MILK TEA

MILK TEA
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神62
  • 萌×270
  • 萌17
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
20
得点
645
評価数
157
平均
4.2 / 5
神率
39.5%
著者
熊猫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
ISBN
9784813032403

あらすじ

第一印象は最悪。
叔父の親友で叔母の幼馴染・岸辺成幸は、いつもヘラヘラして適当なことばっかり言うイヤな奴。

大学進学で叔父の家に居候することになった保は、会うたびにひどくなっていく成幸のちょっかいにうんざりだ。
だけど、ときどき見せる大人でカッコいい姿に、ときめいたりもする。

ある日、成幸の家でお泊りすることになった保は、ふたりきりのベッドで欲情してしまい!?
目を覚ました成幸は保にキスして☓☓☓してきて──?!

表題作MILK TEA

岸辺成幸,叔父の親友で叔母の幼馴染
萩原保,大学1年生,叔父夫婦宅に居候

その他の収録作品

  • pudding(描き下ろし)
  • あとがき
  • 3コマ漫画(描き下ろし・カバー下)

レビュー投稿数20

良い…の大行進でした!

うゎ~ん!良いっ!

なんの予備知識なく読みました。
熊猫先生だからこその品質保証といいますか。

MILK TEAって飲み物じゃなくて、髪の色だったのですね!
成幸が、大人の色気が有ってほんとに格好いい…保の事をからかったりしても、変化に敏感だったり、ちゃんと褒めたり。

身近に、こんな人いたら絶対に気になるし、好きに傾くよ…
保が、成幸宅で2人きりになった時に意識して、身体に触れられて堪らなくてオナっちゃう。いや、すぐ側にいるもの。ばれない筈がなくて。
成幸が、保の事を叔父の代わりみたいに見ているのか、保が気にしちゃうんです。
だけど、保は保。
成幸が、保と女友達に妬いてショップ内で指を絡めて、スリスリするところ、たまらん…
もっ、思わず息を止めて見ちゃいました…❤️

えっちの場面が、エロくて、可愛くて。これまた堪らないですよ…良いの大行進ですよ!
成幸の表情が、エロ…

読んでほんとに良かった。
保の従兄弟のヒロがちっちゃいイケメン。
泣き虫だけど、きっとモテちゃう素敵な男の子に成長しそう。

そのうち、おじさんにも成幸と保の仲は解ってしまいますよね?ちゃんと関係を祝福してもらえるくらいに付き合って欲しいです。
熊猫先生、ときめきをありがとうございました~

4

MILK TEA

切なさと可愛さとカッコ良さと全て詰まっており、とても素敵な作品でした!
タイトルのミルクティーもとても好きです。
熊猫先生の物語がすきで、その世界観も反映されているので、まんまと世界観にハマりこみ一気に読んでしまいました!
好きな作品の一つになりました!

1

最高だった

あらすじ読んで購入したけど、想像したより凄く良かったです。買って良かった!
絵も色気があって素敵だし、話も面白かったです。

成幸はイケメン設定だけあって文句無しにカッコ良かったし、保は可愛かった!2人のやり取りにきゅんきゅんしました。
また、良い感じでお邪魔虫の5歳の甥の存在も良かったです。

初めてのお泊りで2人っきりになった後のお触りに萌えました。保と同じで成幸は翔の事が好きだと思っていたので、保がデートだと誤解して邪魔しに来て、棚に隠れた手を繋いだ時にギャーって赤面しました。

両想いだって分かってからの初エッチは文句無しに良かったです。

1

たまらない!!

受けの保くんのビジュが好みで(理想の受け的な意味で)表紙買いしました。

2人のやり取りに、終始ずっとキュンキュンしっぱなしでした!
保くんの甥っ子や大学の友達の女の子などメイン2人以外のキャラクターも魅力的でとても楽しく読めました。
テンポも良くて読みやすい作品だと思います。


個人的には、最後のページの2人の会話が最高に良くて
お気に入りのシーンです。


年の差最高!!買ってよかった!!私の大好きな一冊です!!

1

飄々とした大人に心振り回される可愛さ

歳の差ー!!ツンデレー!!すべてが可愛かった!!!

大学進学を期に叔父夫婦の家に居候を始めた保と、
叔父の親友・叔母の幼なじみの成幸。

もぉ~成幸が毎度保にちょっかいだすのが最高に可愛くて
なのにやっぱり大人な男はカッコ良くて、
そんでもって、揶揄われる保の反応もめちゃくちゃ可愛いし
嫌がりつつも意識しちゃうのホントたまらなかったです♡

以前から「成幸は叔母の事が好き」と思っていたが
実は成幸が好きだったのは叔父だったことが発覚。
自分にキスしたりしてきたのは叔父の代わりにされていたんじゃないかと
ショックを受ける保にはもぉ~キュンキュンさせられちゃいました。
成幸のポーカーフェイスがカッコよくも可愛くてこちらも爆萌え!!

個人的に成幸がドツボ過ぎて1冊で満足できない程に悶えまくりました♡

0

好きー!!!

