ターンアップザワールド

turn up the world

ターンアップザワールド
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×259
  • 萌18
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
452
評価数
112
平均
4.1 / 5
神率
28.6%
著者
熊猫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
電子発売日
ISBN
9784866533841

あらすじ

ある日バンドマンの遊は、ライブ帰りに川端慶太という怪しい男に出会う。バンドマンなのに、女が苦手で童貞な遊を気に入った川端は、克服方法として「1回セックスしてみれば??」と提案してきた!
しかも、なぜか遊が押し倒されちゃって――!?
熊猫が贈るエロエロハッピーラブストーリー♥

表題作ターンアップザワールド

川端慶太・ホストスカウトマン
山岡 遊・バンドマン

その他の収録作品

  • 1,2,3(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:キャラ設コーナー

レビュー投稿数16

久々に壁ドンでときめいた

キャラクターもストーリーも絵柄も絶妙でグイグイ引き込まれました。
遊のギャップと慶太の飄々とした余裕、コミカルなのにセクシー、甘い雰囲気が流れたかと思ったら性急で恍惚とするようなセックス…テンポとバランスがすごくてページめくるたびドキドキキュンキュンしました(,,> <,,)
特に慶太のあの壁ドン、遊と一緒になってドキッとしたというか…破壊力ありすぎました///
いやー読み応えありました。しばらく何周かしますw

4

Hで可愛い✨

エロ可愛すぎるだろっ!ってツッコミいれた(笑)

熊猫先生の作品は今まで全部読んでます。
とってもエロい作品もあり
エロが少ない作品もあり…
いつもバラエティに富んでいますが
今回はエロ可愛が過ぎます…素晴らしい✨

とりあえず攻のヒゲがエロい
くせっ毛・吊り眉・垂れ目・スーツ…私的萌えポイント刺激されまくり
そして、受がピュアすぎて可愛い
童貞・ピュア・素直・流され系で騙されちゃうけどバ可愛い…

攻がグイグイいくので(笑)Hは多いですが
段々とほだされていく受の可愛さは見どころですよお♥

3

攻めのギャップに堕ちた♡(私が!)

インディーズのスリーピースバンドでGt&Voの游は金髪のオラオラ系に見えて実は童貞♪
父子家庭&男子校と言う女に無縁の生活をしてきたせいで女性に触れられただけで赤面してしまう程に初心なのがたまらなく可愛い!!!
そんな游が街でゲロ吐いてぶっ倒れたところをホテルに連れて入って世話してくれた初対面の川端。
ホストのスカウトマンで黙っていればイケてる大人♡
でも、お調子者風で童貞の游を揶揄いつついつかのセックスの為にと練習を提案し「前立腺マッサージ」に興味深々だったのでチャンスとばかりに游のケツをいじりだす!!

川端の飄々とした態度に振り回される游は可愛かったし、たまに見せる真面目な川端のギャップにドキドキキュンキュン♡
なにより、「恋」がスタートする前段階での”一緒に飲んだり喋ったりするのは楽しいから会いたい”というのが・・・超好き♡
歳の差はあっても一緒にいるとなんか楽しい相手ってのが素敵でした♡

3

ギャップ萌え

熊猫先生お得意のピュアな受け&ちょっと意地悪な攻めのお話です。
バンドマンの遊は見た目はクールなイケメンだけど実は恋愛経験ゼロの童貞くんでホストのスカウトマンの攻めにあっという間にコローンと転がされてしまいます。
ウブな反応がめちゃくちゃ可愛いです。
攻めの慶太も普段はニコニコしていてチャラい感じだけど、ガチで口説きモードに入った時のシリアスな表情や壁ドンからの強引なセリフなんかのギャップが素晴らしいです。
ちょいヒゲで細身でスーツの似合ういかにも夜の街のお兄さんっぽいんだけど、ギラギラしてなくて、ちょっとだけおじさん入ってる感じが絶妙にカッコいいんですよね。
熊猫先生の絵はオシャレで可愛くて、個人的に大好きなので、登場人物達に愛着が湧いちゃいます。
慶太が遊をどんな風にエッチに育てていくのか気になりますね。

3

そりゃ、好きになっちゃうよ!

いーですね…
バンドマンの実は純情パターン。

熊猫先生の描くバンドマンの可愛いことよ!
緊張の余り、バンギャにツン対応しちゃったり。
だって、童貞だもん!ついでに処女だもん!
仕方ない!

ところで、今回の攻めと、受けちゃんの名前の感じがめちゃくちゃ好みのお名前でした。
川端慶太と山田遊って名は体を表すと云うか、キャラクターとぴったり合っていて、そこにも萌えを感じてしまいました。

身体から落とされちゃった始まりだけど、遊の純なトロ具合は、あれこれ経験豊富な慶太が執着しちゃう素晴らしさなんですね!
掴みどころない感じの慶太が、色々試しながらも、遊にはまる感じがいいんですよ…

バンドのボーカル担当の遊の、歌声と喘ぎ声って一緒らしいです。慶太が、事後に話すんですが色々考えると応用力有りますね(ちょっとアレですが…)
とにかく、遊の初めてキスからドライまでを身体に教えて、恋心まで貰っちゃう慶太。
時には、ガツンと雄っぽさをみせていますし、そりゃ遊が落ちないわけないです。

ほんわかした場面も、熱量を感じるセックス場面も良かった!
熊猫先生の良さを楽しめる作品です❤️

5

バンドもの好き!

