河童の嫁入り

kappa no yomeiri

河童の嫁入り
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
38
評価数
12
平均
3.3 / 5
神率
8.3%
著者
猫乃森シマ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344844520

あらすじ

仕事で外回りの途中、強い日差しのせいで倒れた菊次郎に水をかけて助けてくれたのは花屋の竜人。そんな竜人に菊次郎はいきなりプロポーズ!! “河童"の菊次郎にとって、干からびかけた命を救ってくれた竜人に嫁ぐというのは一族のしきたりだという。以来、仕事終わりに寄っては店に入り浸るようになった菊次郎と一夜をともにした竜人。“河童"の菊次郎との恋の行方は――!?

表題作河童の嫁入り

竜人 花屋
河流菊次郎 サラリーマン(河童)

その他の収録作品

  • 番外編
  • カバー下:あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

河童の川流され。美人河童さんの猪突猛進押しかけ嫁入り。

河童の川流れならぬ、川流され。
押しかけ美人河童に流されて、ほだされて、もう少しで尻子玉の交換(指輪の交換的な?)をされそうになってしまう竜人。
とにかく河童と言い張る 菊次郎がキラキラに可愛くて!
いやもぅ、グロテスクな河童姿だったらどうしようかと気を揉みましたが、無問題です。
満足なエッチの翌朝、精気を受けたおかげとか言って うっすら背中に甲羅が浮かび上がる程度。
髪の毛の下に皿も仕込まれている様ですが、披露される事も無く。ただ、暑い日に綺麗な水を浴びないと 干からびてしまうという設定のみ。あと、泳ぎが達者という事が後に明かされる。

里を降りて人間社会に溶け込み、会社員として働く菊次郎は、ある夏の暑い日、営業の途中で干からびそうになっているところを、花屋の竜人にホースで水を浴びせられ助けられる。
感激した菊次郎は、竜人の元にお嫁入りする!と宣言して、驚いている竜人の元へ毎日のように押しかけて来る。花屋の仕事を手伝い、家に上がり込んでは、竜人の母 美子さんの作るご飯を食べ、次第に 菊次郎が居ることに慣れて来た頃、プロポーズをOKしたわけでは無いけれど、竜人は菊次郎を抱いてしまう。エロ度自体は少なめなんですけど、とにかく水分が欲しいのか、菊次郎が竜人に唾液をねだったりするのがエッチです。

母ひとり子ひとりで、花屋を切り盛りして来た竜人の過去や、菊次郎を慕って里から降りて来るやんちゃな兄 菖蒲が出て来たりと、賑やかではありますが、それほどの盛り上がりは無く。
割と平和に終わります。里帰りと称して、山へ帰ってしまった菊次郎を探して 道案内も無く登山する竜人が、美しい自然の中でこそ菊次郎は生きるべきじゃないのか、とちょっと悩んだり。
都会の暮らしへのアンチテーゼぽいことを一瞬思ったりもしますが、それほど重たいテーマにもなる事は無く。もしかしたら、そこを掘り下げてくれても良かったかもしれません。

親を早くに亡くした兄弟、菊次郎と菖蒲は、ずっと二人きりで助け合って生きて来たのに。
竜人に菊次郎を取られてしまう様な気がしていて、寂しい気持ちになっている。
番外編にはそんな菖蒲の健気な気持ちが描かれているのですが、どうせなら菖蒲にも恋が訪れるところまで描いて欲しかった。モブとしてしか登場していない里の守り神、龍神さまがお相手なら良いなぁ。いやはや龍神さまをモブ扱いって⁈ 無くないですか⁈ という驚き。勿体ない。

菊次郎が河童なので、水にはちょっとうるさいのが笑えます。ボルヴィックは良くて、コントレックスはダメ。つまり硬水は苦手の様子。もぅ、いろはすでいいじゃん。
あと、結構出来る営業マンなのに有休取り過ぎ。嫁入り後、仕事どうするんだろ? などと細かいところが気になってしまいます。

2

強引ぐマイウェイ♪

都会で人間として暮らす河童の菊次郎が、大都会の暑さにやられて倒れたところに、水をぶっかけてくれた救世主の竜人。
河童界では”命を救われたら嫁ぐ”と言うしきたりらしく、目覚めて速攻プロポーズ!!

そこからは、菊次郎の押せ押せパーティー♪
しょっちゅう竜人の花屋に通いお手伝いをし、常に竜人に寄り添う菊次郎。
竜人に拒否権なんて与えない強引っぷりが可愛かったです。

竜人も、菊次郎の頑張り屋さんっぷりや優しさに絆されちゃって♡

ナンバリングも無いし、お話もまとまってたので満足して読み終わったら
あとがきで2巻に続くことを知りました。
2巻はもっと”妖怪BL”感が増すらしいので楽しみです。

1

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