アサリと俺 splash!!!

asari to ore splash

アサリと俺 splash!!!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×210
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
89
評価数
22
平均
4.1 / 5
神率
36.4%
著者
藤咲もえ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
マージナルコミックス
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784575380514

あらすじ

アサリ(貝類)×大学生(人類)の汁系アホエロ!!!【ちるちるBLアワード2019 エロ部門ノミネート作続編】 アサリと身も心も結ばれた大学生の葵。ラブラブの夏休みのはずが、ヘンタイ生物学者の五十嵐×感じやすいミル貝に加え、最強の貝類・牡蠣(広島弁)まで現れ、貞操の危機に!? 媚薬プレイにマジッ●ミラー号風の羞恥プレイなどお楽しみも盛りだくさん♪ 美形の健気アサリ×不憫系クール大学生の「もう出るムリいいいッ」な触手&汁だくエロコメディ!!

コミックス描き下ろしもアリ!!

表題作アサリと俺 splash!!!

アサリ、付喪神のようなもの
葵、大学生、アサリの恋人

同時収録作品アサリと俺 splash!!!

五十嵐京介、生物学研究者
ミル貝、付喪神のようなもの

同時収録作品アサリと俺 splash!!!

牡蠣、アサリたちの祖先(※挿入まではなし)
葵、大学生、アサリの恋人(※挿入まではなし)

同時収録作品アサリと俺 splash!!!

牡蠣、アサリたちの先祖(※詳細な描写なし)
ムール貝、付喪神のようなもの(※詳細な描写なし)

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下:あとがき漫画

レビュー投稿数9

エロと爆笑と。

「貝」が主人公のBL作品で、世の腐女子の皆さんの度肝の抜いた『アサリと俺』が帰ってきました。タイトルも『アサリと俺 splash!!!』。

splash!!!

ですのよ、皆さん。いろいろなものがスプラッシュしてます。

前作で無事恋人同士になったアサリと葵。
本体が「貝」のために二人で外出する機会がなかなかないアサリと葵だが、今日も今日とてラブラブなセックスにいそしむ毎日。

けれど、そんな蜜月を送っているのにもかかわらずアサリは何か不安そうで…?

というお話。

アサリは葵と恋人同士にはなったけれど、二人でデートすることもなく孤独と不安を感じてた。そのことに気づかせてくれたのは、前作でもいい味出してた(変態)生物学者の五十嵐さんでー。

貝だから出かけることができないと思い込んでいた葵と、不安だからこそセックスばかりしてしまうアサリ。

と、ちょっとシリアスな雰囲気…、になるはずもなく、今作品もエロと笑いに満ちた作品でした。

五十嵐さん×ミル貝の2人も相変わらずバカップル。
変態さを隠すことなくさらけ出し、そしてミルくんに執着しまくりの五十嵐さんと、そんな五十嵐さんの愛情に包まれツンデレ・ミルくんは幸せそうです。

が、今作は当て馬さん登場です。

その名も「牡蠣」。
アサリやミルくんたちのご先祖にあたるらしい偉い人…、もとい貝さんらしいのですが、すでに化石化していた牡蠣。
彼が復活した「理由」は爆笑ものですが、それはさておき、彼が化石になったのは、彼がDTだったから。なんだそう。

チェリーくん脱却を目指し、牡蠣さんが望んだもの、それはセックスしてくれる受けさんをゲットすることでー?

そこで狙われたのが葵くん。
自分にはアサリがいるから、と断った葵くんに対して牡蠣さんがしたことは、アサリとミルくんの記憶をなくし、恋人だった記憶を消すことだった。

バリタチの五十嵐さんは早々に候補から外され、牡蠣さんが狙うのは葵くんただ一人。

毎日優しく、甘い言葉をささやいてくれたアサリは、記憶をなくしたせいで葵を他人を見るような目で見るようになり―。

アサリの記憶は戻るのか、アサリと葵は再び恋人に戻るのか、葵の貞操は守られるのか。

そこを軸にストーリーは展開していきます。

基本的にコメディ要素の強い作品で、シリアスさとかはほぼなし。
なしですが、牡蠣の存在を得て、葵がアサリへの想いをきちんと自覚する展開になっていました。

葵くんに振られてしまった牡蠣さんではありますが、彼にも恋人(ムール貝)ができます。できますが、これがまた笑える…!