可愛い!ひたすら受けの子がかわいい!かわいすぎる!
受け(年下)× 攻め(年上)の年の差好きな人にはおすすめだと思います!
大きな事件?等もなく、ゆるりと二人が結ばれていく感じです。日常系のBLが好きな方におすすめです。
絵柄もとても好みでした(^-^)

0

セツナ系の熊猫作品


大好きな熊猫作品❤
フォロワさんに教えていただいて、ずっと読みたいと思ってた。
甘くて切なくて可愛い☕️
ずっと好きな人が居て結婚しない成幸。自分に意地悪するのはもしかして・・・
自分の気持ちもわからない保がモダモダするのが可愛い。成幸もカッコイイし、センスもいいし大好き❤

0

萌えすぎてつらい

何度読んでもめちゃくちゃしあわせになれる本です。登場人物がみんな可愛いという奇跡

好きだった幼馴染に似た、彼の従兄弟に、熱のこもった目で見つめられ続けるなんて、、好きになるなって言う方が、無理

自分の気持ちに気づいていないマモルの、可愛らしい一面に、いよいよ我慢ができなくなる。ささやかな、でも決定的な悪戯をして、彼の様子を伺う。前に進みたいけど、絶対に、傷つけたくない。大切にしたい。でも、ほしい…

そんな気持ちがばしばし伝わってきて、苦しい、からの素晴らしいハッピーエンド。最高です

0

向き合って 受け止めて

2度ほど勘違いしてしまいました笑。最後まで一気に読んで、途中ウホッて何度か驚きつつも、穏やかで幸せな気持ちで読み終えることが出来ました。

親友の甥っ子だから、この感情を、抱いてはいけないのかもしれない…ふざけて茶化していたかと思うと、ふと寂しげになったり、真面目な顔をしたりする成幸さん。親友に想いを寄せていた時期もあったけど、その感情と保くんは違う。保くんが好き。大人だから出来ること、大人だから踏み出せない一歩、苦くて甘いなと思いました。

ツンデレの保くんは、照れる顔が可愛すぎます!!言いたくても言えない、どう伝えたら良いか分からない、もどかしさが可愛くもあり、胸がギュッともなります。成幸さんに"自分は叔父さんの代わりなのか"って聞くシーンが、切ない!!でも凄く綺麗なんですよね、だから私お気に入りシーンです。ごめんと成幸さんが伝えるんですが、それは、"叔父さんの代わりにしてごめんね"じゃなくて、"保くんをそういう目で見てダメな大人てごめんね"って事なのかなと思いました。もしくは、"本当の気持ちを言えない、踏み込めない臆病な大人でごめんね"か。保くんの気持ちを知りつつ、受け止めない自分を責めるような謝罪にも思えました。

2度ほど勘違い、とは、
成幸さんが好きな人が、保くんの叔母さんかなと最初思っていました私も。それが違っていて、ならば叔父さんなんだ!って思っていたら、確かに叔父さんを好きな時期もあったけど、保くんと会ってからは、多分ずっと、保くんを好きだったんだって分かります。

大人だからって、なんでも出来るわけじゃないんだって感じました。大人だから出来ないことがあるんです。でも相手と向き合う力をくれたのが保くんの一途な思いでした。苦くて甘い、素敵なラブストーリー。

4

“ときどき”カッコいい憎い攻めと、超絶可愛いミルクティーな受け♡

子育てBLじゃなかった!がっつり恋愛モノでした。

表紙と口絵だけ見て、勝手に子持ちの攻めとの子育てBL?と思って今回なんとなくスルーしてたんですが、思い直して読んでみたら、めちゃくちゃ好きなヤツだった…。
家族をテーマにした作品だと、読む前にググーッと力が入るというか、身構えちゃうんですよね。
あらすじにはありますが、完全恋愛モードなお話です。

※ちなみに表紙の子供は、受けの従兄弟のヒロくん5歳。
結構絡みがありますが、ちょっぴりオマセな激カワ幼稚園児です♡

大学生になった保(まもる)は、叔父家族の家にお世話になることに。
そこには叔父叔母の友人、成幸もよく出入りしています。
憎まれ口を叩き合う仲の2人ですが、まもるは成幸を密かに「カッコいい大人」と憧れてもいるのです。
そんなある日、成幸の家に泊まることになったまもるは、成幸から下半身にちょっかいを出されてしまって…。


攻めの成幸が、好みのタイプの、“ときどき”カッコいい大人でした。
普段意地悪でちょっとヤな奴で、でも“ときどき”カッコよくて、受けをクラっとさせちゃうような、何ともニクい大人なんです。

ずっと親友であるまもるの叔父に想いを寄せていた成幸。
長い間その叶わない想いに蓋をして、募らせてきた拗らせた感情を、とうとう親友に似た甥のまもるにちょっかいをかけることで消化してしまう…!?

成幸そりゃダメだよ!ぅお〜〜い!!!ってなったけど、最後まで読んでホッと胸をなでおろしました。
年齢差もあることから、必然的に心の中に留めて置かざるを得なかった想いを、やっとやっとぶつけることが出来たのだと知って、超絶安堵。
途中イラついてもぜひ最後までお読みください♪

しっかしエロかったなー♡
可愛い表紙に『MILK TEA』なんて甘いタイトル。
この作品がこんなにエロいとは想像してなかったから、ちょっとびっくりしちゃった。
これは嬉しい誤算♪
成幸の迫り方のエロさったら!
それに可愛く反応する保のうぶなエロさもたまらーん!
保って可愛い顔して、天然に煽るんだよね。
既刊の『愛は金なり』でも若くてウブな子を染めていく…みたいなシチュエーションがあったのですが、私めちゃくちゃそういうのに弱いので(ちょっとオヤジの気があるのだな)、今作品も萌えが止まりませんでした!

シーモアにて購入。修正、細い白線で甘いです。最高。

熊猫先生は、基本、構図とかアングルとかうまくてオシャレで「魅せる」画面を作られる作家様ですが、それがエロ面でも発揮されているので、毎度感動モンです。
回数が多いとか、エロメインとかではまったくないのに、きちんとエロい。

描き下ろしはその後の2人。
成幸の叔父に対する過去の想いがつい気になってしまうまもるくん。
叔父と比べられたくない…と悩むまもるに、キスと好きの言葉を降らせる成幸の、あま〜い後日談でした♡

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う