというか…これは狙ってるんでしょうか、中原一也さんw
まあでもおもろかったから、なんでもいいや。

ストーリーとしては今ひとつかなと思いましたが、妙な場所でツボっちゃったので萌え評価にしました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