ムールさんと牡蠣さんの濡れ場が見たい…!
どうやらリバのようですが、あれだけ「俺様」だった牡蠣さんがムールさんにけちょんけちょんにされているさまが見たかったなー。

「アサリと俺」は一貫してエロ&爆笑に満ちあふれた作品で、かつ途中五十嵐さんのお下品なおやじギャグもあったりすることもあって好みが分かれそうな作品です。

貝BLという奇想天外な設定も、2巻ともなると飽食気味になるかな、と思いつつ手に取りましたが、それでもアサリ×葵、そして五十嵐さん×ミルくんの、彼らの間に漂う愛情もきちんと描かれていてめっちゃ萌えました。

終盤を読むと、この巻で完結っぽいですが、またどこかで彼らに会えるといいな。その際は牡蠣さんが受けさんになっているところも。

藤咲先生、続編を正座していつまでもお待ちしております。

4

1巻ほどの笑いはありませんが。

寧ろ1巻が面白すぎたのではないかと。
1巻の様に毎回見開きでギャグページをぶっこむという作風を継続して欲しかった。
2巻でも少ないですが1巻のような見開きギャグや小ネタは健在で、所々笑わせて頂きました。

この作品の続編を出して頂けただけで嬉しいです。
ミル貝可愛い。先生の描かれるショタは可愛すぎじゃないですか。
五十嵐さんもお巡りさんこちらですと言われるはずですよ。
惜しむべくは、新しいキャラが出てきたのにここで完結してしまう所です。
出来ればまたどこかで今作の続きを読めれば良いなと思います。

2

もっと続いて欲しいなあ。

前作を読んでインパクトが凄かったので、続編となると…やはり購入してしまいました。

まず、葵もかなりアサリのこと好きなんだなあ、と。ギャグ色の中に、葵が真面目にアサリのことを考えていて…ちゃんとカップルしてるな、と思いました。五十嵐さん・ミル貝くんのところと水族館ダブルデートのあとは、カキ登場!でこれまたいいキャラでした。最後の方に出てきたムール貝、もっとどんな貝なのか知りたかったのに…今作で終わりというのは寂しいです(涙)

2

貝感アップの第2巻

アサリ、ミル貝、牡蠣、ムール貝…。

これだけ見たらどこぞのお店のメニューのようですが、
…ら辺…の彼ら貝は貝でありながらもBLをしたいんですね。

1巻の勢いよりはややスローペースに、アサリと葵の
『お互いの気持ち』に焦点を置いて展開していくので
ただのエロだけじゃなく…なんて思ってたら五十嵐×ミル貝が
絡んだ凄い絵面の盛大な汁気たっぷりのエッチシーンが…!

さすがsplash!!!(笑)

自分の欲情に正直でブレない五十嵐は相変わらずで、
ミル貝も安定のチョロさ。
ショタミルかわいい〜♡

童貞歴が超桁外れな当て貝・牡蠣が登場して、
ふざけ気味の一悶着もあり、ムール貝まで出てきてこれから…、
というところでちょっと駆け足にまとめにはいり、
愛すべきバカ貝たちのわちゃわちゃがもう見られないのかな
と思うとちょっと残念です。

苦手だった貝。アサリ、ミル貝に続き、牡蠣とムール貝の見方も
変わってしまうお話でした。

2

2巻一気読みでした。

アサリと俺、まさかの続巻…とうとう読んでしまいました。
前巻が話題沸騰で気にはなっていたんですが、人外ものに触手が苦手だったのでスルー。
人外ものに抵抗がなくなった今続巻が発売され、前巻と共に一気読み…面白かった。

アサリで萌えるのか?…萌えた。

未だに触手は好みではないですが、全然大丈夫でした。
しかも、エロいし、笑えるし、じんわりさせてくれるし、画がキレイで見応えありでした。

個人的には変態生物学者の五十嵐が大好物。
媚薬入りの涎で人間になった、アサリとミル貝を連れて水族館でのダブルデート。
貝に戻ったアサリが媚薬効果で発情して、貝の身と水管がプリプリしているのが…エロい。
2巻目ともなると、水管がtnkに感じられるという、刷り込みの恐ろしさです。