表紙も素敵、バンドものも好きなので早速電子版を購入しました。

キレイな作画で読みやすくてあっという間に読み終えちゃいました。ストーリー的には、恋愛の起点がよく分からなくて…遊の気持ちは丁寧に描かれているんですが、慶太は謎めいたイケおじ?設定のせいか、わたしにはその真意が最後までよく分からず…経験値の高いカッコいい男性!というのは思いました。
遊の中2のとき作った歌は、一緒にいた友達は音楽をやめてしまったから、思い出したくなくて歌ってなかったってこと…なんですよね。自分の理解力ではそうですが、もうちょいエピソードあっても良かったかな、と。
とはいえ、エロさはすごく良かったです。慶太の攻めっぷりも自然だし、遊はかわいい。

もう一回読み込んでみます。

4

この作品なぜか攻めをフルネームで覚えます。

こなれたホストのスカウトマンに童貞バンドマンが振り回されながらも愛されていくお話。

タイトルはどうでも良い私のつぶやき。

熊猫先生の絵は本当にオシャレですね(〃ω〃)
今作表紙、なんと描き込みの細かいこと!

川端(攻め)の余裕ある態度がいちいち格好イイ!目線や指の動き一つにまで色気が…!!
遊(受け)も格好イイはずなんだけど、川端と一緒にいると可愛いでしかない〜(*´◒`*)♡

ちょっとしたトラブルから遊が川端にホテルに連れて行かれた事から関係が始まるのですが、川端も男相手は初めてだって事でやり方をスマホで調べながら……。(゚ω゚)嬉々として調べる川端にこちらまでつられて笑顔に…笑

余裕綽綽とした川端に遊はさんざん振り回されるんですが、その川端が、お話の後半で致してる時に見せた余裕のないさま!
遊と一緒に私まで、ざまぁみろ♡ってテンション上がった(^-^)

最初に読んだ時はさらっと読み終えたのですが、2回3回と読むうちに、どんどん可愛さが増していく作品だと思います。


それにしても、余裕のある歳上攻めは良いですねー♪

4

ツンデレさん好きにオススメする本

Vivaツンデレ‼︎
ポップでビビットな表紙も抜群に目を引きます!

S系スカウトマン×ツンデレバンドマン

バンドマンの遊は、ひょんなことからホストのスカウトマン・慶太と出会います。
遊に興味を持った慶太に前立腺をいじり倒され、
ドライでイかされまくっちゃってーー…⁉︎


遊がとてもかわいい子です。
一見オラオラ系なのですが、実は女慣れしていない初心なDT!
ツンがデフォなのですが、
時々見せる慶太へのデレにキュンキュンです♡

対する慶太は、遊を気に入ってからかう無自覚なSです。
ですが、時々見せる優しさとオスらしい表情にはドキドキさせられました(〃ω〃)

半ば無理やり始まった関係ですが、慶太といるのが楽しくて、
振り回されながらも惹かれてしまう遊。
だけど遊は、酸いも甘いも知り尽くしたような慶太が、
どこまで本気なのか測りかねてるんですよね。
本気にするわけないと自分に言い聞かせながらも、
こない連絡を待ち続けてしまう……
ここも切ないだけじゃなく、
ちょっとコミカルにみせるところが熊猫先生らしいのです!

そして、突然ライブハウスに現れた慶太の壁ドンからの
〝…オレにしろよ〟はカッコ良かったな〜
結局、世界がひっくり返ったのはどっちだったんでしょうね^^
どっちもなのかなーー…
ちょっと強引な慶太との動物園デートも可愛くて、
〝ちゃんと責任とれよな〟という告白の返事も、
遊らしくていいと思いました。

一方的にイカされるだけだった遊が、
初めて慶太とHした時のグズグズトロトロな感じにも最高に萌えた♡
慶太のちょっと乱暴な抱き方がやっぱりSだなと思ったけど、
余裕のない表情にはキュンとしました。
その中でも、一番良かったのは描き下ろしHです。
遊の〝ほし… けーたさんの いれてぇ…〟には、
ニヤニヤが止まりませんでした( ̄∀ ̄)

デフォルメされた絵もとてもかわいくて楽しかったし、
ペディキュアまでしてた遊はお洒落でしたね。
ストーリー展開はちょっと急なのに、
引っかかることなく最後まで夢中で読んでしまいました^^


紙本 修正は白い短冊

3

バンドマン最高ー!

バンドマンの遊とホストクラブオーナー慶太のお話。

ファンの女の子に優しくない遊は
本当は女の子の扱いがわからないだけの童貞くん。
街でその場面に偶然居合わせた慶太とひょんなことから関係がはじまっていく…

はじまりは大分無理矢理な感じではありますが
ふたりともが憎めないキャラだし
バンドマン最高だしスーツカッコいいし
ツボ要素ありすぎて萌えました。

なによりライブハウスの場面には
臨場感すら感じたし
楽器の細かな部分を描く熊猫先生のこだわりもすごくよかったです。

何気なく弾き語りした遊の曲を
慶太が「これ知ってる」だなんて、
まーた適当なこと言って~!
と、思っていたんですが最後にその伏線もみごと回収されていてスッキリしました。

2

ドーテーであることすらエモ可愛い

純粋で可愛い男の子たちを描く天才!
他作品もいろいろ読んでますが、この本の主人公、遊くんも例外なくエモ可愛い…そしてキャラクターと名前がぴったり(ケータさんも!

至極マジメに音楽を愛してきて、でもその見た目から勘違いされて、だけどそれを逆手にとって楽しめるほどの器用さはなくて、、そんな遊くんがケータさんの包容力にほだされていくかんじ、たまらないなあ…遊くんのバックグラウンドがチョロさに説得力を与えているし、、チャラそうでチャラくない、ウブなバンドマンってめちゃくちゃイイ!

作者さま、バンド好きとのことなので、またこんな本を期待します

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う