アサリとミル貝のsplash!!!を浴びて復活した、俺様童貞の牡蠣も濃いですが、
ちょっとしか登場しなかったムール貝の方が、インパクトをさらって牡蠣と数年部屋籠りとは。
もっと見たかった…牡蠣とのリバも見たかったです。

このシリーズは貝の知識量が格段にアップします。
貝ってこんなに興味深い生き物だったんですね…
食べる以外に一切興味がなかった貝に、こんなに愛着が湧くとは思わなかった。

1巻よりもパワーダウンしたという方が多いですが、一気読みのせいか2巻とも同じ面白さでした。
エロがパワーアップしてsplash!!!しまくっていた感はありますが、
テンポの良さはもちろん、間の取り方が上手いところは変わらず。

このタイプの作品を出しても二番煎じと言われそうですが、
本当に斬新な作品なので、もっと読ませて貰いたい、今作品で終わるのは本当に残念です。

モノローグ使いがお上手なので、今後の作品もとても楽しみにしています。

※シーモア:修正は白抜きです。

0

相変わらずの爆笑ぶっ飛びストーリー

【アサリと俺】続編。

まぁ~た続編も終始大爆笑でした。
絵画パロが今回も見れてまずは満足♪
そしてなにより、私の大好きな五十嵐さんもメインでガッツリ参加でこれまた大満足♪

アサリ×大学生・生物学者×ミル貝
もぉらっぶらぶでエッロエロな可愛い展開でした。
相変わらず爆笑必至のぶっ飛び設定もあってアホ可愛さMAX♡

そして今回は牡蠣登場!
牡蠣によって4人(2人と2体?)がかき回されちゃうけど
私の愛する五十嵐さんには屁でもなかったご様子♡

たっぷり笑える一冊でした♪

0

個人的には前作超え!

前作を読んであまりの衝撃(笑撃)に後回しにしていた本作、
ようやく読み終えましたがとても面白かったです。

新たな貝(笑)として牡蠣とムール貝が出てきましたが、
牡蠣がとんでもなくかき回してくれました^^;
アサリとミル貝の記憶を奪う……という荒技!

まさかこの設定にちょっとした切なさをプラスしてくるとは!
それなりにヤキモキしながら読みました。
もちろんハッピーエンドなのですが、
葵のアサリへの愛情表現が素直になったのが良かったですね^^

個人的には、五十嵐とミル貝カップルが好きです。
五十嵐は相変わらず鬼畜ですが、
ミル貝に下の名前で呼ばれただけて出ちゃうとか……
ちょっと可愛いと思っちゃった(笑)
何気に大活躍だったしね!

牡蠣とムール貝のHは詳しく描かれていなかったけど、
とても気になりました!
いつか見てみたいです(笑)

何気に貝にも詳しくなれて、
シュールさと笑いのバランスがとてもよかったです!
続巻の方が好きな作品は珍しいのですが、
こちらはとても面白くて前作よりも好きになりました‼︎



0

期待し過ぎた

前作がめちゃくちゃ面白かったのですが、今回は慣れちゃったのか期待しすぎたみたいです。

葵のクールさとツッコミは面白かったです。
見慣れたせいなのか、ミル貝君の水管のインパクトが半減してました。笑笑。

牡蠣が登場しましたが、あんまり笑えなかったです。別にBLに笑いを求めてるわけではないのですが、この作品にエロは期待していないので、そこは大事なんだろうと思います。

ムール貝が唐突に登場してましたが、牡蠣の相手が人間じゃなかったのはどうしてなんでしょう。

今まで沢山読んで来ましたが、とんでも人外BLのNO1であることは間違いないと思います。


1

相変わらずのアホギャグ

前作は、この設定なので色々振り切れすぎてたところがありますが、今作はいい感じでギャグ進行で落ち着いて読めました。

今回は、邪魔者として新に牡蠣が登場!この牡蠣、広島弁を操り、どうやら老齢DTのようです。ことあるごとに邪魔をし、なんと貝たちの記憶を飛ばしてカップルリセットしてきます。

しかし、アサリ×葵、変態(五十嵐)×ミル貝のカップルの絆は強く、あっさりと跳ね返す。。
っていう感じで、ストーリーというより貝たちのいろんな器官とアホッぷりを楽しむ作品です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う